ミナミヌマエビは水草を食べる?水草の食害とミナミヌマエビにおすすめの水草

ミナミヌマエビは水草を食べる?水草の食害とミナミヌマエビにおすすめの水草

ミナミヌマエビは水草を食べる?水草の食害とミナミヌマエビにおすすめの水草

ミナミヌマエビ
ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビは水草を食べる(食害する)のか?水草水槽などでコケ取り生体として用いられるミナミヌマエビですが、稀に水草が食べられてしまったなどの事例を目にすることがあります。

実際、ミナミヌマエビは水草を食べるのでしょうか?また、食べるとしたら食べられないようにする方法などもあるのでしようか?ミナミヌマエビと水草の関係についてご紹介いたします。

ミナミヌマエビは水草を食べる?水草の食害

ミナミヌマエビはコケ取り生体として紹介されることが多いため、主食は「コケ」と思われている方もいるかもしれません。

しかし、ミナミヌマエビはコケ以外にも赤虫やプランクトンなどの動物質のエサも好んで食べますし、もちろん植物質のエサも食べます。

要するになんでも食べる雑食性の強いエビと言えるでしょう。

よって水草を食べる可能性もゼロではなく、環境によっては水草が食害にあうこともあります。

なのでミナミヌマエビの飼育において水草を入れておけば、エサ不足でミナミヌマエビが死んでしまうようなことは減りますが、逆にエサが不足すると水草が食害にあうこともあるのです。

「エサが不足すると水草が食害にあう」ここに水草が食べられてしまうことを防ぐヒントが隠されています。

ミナミヌマエビは確かに水草を食べることもありますが、そのような時の多くは好んで食べている訳ではなく、生きるために食べているのです。

個体差もあるでしょうが、基本的には赤虫や熱帯魚の死骸などの動物質のエサを好み、次に柔らかいコケや植物性プランクトン、そして最後にコケよりも固めな水草に手を出すようになります。

よって水草が食害される事例の多くは柔らかい新芽や細かい葉を持つ、ウィローモスやリシアなどです。

水草が食べられないようにするには、ミナミヌマエビの数や大きさに合わせてお腹を満たすようなエサを与えてあげることなのです。

山の動物たちが里に降りてきて、畑を荒らすことが多くなるのは山に食べ物が少ない年であるように、水草を荒らされたくなければしっかりエサを確保してあげることです。

ミナミヌマエビにはエビ用のエサやオトシンクルスやプレコが好んで食べるような植物性のタブレットなどもおすすめです。

ミナミヌマエビと水草の残留農薬の関係

水草が食害にあわない(食べられない)方法がわかったところでミナミヌマエビにおすすめの水草をご紹介したいところですが、先に水草の残留農薬の話もしておきましょう。

水草の残留農薬とはその名の通り水草に残された農薬のことです。

ショップで売られている水草の多くはファームで育てられたものが多く、国内ファームや海外ファームなど様々な場所から仕入れられています。

ファームでは商品である水草が他の生物に食べられてしまわないように農薬を使用しているところが多数あります。

出荷前に水洗いなどで農薬はかなり薄められてはいますが、それでもそのまま水槽に入れてしまうと水槽内に農薬を持ち込んでしまうことになります。

ミナミヌマエビなどのエビ類はこの残留農薬に非常に敏感で熱帯魚などが普通にしていられるような濃度の農薬ですら、死んでしまうこともあるほどです。

よってミナミヌマエビのいる水槽に水草を入れる場合には、購入先で残留農薬の管理をどのように行なっているか必ず確認しておきましょう。

近年の水草水槽ブームやエビブームにより水草の残留農薬を気にするユーザーが増えたため、ショップでも残留農薬の処理について表記するところも増えてきました。

ミナミヌマエビ飼育でおすすめの水草

ミナミヌマエビ飼育でおすすめの水草とはどのような水草なのか?

その答えを一言で述べるのは非常に難しいものです。育てやすさから見るのか?水質浄化能力の高さから見るのか?ミナミヌマエビのエサにもなりやすい水草とするのか?逆に食べられにくい水草とするのか?

様々な着眼点からおすすめの水草をご紹介いたします。その中でご自身のスタイルにあった水草をチョイスしてみてください。

まずは育てやすさから見れば南米の水草などよりは金魚藻と呼ばれるような日本の環境にも順応している水草を選ぶべきです。

カボンバ、アナカリス、マツモなどの金魚藻は屋外飼育などでも育成が容易でミナミヌマエビとも相性の良い水草とされています。

次に水質浄化能力の高い水草とは成長が早く、その結果水槽内の水質をきれいに保つ力が強い水草です。

そのような水草を多めに入れておくことで水質が安定しやすくなり、ミナミヌマエビも住みやすい環境となるのです。

水質浄化能力の高い水草にはマツモやパールグラス、リシアやマヤカなどのように明るく気泡をつけやすい水草が多いのが特徴です。

ミナミヌマエビのエサとなりやすい水草はウィローモス やリシアなどの細かい葉を持つ水草です。

細かい葉を持つ水草はその性質から稚エビや稚魚の隠れ家になったり、たまにはエサにもなり得る優れものの水草と言えます。

食べられにくい水草とは葉が硬くミナミヌマエビなどが手が出しにくい水草です。

その代表がアヌビアスなどの仲間で成長が遅く、環境の変化にも幅広く適応できるのでレイアウトとして入れておくには最適な水草と言えます。

ミナミヌマエビ・ヤマトヌマエビカテゴリの最新記事