タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

タニシ
タニシ

ネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけますが、あれは正確にはタニシの卵ではありません。また、それら卵とメダカの卵との違いについても触れておきましょう。

タニシは淡水性の巻き貝ですが、淡水性の巻貝=タニシではありません。よって水槽内やビオトープで見かける巻貝にも様々な種類がおり、ある程度の種類の判別を行うことが飼育するにしても駆除するにしても大切なことなのです。

ピンク色の卵はジャンボタニシ

ジャンボタニシの卵
ジャンボタニシの卵

ピンク色の卵は通称ジャンボタニシと呼ばれるリンゴガイ科の仲間で、日本古来の在来種ではなく、食用として持ち込まれたものが投棄され増えてしまった外来種です。

見た目にも鮮やか(毒々しい)色合いの卵は、見た目からも想像できるように毒をもっており、ジャンボタニシの卵を食べる生物はほぼ皆無です。

よって駆除するには人為的に取り除くしかありません。

ちなみにジャンボタニシと言ってもリンゴガイ科はタニシ科には属さず、日本古来のタニシはマルタニシ、ナガタニシ、ヒメタニシ、オオタニシの4種のみとされています。

透明な卵は・・・

ガラス面に付着する透明な卵
ガラス面に付着する透明な卵

透明な卵は様々な生物の卵の可能性がありますが、水槽内などで見かけるものの多くは、ラムズホーンやサカマキガイやモノアライガイなどの卵であることが多いようです。

これらの卵には毒性はないのでプレコやオトシンクルスのように捕食する生物もいますが、貝の駆除だけのためにそれらの生物を飼育するのはあまり得策とはいえませんので、やはりこまめに取り除くようにしましょう。

水槽飼育でヒーターにより水温管理もしっかりされており、水草などを育成している水槽であれば、オトシンクルスにとっても住みやすい場所となるため飼育することはおすすめできます。

メダカの卵との違い

メダカの卵
メダカの卵

透明な卵なら、もしかしたらメダカの卵ではないのかと期待を寄せることもあるでしょう。貝類の卵とメダカの卵の違いについても触れておきましょう。

貝類の卵は一つ一つの核(稚貝となるもの)が纏まって透明なゼラチン質ものに包まれています。よって見た目には一つのゼラチンの中につぶつぶがあるように見えます。

逆にメダカの卵はそれぞれが独立し、一つの核を一つの球体が包み込んでいるためよく見ると透明なブドウのように見えるはずです。

さらにメダカの卵は数日もすれば中で稚魚が成長し、動く姿が確認できるようになるのでそうなれば簡単に判別はできるはずです。

少々話が逸れてしまいましたが、それでは本題のタニシの卵とはどのような卵なのでしょうか。

タニシの卵

タニシ科の仲間はメスの体内で卵が発生して稚貝まで育ち、親と同じような姿の子貝が生まれてくる卵胎生です。

よってタニシの卵は産み付けられることが無いため、私たち飼育者が目にすることはありません。

タニシの繁殖時期と繁殖方法・繁殖力

自然界のタニシは冬眠から覚め、田んぼが田植え後の安定した水量になると活発にエサを漁り繁殖に備えます。

やがて交尾をし、メスは夏の間に体内で子供を育て、ある程度の大きさになった稚貝から順に生み出していきます。

よって夏の田んぼでは大小様々な大きさのタニシを見ることができます。タニシの繁殖力はさほど強くなく、一度に産む数は30〜60個くらいです。

貝類の中には1匹で卵を産むことが出来る雌雄同体と呼ばれる種もいますが、タニシにはそのような性質は無く、単独で繁殖することはありません。

よってタニシの繁殖を試みるのであれば最低でも雄と雌の2匹が必要となってきます。

透明な卵を産むサカマキガイは雌雄同体ですので1匹でも水槽内に侵入すると繁殖してしまうこともあります。

どこからともなく水槽内に貝が発生し、増えてしまったなどの事例の多くはこのサカマキガイやモノアライガイなどが多いようです。

水槽の貝カテゴリの最新記事