タニシの卵!? ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

2019年11月19日

タニシの卵!? ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

タニシ

メダカの卵とタニシの卵の違いや見分け方を知りたい。

田んぼで見かけるピンク色の卵はタニシの卵?

ジャンボタニシの卵には毒があるってホント?

ジャンボタニシの卵を駆除する方法はある?

水槽で見かける透明な卵はなんの卵?

こんなタニシの卵やメダカの卵などについてご紹介いたします。

 

タニシに対する間違った認識

ネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけますが、あれは正確にはタニシの卵ではありません。

それら卵とメダカの卵との違いについてご紹介いたします。

また、タニシは淡水性の巻き貝ですが、淡水性の巻貝=タニシではありません。

その点も踏まえて順番に卵の特徴を見ていきましょう。

ピンク色の卵はジャンボタニシの卵

ジャンボタニシの卵

ピンク色の卵は通称ジャンボタニシと呼ばれるリンゴガイ科の仲間で、日本古来の在来種ではなく、食用として持ち込まれたものが投棄され増えてしまった外来種です。

見た目にも鮮やか(毒々しい)色合いの卵は、見た目からも想像できるように毒をもっており、ジャンボタニシの卵を食べる生物はほぼ皆無です。

よって駆除するには人為的に取り除くしかありません。

ちなみにジャンボタニシと言ってもリンゴガイ科はタニシ科には属さず、日本古来のタニシはマルタニシ、ナガタニシ、ヒメタニシ、オオタニシの4種のみとされています。

 

タニシ?
タニシの種類と見分け方 スネールやジャンボタニシとの違い

タニシの種類と見分け方 スネールやジャンボタニシとの違い タニシの種類を知りたい。 タニシとスネールの違いを知りたい。 タニシに似たジャンボタニシとは? ジャンボタニシとタニシの見分け方を知りたい。 ...

続きを見る

 

透明な卵は・・・

ガラス面に付着する透明な卵

透明な卵は様々な生物の卵の可能性がありますが、水槽内などで見かけるものの多くは、ラムズホーンやサカマキガイやモノアライガイなどスネールの卵であることが多いようです。

これらの卵には毒性はないのでプレコやオトシンクルスのように捕食する生物もいますが、貝の駆除だけのためにそれらの生物を飼育するのはあまり得策とはいえませんので、やはりこまめに取り除くようにしましょう。

水槽飼育でヒーターにより水温管理もしっかりされており、水草などを育成している水槽であれば、オトシンクルスにとっても住みやすい場所となるため飼育することはおすすめできます。

 

スネールの卵駆除
スネールの卵は孵化前に駆除!卵の孵化日数と駆除方法

スネールの卵は孵化前に駆除!卵の孵化日数と駆除方法 水槽にスネールの卵!どうしたら良いのか? タニシのような貝の卵を駆除したい。 スネールの卵の孵化日数はどのくらい? スネールの卵を駆除する方法は? ...

続きを見る

 

メダカの卵との違い

メダカの卵

透明な卵なら、もしかしたらメダカの卵ではないのかと期待を寄せることもあるでしょう。

貝類の卵とメダカの卵の違いについても触れておきましょう。

貝類の卵は一つ一つの核(稚貝となるもの)が纏まって透明なゼラチン質ものに包まれています。

よって見た目には一つのゼラチンの中につぶつぶがあるように見えます。

逆にメダカの卵はそれぞれが独立し、一つの核を一つの球体が包み込んでいるためよく見ると透明なブドウのように見えるはずです。

さらにメダカの卵は数日もすれば中で稚魚が成長し、動く姿が確認できるようになるのでそうなれば簡単に判別はできるはずです。

少々話が逸れてしまいましたが、それでは本題のタニシの卵とはどのような卵なのでしょうか。

タニシの卵

タニシ科の仲間はメスの体内で卵が発生して稚貝まで育ち、親と同じような姿の子貝が生まれてくる卵胎生です。

よってタニシの卵は産み付けられることが無いため、私たち飼育者が目にすることはありません。

タニシの繁殖時期と繁殖方法・繁殖力

自然界のタニシは冬眠から覚め、田んぼが田植え後の安定した水量になると活発にエサを漁り繁殖に備えます。

やがて交尾をし、メスは夏の間に体内で子供を育て、ある程度の大きさになった稚貝から順に生み出していきます。

よって夏の田んぼでは大小様々な大きさのタニシを見ることができます。タニシの繁殖力はさほど強くなく、一度に産む数は30〜60個くらいです。

貝類の中には1匹で卵を産むことが出来る雌雄同体と呼ばれる種もいますが、タニシにはそのような性質は無く、単独で繁殖することはありません。

よってタニシの繁殖を試みるのであれば最低でも雄と雌の2匹が必要となってきます。

透明な卵を産むサカマキガイは雌雄同体ですので1匹でも水槽内に侵入すると繁殖してしまうこともあります。

どこからともなく水槽内に貝が発生し、増えてしまったなどの事例の多くはこのサカマキガイやモノアライガイなどが多いようです。

 

タニシ

Amazonで探す

楽天市場で探す

 

タニシの卵とメダカの卵まとめ

・田んぼで見かけるピンク色の卵はジャンボタニシの卵

・ジャンボタニシは正確にはタニシではなく、リンゴガイ科の外来種

・タニシは卵を産まないで稚貝が産まれてくる

・水槽内で見かけることの多い透明な卵はスネールの卵であることが多い

・メダカの卵は一つ一つの核を球体が包み込んでいるためブドウのように見える

 

今回はメダカの卵とタニシの繁殖・ピンク色の卵についてご紹介しました。皆様のアクアリウムライフの参考にしていただけると幸いです。

 

タニシやスネールについてまとめましたので合わせてご覧ください

水槽に発生する小さな貝
タニシ?水草水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除

タニシ?水草水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除 水草水槽にいつの間にか自然と現れる小さな貝(snail)。 スネールやスネイルなどと呼ばれ水草水槽などのアクアリウムでは駆除 ...

続きを見る

タニシ?
タニシの種類と見分け方 スネールやジャンボタニシとの違い

タニシの種類と見分け方 スネールやジャンボタニシとの違い タニシの種類を知りたい。 タニシとスネールの違いを知りたい。 タニシに似たジャンボタニシとは? ジャンボタニシとタニシの見分け方を知りたい。 ...

続きを見る

メダカとタニシ
メダカとタニシの混泳!タニシはメダカを食べる⁈メダカの卵の守り方

メダカとタニシの混泳!タニシはメダカを食べる⁈メダカの卵の守り方 タニシはメダカを食べるのか? メダカの卵をタニシは食べる? タニシの食べ物はなに? タニシとメダカは混泳できる?メリットとデメリットは ...

続きを見る

スネールの卵駆除
スネールの卵は孵化前に駆除!卵の孵化日数と駆除方法

スネールの卵は孵化前に駆除!卵の孵化日数と駆除方法 水槽にスネールの卵!どうしたら良いのか? タニシのような貝の卵を駆除したい。 スネールの卵の孵化日数はどのくらい? スネールの卵を駆除する方法は? ...

続きを見る

タニシの卵
タニシの卵とジャンボタニシの卵・メダカの卵それぞれの違いと特徴

タニシの卵とジャンボタニシの卵・メダカの卵それぞれの違いと特徴 タニシの卵とは?画像や写真で見てみたい。 ジャンボタニシの卵とは? タニシの卵には毒がある? 水槽で見かける透明な卵はタニシの卵? タニ ...

続きを見る

タニシは一匹でも繁殖する
タニシは一匹でも繁殖する?タニシの繁殖と水槽に現れるタニシに似た貝類との違い

タニシは一匹でも繁殖する?タニシの繁殖と水槽に現れるタニシに似た貝類との違い タニシは一匹でも繁殖するのか? 水槽に現れるタニシに似た貝類の繁殖は? 水槽のタニシもどき(スネール)の繁殖を防ぐ方法は? ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

  • この記事を書いた人
アバター

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。Twitterでも情報公開しておりますのでフォローお願い致します。@mizukusasuisou

-水槽の貝
-

© 2021 水草水槽.com