産卵だけじゃない!メダカ水槽にウィローモスを入れる8つのメリット

産卵だけじゃない!メダカ水槽にウィローモスを入れる8つのメリット

メダカとウィローモス

メダカにおすすめの水草ウィローモスとは?

メダカはウィローモスに産卵する?

メダカはウィローモスを食べる?

メダカ水槽にウィローモスを入れるメリットは?

こんなメダカとウィローモスの相性についてご紹介いたします。

 

メダカにおすすめの水草ウィローモスとは?

ウィローモスとはクロカワゴケ(Fontinalis antipyretica)やミズキャラハゴケ(Taxiphyllum barbieri)など数種の水生コケの総称でアクアリウムではこれらをまとめてウィローモスと呼んでいます。

ウィローモスは世界中の川や湖などに生息しており、日本でもみられる水草で水中葉は糸状の細長い葉を密集させ、繊細さと自然な雰囲気を水槽内に作り上げます。

そのためアクアリウムの世界では流木などに活着させて自然な水景を作るのに非常に重宝されています。

引用元:ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

流木にウィローモスを活着させるのはちょっとハードルが高いという人にはモスボールなどで販売されていて、そのまま沈めるだけでレイアウトできるものもあります。

専用のネットに入れられているものもあるので好きなタイプのものを選ぶと良いでしょう。

ウィローモスをレイアウトに使うメリットはコケ植物なので土に植える必要がないため非常に扱いやすいという点です。

そのような理由からウィローモスはメダカ水槽のレイアウトにも取り入れやすいものです。

ウィローモスは日本にも自生しているコケ植物ですので屋外ビオトープで用いることもできます。

さらに弱い光でも成長できるためホテイアオイなどと違い室内水槽でも育てやすい特徴があります。

 

ウィローモス

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

メダカはウィローモスに産卵する?

メダカの産卵といえば水面に浮いているホテイアオイの根や人工産卵床がよく知られています。

そのようなイメージからメダカは水面近くで産卵すると思われがちですが、卵を隠せるような場所があれば水槽の底の方でも産卵します。

ウィローモスは細かい葉をたくさんつけるためメダカにとっては卵を隠すのに最適な産卵床となります。

先にも記載しましたが、ウィローモスはコケ植物なので底床に根を張ることはありませんのでメダカの卵を見つけたらそのまま取り出すこともできます。

よってメダカの卵の隔離にも非常に都合がいい水草と言えます。

流木などに活着させてしまったウィローモスですとそのまま取り出すというのはちょっと難しいかもしれませんが。

メダカはウィローモスを食べる?

メダカはコケをついばむように食べることがあるのでウィローモスの新芽を食べる可能性は否定できません。

ただメダカがウィローモスを食べ尽くしてしまうようなことはありませんので安心して育てることができます。

メダカにしてみれば日頃から美味しい餌をもらえていればあえてウィローモスを食べる必要もないのでしょう。

そのような傾向はミナミヌマエビなどにもみられます。

自然の中で生き抜くにはなんでも食べなければ生きていけないという本能からくるものなのかもしれません。

メダカ水槽にウィローモスを入れるメリットは?

メダカ水槽にウィローモスを入れるメリットは「メダカの産卵」と「メダカの非常食」以外にもたくさんあります。

メダカ水槽にウィローモスを入れるメリットを挙げてみましょう。

・水槽の鑑賞効果を高める

・メダカの稚魚の隠れ家にもなる

・針子や稚魚の餌の確保にも繋がる

・水質の浄化をしてくれる

・水中に酸素を供給してくれる

・コケの発生を抑制してくれる

 

これらのメリットに加えて先程のメダカの産卵とメダカの非常食を足すと8つのメリットとなります。

水槽の鑑賞効果を高めるとは説明するまでもないと思いますが、ウィローモスをレイアウトすることにより水槽内を自然の雰囲気に近づけることができます。

ウィローモスの細かい葉は順調に成長することで何重にも重なり合い、小さな稚魚の隠れ家となります。

水槽やビオトープにおいて稚魚の隠れ家が豊富にあることは稚魚の生存率にも大きな影響を与えます。

ウィローモスの表面には目には見えないくらいの大きさの微生物や藻類が付着します。

それら微生物が生まれたばかりのメダカの針子や稚魚の餌となるのもありがたいことです。

ここまででもかなりメリットの大きいウィローモスですが、まだまだウィローモスにはメリットがあります。

それはウィローモスが植物であるという点です。

植物であるウィローモスは水中でも光合成を行いますので水中に豊富な酸素を供給してくれます。

そのときに水中の栄養分を吸収して光合成を行うため結果的に水質の浄化にも繋がります。

水中に浮遊する栄養分をウィローモスが吸収することで水中が富栄養化することを防ぐため厄介なコケの発生の抑止効果もあると言えるでしょう。

ウィローモスに限ったことではありませんが、水槽やビオトープにおいて植物の働きは大きな効果をもたらします。

自然の生態系をそのまま水槽内に作り上げることは難しいですが、それに近い環境を維持することでメダカにとってもウィローモスにとっても良好な環境を維持できるのです。

こんなにメリットの多いウィローモスですので利用しないのはもったいないですね。

メダカとウィローモスの相性まとめ

・ウィローモスは根を張らないため水槽内でもレイアウトしやすい。

・ウィローモスはホテイアオイと違い室内水槽でも育てやすい。

・メダカはウィローモスに卵を産卵する。

・ウィローモスの細かい葉は卵や稚魚の隠れ家となり生存率を高める。

・メダカはウィローモスを食べることもあるが食べ尽くすようなことはない。

・ウィローモスには産卵床意外にもメダカにとって多くのメリットがある。

 

今回はメダカとウィローモスの相性についてご紹介しました。皆様のメダカ飼育の参考にしていただけると幸いです。

 

ウィローモス

楽天市場で探す

Amazonで探す

 

ウィローモスの育成についてまとめましたので合わせてご覧ください

ウィローモスとエビ
ウィローモスとエビの相性 ウィローモスは食害されるか?

ウィローモスとエビの相性 ウィローモスは食害されるか? エビ水槽にウィローモスを入れるとどのようなメリットがあるのか? ウィローモスを使用したレイアウトにエビを入れるメリットは? ウィローモスはエビの ...

続きを見る

ウィローモス
ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの育て方・増やし方や活着方法をご紹介。ほかにもウ ...

続きを見る

ウィローモス
水草のウィローモスが茶色く枯れる原因 それは苔だから?!

水草のウィローモスが茶色く枯れる原因 それは苔だから?! 水草のウィローモスが枯れる原因はなに? ウィローモスが茶色くなっているのは枯れている? ウィローモスは水温が低いと枯れる? ウィローモスにコケ ...

続きを見る

ウィローモス
ペットボトルや密閉タッパーでウィローモスを増やす正しい増やし方

ペットボトルや密閉タッパーでウィローモスを増やす正しい増やし方 ペットボトルや密閉タッパーを使ってウィローモスを増やす方法が、裏ワザのようにインタネット上で公開されていますが、実際にその方法でウィロー ...

続きを見る

ウィローモス
必見!ウィローモスの簡単な活着方法と活着期間に影響を与える要因

必見!ウィローモスの簡単な活着方法と活着期間に影響を与える要因 園芸用語で言う活着とは、挿し木や移植した植物が根付いて生長することを指しますが、水草水槽ではウィローモスなどが、流木や石などに仮根を出し ...

続きを見る

ウィローモス
ウィローモスのトリミング 綺麗に維持するためのトリミング方法・時期・タイミング

ウィローモスのトリミング 綺麗に維持するためのトリミング方法・時期・タイミング 水草水槽やビオトープで人気の高いウィローモスの上手なトリミング方法や最適なトリミングのタイミング、時期などをご紹介いたし ...

続きを見る

ウィローモス
ウィローモスの成長スピードを高めるために大切な5つの要素

ウィローモスの成長スピードを高めるために大切な5つの要素 ウィローモスがなかなか成長しない。 成長はしているけれど成長スピードが遅い。 どうしたらウィローモスを元気に育てて綺麗なレイアウトを完成させる ...

続きを見る

ウィローモス
ウィローモスの絨毯で草原作り!自作or購入?作り方と管理方法

ウィローモスの絨毯で草原作り!自作or購入?作り方と管理方法 ウィローモスの絨毯を作りたい。 ウィローモスの草原はどのように作る? ウィローモスの絨毯は自作or購入? ウィローモス絨毯の管理方法とは? ...

続きを見る

ウィローモスを接着剤で活着
ウィローモスを接着剤で流木に活着させるコツと注意点

ウィローモスを接着剤で流木に活着させるコツと注意点 ウィローモスを流木に活着させたい。 ウィローモスの巻き付けがあまり得意ではない。 巻き付け以外にウィローモスを簡単に固定する方法はないか。 このよう ...

続きを見る

サイト内検索  知りたい情報を検索!

  • この記事を書いた人
アバター

マサ

25年以上のアクアリウム経験から得た知識を多くのアクアリストに発信しています。2006年から運営しているブログは気がつけば2000万人以上の方に読んで頂いております。私の経験と知識が皆様の水槽管理のお役に立てれば幸いです。これからも有益な情報を発信していきますのでお時間がありましたらお付き合いください。Twitterでも情報公開しておりますのでフォローお願い致します。@mizukusasuisou

-ウィローモスの仲間
-

© 2021 水草水槽.com