ホテイアオイ(布袋葵)に虫?ホテイアオイの害虫駆除と食害

ホテイアオイ(布袋葵)に虫?ホテイアオイの害虫駆除と食害

ホテイアオイ(布袋葵)に虫?ホテイアオイの害虫駆除と食害

虫食いホテイアオイ

ホテイアオイ(ホテイ草)にダニのような小さな虫が付いているけれど、どう駆除すれば良いのか?

ホテイアオイの葉に小さな虫がついて葉が枯れてきている。ホテイアオイの葉がボロボロに食べられているけれど食べている虫が見当たらない。

そんなホテイアオイにつく虫の駆除方法についてご紹介いたします。

ホテイアオイに細かな虫

アブラムシ

ホテイアオイには細かな虫がつくことがあり、よく見てみるとアブラムシであることが多いものです。

アブラムシと聞くと緑色の小さな虫をイメージされる方も多いと思いますが、アブラムシの種類は多く、赤いアブラムシなどもいます。

よって緑色の小さな虫の集団だけではなく、赤くて小さな虫が密集していたりしたらそれもまたアブラムシかもしれません。

アブラムシは葉に集団で付着して葉の養分を吸ってしまいます。養分を吸われた葉は徐々に色合いを失い枯れてしまいます。

一度アブラムシに汁を吸われ、枯れ出した葉は復活することはないので茎の根元辺りからカットしてしまいましょう。

寒い時期にホテイアオイをビニールハウスや温室で育てていると白いコバエのようなオンシツコナジラミと呼ばれる害虫がつくこともあります。

アブラムシ、オンシツコナジラミどちらの害虫にも共通する問題として、植物の液を吸うことにより、ホテイアオイを弱らせる問題と甘露と呼ばれる排泄物を産み出します。

茎や葉に付着した甘露はスス病菌の繁殖の原因にもなってしまいます。

さらにホテイアオイの液を吸う時にはいくつかのウイルスを媒介することが知られています。

オンシツコナジラミもアブラムシも小さい虫ですが、「ホテイアオイを弱らせる」、「スス病の原因を作る」、「ウイルスを運んでくる」と色々と厄介な生き物達なのです。

よって見つけたらすぐに駆除したいものです。

アブラムシ虫にせよオンシツコナジラミにせよ駆除方法にさほど違いはありませんのでまとめて駆除方法もご紹介いたします。

ホテイアオイにつく虫の駆除

ホテイアオイについたアブラムシをそのまま放置しておくとホテイアオイがどんどん衰弱してしまいますので駆除しなければなりません。

駆除の方法として一般的に知られる薬剤の使用はビオトープに生息しているメダカや微生物に悪影響を与えるためあまりお勧め出来ません。

アブラムシの駆除方法としてはホテイアオイを水中に沈めてしまうと良いでしょう。

アブラムシは水中では生きられずホテイアオイから離れて浮いてきます。

メダカなどが居ればホテイアオイから離れたアブラムシを食べてくれますのでメダカの餌にもなります。

強めのシャワーなどを吹きかけてホテイアオイからアブラムシを洗い流すのも良い方法でしょう。

そのように水責めでアブラムシは駆除できますので定期的にホテイアオイを洗うつもりで水をかけたり水に浸してあげると虫予防にもなります。

アブラムシを水責めで駆除するときの注意点としては時間をかけてゆっくり行うことです。

数分だけ抑えるようにホテイアオイを水の中に沈めてもホテイアオイの隙間に残った空気などによってアブラムシが生き残ってしまうこともあります。

全てのアブラムシを目視で確認しながら駆除していくのはホテイアオイが大きくなってくるほど大変な仕事ですので目視による確認よりも時間をかけてじっくりとやっつける方法をお勧めします。

バケツなどの容器に水を張り、そこにホテイアオイを入れたら蓋をして数時間置いておきます。

このとき、蓋と水面の隙間に空気が残らないことが理想です。完全にホテイアオイを水につけておけばアブラムシは残った酸素で生き残ることもできなくなります。

ホテイアオイの食害・虫食いボロボロ

ボロボロのホテイアオイ

ホテイアオイは基本的には青虫や毛虫などの食害に遭うことは少ないのですが、稀に食べられてしまいボロボロになることもあります。

ホテイアオイは水面に浮いていることが多いので毛虫や青虫にとっては餌にありつくために溺死してしまう恐れもあるのであまり近づかないものです。

しかし、ホテイアオイが食べられている?

何がホテイアオイを食べているのか探してみても全く虫の姿がない。そんな時があります。

オンブバッタ

そのような食害の犯人はオンブバッタであることが多いものです。オンブバッタとはメスの上にオスが乗っかっていることが多いことからオンブバッタと呼ばれています。

オンブバッタは飛ぶことができるため水面に浮いているホテイアオイでも高いところに置いてあるホテイアオイでも問題なく食べてしまいます。

オンブバッタの特徴として葉をかじるように食べるため毛虫や青虫などのように葉の端から必ず食べる訳ではなく葉の中央に穴を開けるように食べることもあります。

オンブバッタは駆除してもすぐにまた飛んできてしまうため、ホテイアオイに防虫ネットをかぶせるなどの方法で対策をしましょう。

ホテイアオイの虫対策まとめ

ホテイアオイは虫により枯れてしまうこともある。

害虫がスス病やウイルス性の病気の原因を作る。

害虫を見つけたら小ささや数に関係なくすぐに駆除する。

ホテイアオイに虫がついていないかこまめに確認をする癖をつける。

ホテイアオイの葉が食べられていたら防虫ネットで対策する。