ニードルリーフルドウィジア育て方

ニードルリーフルドウィジア育て方

ニードルリーフルドウィジア育て方

ニードルリーフ
ニードルリーフ

学名:Ludwigia arcuata Walt
適応水質:弱酸性~弱アルカリ性 弱硬水~中硬水
適応温度:18℃~28℃
育成難易度:普通
二酸化炭素添加:なくても育成は可能ですが、本来の赤みをしっかり出すためには二酸化炭素の添加が効果的です。

ニードルリーフは名前からもわかるように細長く繊細な葉を展開し赤みを帯びた姿は鮮やかで水槽内のアクセントとして非常に人気があります。育成には強めの光と二酸化炭素の添加が有効で光が不足すると茶色みを帯びた感じの葉になり二酸化炭素が少ないと葉が小さく貧弱な感じになってしまいます。

環境の変化に弱いニードルリーフ

ニードルリーフルドウィジア
ニードルリーフルドウィジア

ニードルリーフは紹介するサイトや書籍によっては育成が若干難しいとされることもありますが育成自体はさほど難しい水草ではありません。ただ環境の変化に敏感な面があり購入後、稀に根元から黒ずんで溶けてしまうことや茎から溶け出さなくても一度つけた水中葉が全て落ちてしまい、生長点だけが残るようなこともあります。

このような特徴があることからニードルリーフは育成がやや難しいとされているのかもしれません。確かにニードルリーフは植え替えに弱く、新しい環境の水槽に植え替える際などは一定期間生長が止まることもあります。

生長が止まる=光合成が鈍ることを意味しますので体内に蓄えられた栄養が消費されてしまうために下葉から落ちてしまうような症状が現れるのでしょう。環境の変化により葉が落ちてしまうことはさほど深刻になることではありませんのでまずは一日でも早くしっかり根付くように見守ってあげてください。

もし底砂に植えた根元から溶けるように枯れていつの日か水面に浮いてしまっているような時はうまく根付いていませんので対策が必要ですが茎が黒ずんだり、溶けたりしていなければ徐々に新芽を出すようになります。

ニードルリーフは根張りの強い水草ですのでその面から考えても根が一度しっかり張ってしまえば問題なく生長しますので根が張るまではあまり移動などをしないようにしてください。

ニードルリーフのレイアウトとトリミング

トリミングには強くトリミングを行ったところからすぐに脇芽を展開しますので水面まで到達したらトリミングを行い差し戻しをすればすぐに増やすことができます。

またトリミングにてカットされた個所から数本の脇芽を出しますのでその脇芽が伸びたらまたその少し上でトリミングをおこなうようにして行けば徐々にボリュームを出すことができます。

ある程度ボリュームが出てくると根元の方の葉は光が当たりにくくなり、茶色くくすんだ色合いになりコケに見舞われやすくなりますのでそのような葉は定期的にカットすることでコケの発生を抑制することもできます。

ニードルリーフを赤く保つには

水槽の環境にも慣れ、しっかりと生長はしているのですがニードルリーフの最大の魅力ともいえる赤みがなかなか出ずになんだかくすんだ茶色になってしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

ニードルリーフの赤みをしっかり出す為には赤系水草がどのようにして赤みを保っているのかをしっかり理解しその環境を維持してあげなければなりません。

ニードルリーフの水上葉

ニードルリーフの水上葉は水中葉とは似ても似つかないような丸みを帯びた緑色の葉をしています。よって購入時に水上葉と表記してあるものを購入するとあまりの見た目の違いに戸惑うこともありますがそのまま水中に沈めてあげればすぐに先端から細長い水中葉を展開しはじめます。

先にも記載しましたがニードルリーフは水質の変化によって生長が止まりやすい水草でもありますので太陽の光を一杯に浴びてしっかり栄養を蓄えた水上葉の方が水槽に投入した際にいち早く環境に慣れやすいと言ったメリットもありますのでお勧めかもしれません。

種類別水草の育て方カテゴリの最新記事