ミクロソリウムの育て方

ミクロソリウムの育て方

ミクロソリウムの育て方

ミクロソリウム・プテロプス
ミクロソリウム・プテロプス

学名:Microsorium
適応水質:酸性~弱アルカリ性 中硬水
適応温度:22℃~28℃
育成難易度:やさしい
二酸化炭素添加:なくても育つ

[outline]

ミクロソリウムはアジア原産の水生シダの仲間で非常に環境適応能力が高く、光量・水温・水質ともに広範囲に適応します。よって水草育成初心者の方にもお勧めの水草です。

ショップなどで流通しているミクロソリウムには幾つかの改良品種があり原種とするミクロソリウム・プテロプスをはじめミクロソリウム・ウィンデロフ、ミクロソリウム・トロピカ、ミクロソリウム・ナローリーフ、ミクロソリウム・ゴールデンなどがありますがどの種も大きく育成条件が違うわけではないのでここではまとめて説明いたします。

ミクロソリウムは低光量でも育成可能なため水草レイアウトにて生長の早い水草の下や流木の影などに配置するといいでしょう。底砂に植え込んでも生長しますが流木などに活着する性質があるため流木などに釣り糸などで巻きつけておくと数週間で根を張ります。

生長が比較的ゆっくりでいろいろな苔に見舞われやすいため水流に気を使い淀みなどができないようにすることが大切です。苔の付着を予防する目的にコケ取り用のエビやオトシンなどをいれておくことも効果的です。

ミクロソリウム
ミクロソリウム

ミクロソリウムは環境適応能力に優れていると書きましたがシダの仲間であるため高水温と水質の悪化には弱い面があります。水温が30℃を超えるような環境では葉が半透明になって枯れていくシダ病になりやすい面があります。

もしそのような症状を発見したときは多少もったいないですがその部分を大胆に切り取ってしまってください。そのまま放置しておくと病気になった葉から感染して他の葉まで広がってしまいます。

ある程度生長すると葉の裏に胞子のうをつけそこから発芽をし子株をふやしていきますので大きくなってきたら切り取り株分けをしていけばどんどん増やすことができます。

種類別水草の育て方カテゴリの最新記事