ニードルリーフルドウィジア育て方~水草水槽.com

水草 ニードルリーフルドウィジアの育て方

水草水槽.com

ニードルリーフルドウィジアの育て方

水草水槽.com>>種類別水草の育て方>>ニードルリーフルドウィジアの育て方

赤く繊細な葉が魅力的なニードルリーフ

ニードルリーフ

  • 学名:Ludwigia arcuata Walt
  • 適応水質:弱酸性~弱アルカリ性 弱硬水~中硬水
  • 適応温度:18℃~28℃
  • 育成難易度:普通
  • 二酸化炭素添加:なくても育成は可能ですが本来の赤みをしっかり出すためには二酸化炭素の添加が効果的です。


    ニードルリーフは名前からもわかるように細長く繊細な葉を展開し赤みを帯びた姿は鮮やかで水槽内のアクセントとして非常に人気があります。育成には強めの光と二酸化炭素の添加が有効で光が不足すると茶色みを帯びた感じの葉になり二酸化炭素が少ないと葉が小さく貧弱な感じになってしまいます。

    ニードルリーフをamazonで購入
    ニードルリーフを楽天で購入

    環境の変化に弱いニードルリーフ

    ニードルリーフルドウィジアニードルリーフは紹介するサイトや書籍によっては育成が若干難しいとされることもありますが育成自体はさほど難しい水草ではありません。ただ環境の変化に敏感な面があり購入後、稀に根元から黒ずんで溶けてしまうことや茎から溶け出さなくても一度つけた水中葉が全て落ちてしまい、生長点だけが残るようなこともあります。

    このような特徴があることからニードルリーフは育成がやや難しいとされているのかもしれません。確かにニードルリーフは植え替えに弱く、新しい環境の水槽に植え替える際などは一定期間生長が止まることもあります。

    生長が止まる=光合成が鈍ることを意味しますので体内に蓄えられた栄養が消費されてしまうために下葉から落ちてしまうような症状が現れるのでしょう。環境の変化により葉が落ちてしまうことはさほど深刻になることではありませんのでまずは一日でも早くしっかり根付くように見守ってあげてください。

    もし底砂に植えた根元から溶けるように枯れていつの日か水面に浮いてしまっているような時はうまく根付いていませんので対策が必要ですが茎が黒ずんだり、溶けたりしていなければ徐々に新芽を出すようになります。

    ニードルリーフは根張りの強い水草ですのでその面から考えても根が一度しっかり張ってしまえば問題なく生長しますので根が張るまではあまり移動などをしないようにしてください。

    ニードルリーフのレイアウトとトリミング

    トリミングには強くトリミングを行ったところからすぐに脇芽を展開しますので水面まで到達したらトリミングを行い差し戻しをすればすぐに増やすことができます。

    またトリミングにてカットされた個所から数本の脇芽を出しますのでその脇芽が伸びたらまたその少し上でトリミングをおこなうようにして行けば徐々にボリュームを出すことができます。

    ある程度ボリュームが出てくると根元の方の葉は光が当たりにくくなり、茶色くくすんだ色合いになりコケに見舞われやすくなりますのでそのような葉は定期的にカットすることでコケの発生を抑制することもできます。


    ニードルリーフを赤く保つには

    水槽の環境にも慣れ、しっかりと生長はしているのですがニードルリーフの最大の魅力ともいえる赤みがなかなか出ずになんだかくすんだ茶色になってしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

    ニードルリーフの赤みをしっかり出す為には赤系水草がどのようにして赤みを保っているのかをしっかり理解しその環境を維持してあげなければなりません。そのあたりの情報については赤系水草が赤くならないにてご紹介していますのでこちらも合わせてお読みください。

    ニードルリーフの水上葉

    ニードルリーフの水上葉は水中葉とは似ても似つかないような丸みを帯びた緑色の葉をしています。よって購入時に水上葉と表記してあるものを購入するとあまりの見た目の違いに戸惑うこともありますがそのまま水中に沈めてあげればすぐに先端から細長い水中葉を展開しはじめます。

    先にも記載しましたがニードルリーフは水質の変化によって生長が止まりやすい水草でもありますので太陽の光を一杯に浴びてしっかり栄養を蓄えた水上葉の方が水槽に投入した際にいち早く環境に慣れやすいと言ったメリットもありますのでお勧めかもしれません。


    お勧め記事


    PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

  • PR

    よく読まれている記事

  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件

    コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除

    スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温

    ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介

    水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法

    水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

    ウィローモス ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • オトシンクルス飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳

    オトシンクルス オトシンクルスの寿命は水槽飼育下で3年と言われています。その寿命を全う出来ずに短命で終わって>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    茶ゴケ アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

    エアレーション アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法

    二酸化炭素 ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス

    オトシンクルス どっちがお勧めシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第>>続きを読む


  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編

    流木レイアウト 『流木の魅力』こんなことを語る人はアクアリウムをされている方でもそんなに多くはないでしょう。>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由から点滴法まで

    ミナミヌマエビ 熱帯魚や金魚、メダカやエビ類など水棲生物を水槽に投入する際には、水合わせをすることが当たり前>>続きを読む


  • どっちがおすすめ⁈ミナミヌマエビの屋内飼育と屋外飼育

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビを飼育するのに屋内の水槽で飼育するのと屋外で飼育するのではどのように違うのか?>>続きを読む