本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い

本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い

水草水槽.com

本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い

タニシ水槽やビオトープに突如現れる巻貝。子供の頃に用水路などで見かけたタニシに似ているけれどタニシなのか?

日本に棲息するタニシの種類とタニシに似た淡水性巻貝をご紹介いたします。

まず、淡水性巻貝の中でもタニシよりスマートで棲息域も異なる貝にカワニナがいます。

同じ淡水性の巻き貝であるカワニナが砂利底の清流を好むのに対して、タニシは泥の川を好み用水路や池、田んぼなどでよく見られます。



タニシの種類

カワニナ川や池、水田に棲む巻き貝には多くの種類があり、殻が細長いものはカワニナと呼ばれ、丸みのある殻を持つ巻き貝を総称してタニシと呼ぶことが多いようです。

確かに川や池で巻き貝を見つけてその巻き貝の名前を正確に言える人の方が少ないでしょう。

日本には4種類のタニシ科の巻き貝が分布しており、水田に棲息するマルタニシ、主に沼や湖に棲むオオタニシ、沼や小川、小河川、水田や用水路などさまざまな環境に棲息するヒメタニシ、琵琶湖固有種のナガタニシです。

平均的な大きさはマルタニシで5cm程度、ヒメタニシで3.5cm程度の大きさになります。

ただ、環境が良ければさらに大きくなることもあり、マルタニシなどは8cmくらいまで育つという報告もあります。

タニシと間違いやすいジャンボタニシ

ジャンボ最近では外国からやってきた熱帯性のジャンボタニシに代表されるリンゴガイ科の貝類もタニシ科と同じ仲間だと思われています。

貝殻はタニシ科よりも丸く、球形に近いものが多いためその見た目からリンゴガイと呼ばれるようになりました。

タニシが二本の触角を持つのに対して、長い鞭状触角と短めの触角を一対ずつ持つことでタニシの仲間から容易に区別できるはずです。

ジャンボタニシは関東から沖縄にかけての地域では、暖かい時期(5月〜10月)に水田の畦や川岸に赤色(ピンク色)の卵の塊を産み付けます。

卵の大きさは3mmほどで孵化後の幼貝の大きさは2mmほどになります。

タニシの仲間には、マルタニシ、ナガタニシ、ヒメタニシ、オオタニシなどの種類がいますが、どの種も淡水性で泥川を好む性質は似ており、泥に含まれる有機物や水草などを濾し取るように食べます。

その点、ジャンボタニシはタニシ科よりも強靭な歯を持ち、水生植物や魚の死体などをかじりとるように食べます。

タニシより小さな巻貝

サカマキガイタニシ科の他にもタニシと称され易い淡水性の巻き貝は多く、その代表的な種はモノアライガイ、ヒラマキガイ、サカマキガイなどです。

これらの巻き貝は成長しても10mm〜20mm程度のものが多く、卵生で透明なゼラチン質の卵塊を産みます。

タニシに比べて貝殻が薄いため、中が透けるように透明感のある貝殻を持つものが多いのもこれらの貝の特徴です。

水槽内での繁殖力はタニシよりも強く、気がつくと水槽内に稚貝がたくさん歩いているようなこともあります。



関連記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと呼ばれ、駆除対象とされることが多い貝>>続きを読む


  • タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?
  • ネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけますが、あれは正確にはタニシの卵ではありません。また>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどという事例があるようですが、タニシは本>>続きを読む


    お勧め記事



    PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    よく読まれている記事

  • 画像で判別!水草水槽のコケ対策 コケの種類と原因・対策

    水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べ>>続きを読む


  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図>>続きを読む


  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてし>>続きを読む


  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方と活着のコツ
  • ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウト>>続きを読む


  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景>>続きを読む


  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむ>>続きを読む


  • リシアの育て方
  • リシアは水槽に緑の絨毯を敷き詰めたようなレイアウトを作り上げることができます。その水草絨毯に>>続きを読む


    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている