タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

水草水槽.com

タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?

タニシネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけますが、あれは正確にはタニシの卵ではありません。また、それら卵とメダカの卵との違いについても触れておきましょう。

タニシは淡水性の巻き貝ですが、淡水性の巻貝=タニシではありません。よって水槽内やビオトープで見かける巻貝にも様々な種類がおり、ある程度の種類の判別を行うことが飼育するにしても駆除するにしても大切なことなのです。



ピンク色の卵はジャンボタニシ

タニシピンク色の卵は通称ジャンボタニシと呼ばれるリンゴガイ科の仲間で、日本古来の在来種ではなく、食用として持ち込まれたものが投棄され増えてしまった外来種です。

見た目にも鮮やか(毒々しい)色合いの卵は、見た目からも想像できるように毒をもっており、ジャンボタニシの卵を食べる生物はほぼ皆無です。

よって駆除するには人為的に取り除くしかありません。

ちなみにジャンボタニシと言ってもリンゴガイ科はタニシ科には属さず、日本古来のタニシはマルタニシ、ナガタニシ、ヒメタニシ、オオタニシの4種のみとされています。

透明な卵は・・・

タニシ卵透明な卵は様々な生物の卵の可能性がありますが、水槽内などで見かけるものの多くは、ラムズホーンやサカマキガイやモノアライガイなどの卵であることが多いようです。

これらの卵には毒性はないのでプレコやオトシンクルスのように捕食する生物もいますが、貝の駆除だけのためにそれらの生物を飼育するのはあまり得策とはいえませんので、やはりこまめに取り除くようにしましょう。

水槽飼育でヒーターにより水温管理もしっかりされており、水草などを育成している水槽であれば、オトシンクルスにとっても住みやすい場所となるため飼育することはおすすめできます。


メダカの卵との違い

メダカ卵透明な卵なら、もしかしたらメダカの卵ではないのかと期待を寄せることもあるでしょう。貝類の卵とメダカの卵の違いについても触れておきましょう。

貝類の卵は一つ一つの核(稚貝となるもの)が纏まって透明なゼラチン質ものに包まれています。よって見た目には一つのゼラチンの中につぶつぶがあるように見えます。

逆にメダカの卵はそれぞれが独立し、一つの核を一つの球体が包み込んでいるためよく見ると透明なブドウのように見えるはずです。

さらにメダカの卵は数日もすれば中で稚魚が成長し、動く姿が確認できるようになるのでそうなれば簡単に判別はできるはずです。

少々話が逸れてしまいましたが、それでは本題のタニシの卵とはどのような卵なのでしょうか。

タニシの卵

タニシ科の仲間はメスの体内で卵が発生して稚貝まで育ち、親と同じような姿の子貝が生まれてくる卵胎生です。

よってタニシの卵は産み付けられることが無いため、私たち飼育者が目にすることはありません。

タニシの繁殖時期と繁殖方法・繁殖力

自然界のタニシは冬眠から覚め、田んぼが田植え後の安定した水量になると活発にエサを漁り繁殖に備えます。

やがて交尾をし、メスは夏の間に体内で子供を育て、ある程度の大きさになった稚貝から順に生み出していきます。

よって夏の田んぼでは大小様々な大きさのタニシを見ることができます。タニシの繁殖力はさほど強くなく、一度に産む数は30〜60個くらいです。

貝類の中には1匹で卵を産むことが出来る雌雄同体と呼ばれる種もいますが、タニシにはそのような性質は無く、単独で繁殖することはありません。

よってタニシの繁殖を試みるのであれば最低でも雄と雌の2匹が必要となってきます。


透明な卵を産むサカマキガイは雌雄同体ですので1匹でも水槽内に侵入すると繁殖してしまうこともあります。

どこからともなく水槽内に貝が発生し、増えてしまったなどの事例の多くはこのサカマキガイやモノアライガイなどが多いようです。



関連記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと呼ばれ、駆除対象とされることが多い貝>>続きを読む


  • 本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い
  • 水槽やビオトープに突如現れる巻貝。子供の頃に用水路などで見かけたタニシに似ているけれどタニシなのか?日本に棲息するタニシの種類>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどという事例があるようですが、タニシは本>>続きを読む


    お勧め記事



    PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    よく読まれている記事

  • 画像で判別!水草水槽のコケ対策 コケの種類と原因・対策

    水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べ>>続きを読む


  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図>>続きを読む


  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてし>>続きを読む


  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方と活着のコツ
  • ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウト>>続きを読む


  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景>>続きを読む


  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむ>>続きを読む


  • リシアの育て方
  • リシアは水槽に緑の絨毯を敷き詰めたようなレイアウトを作り上げることができます。その水草絨毯に>>続きを読む


    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている