水槽にべっとりノリ状・緑色のコケ 藍藻(らんそう)原因と対策

水槽にべっとりノリ状・緑色のコケ 藍藻(らんそう)原因と対策

水槽にべっとりノリ状・緑色のコケ 藍藻(らんそう)原因と対策

藍藻
藍藻

水槽の底砂やウィローモスなどに付着している緑色のべとべとした感じのノリ状のコケは藍藻(らんそう)です。

藍藻は正確にはコケではなく原核生物のシアノバクテリアと呼ばれる細菌です。発生すると水槽の底の方に固まった感じで現れ、濃い緑色をしているのですぐに気がつくはずです。

藍藻自体は熱帯魚や水草に悪影響を与える事はほとんどないですが、観賞目的の水草水槽や熱帯魚水槽では見た目がいいものではありませんので、できれば除去したいコケでしょう。

緑色のコケ 藍藻の発生原因

藍藻
藍藻

藍藻の発生原因は底砂の汚泥や水質の悪化とされており、水槽内で循環がうまく行われていない場所など、水の淀みがあるような箇所に発生しやすいコケです。

またろ過バクテリアの繁殖とも因果関係があり、ろ過バクテリアがしっかり活動している水槽では発生しにくいようです。

よって長期維持している水槽での発生にはろ過フィルターの汚れやろ過能力低下なども疑ってみるとよいでしょう。

底床内での発生に対しては長期維持をしていれば、どうしても避けられないコケでもあります。

ソイルの入れ替えにて対応する方法もありますが、長期維持したソイルはろ過バクテリアもしっかり繁殖しており、全交換をするのは得策とは言えません。

そのような場合にはガラス面付近のソイルだけを入れ替えることにより見た目は全然変わってきます。

新規の水槽などでは水草投入時の持ち込みなども考えられますので購入した水草を水槽投入前にしっかり確認するようにしましょう。

藍藻の除去方法

底床クリーナー
底床クリーナー

藍藻の付着力は弱いので底砂についたものはプロホースなどの底砂クリーナーで吸い出すように除去し水草に付着したものは水草ごと取出し汲み置きをしたバケツなどで濯げば取れてしまいます。

藍藻除去作業の際に水槽内でかき混ぜるようにすると細かくなり水槽内に散らばってしまいますので静かに除去することが大切です。

藍藻をある程度取除いたら市販のバクテリアを投入するのも効果が見込める対策です。原因の一つがろ過バクテリアの繁殖不足という事もあり、ろ過バクテリアを補充してあげることで対策ができます。

このときエアレーションを行い、バクテリアの活動を活発にすることと水槽内の淀みをなくすように水流の見直しを行うことでさらに効果が望めます。

藍藻を食べる生物

ミナミヌマエビ
ミナミヌマエビ

コケ対策生体として有名なヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどがこの藍藻を好んで食べてくれますので水槽内に数匹入れておくと発生の予防にもなります。

ただ発生原因である水質の悪化と水の淀みを改善しない限り藍藻が発生しやすい環境には変わりありませんのでコケ取り屋のエビ達に頼りきりにならずに水質の維持に努めるようにしましょう。

水槽の藻・コケ対策カテゴリの最新記事