水槽内のろ過バクテリア 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由とろ過の仕組み

水槽内のろ過バクテリア 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由とろ過の仕組み

水槽内のろ過バクテリア 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由とろ過の仕組み

バクテリア
バクテリア

ネット上などで市販のバクテリアは入れても意味がないという言葉を見かけることがあります。

また極端な場合、市販のバクテリアを水槽内に投入すると水槽崩壊へ繋がるとさえ言われてしまうこともあります。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?それにはバクテリアの働きの仕組みと有効な活用方法を理解する必要があります。

[outline]

上記のような状態になってしまうには理由があり、その理由を理解しないで闇雲に投入した結果がこのような状態を招くことになるのです。

まずはバクテリアの仕組みと必要性を説明いたします。

自然界には分解者と呼ばれるバクテリアが数多く存在しバクテリアの力によって水槽内の浄化作用は成り立っており、この自然浄化作用を窒素循環といいます。

アクアリウムにおける窒素循環とはバクテリアや水草、コケにより窒素化合物が生成、分解されていくプロセスのことをいいます。

水槽内では糞や枯草、餌の食べ残しなどの有機物は脱窒菌や光合成細菌などのBOD酸化細菌によって分解されます。

脱窒素菌の場合、バクテリアは好気下(酸素がある状態)では酸素を使いながら、また、嫌気下では硝酸塩のなかの酸素を使いながら有機物を分解しアンモニア、二酸化炭素、窒素などに変えます。

次にアンモニアは硝化菌の中のニトロソモナスを代表とするアンモニア酸化細菌によって分解されて亜硝酸へと変わります。

そして、亜硝酸は硝化菌の中のニトロバクターを代表とする亜硝酸酸化細菌によって分解されて硝酸塩へと変わります。

また、このとき有機物を分解した際に出るCO2を使いながら分裂を行います。

アンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌をまとめて硝化菌と呼びます。

このようなバクテリアの働きにより水槽内では水が浄化されていきますが、この一連の流れを作り上げることを水槽を立ち上げると言います。

水槽内でこの働きを活発にし、バクテリアを増やすにはバクテリアの住みよい環境を作らなければなりません。

熱帯魚や水草が住みよい環境はバクテリアが作ってくれますが、バクテリアの住みよい環境を作るにはしっかりとした知識をもって水槽管理を行う必要があります。

バクテリアが住みよい環境ができていれば市販のバクテリアを投入することでバクテリアが繁殖する期間を短縮でき、水槽の立ち上がりがはやくなり、その結果水槽内では水が汚れにくくコケなども蔓延しにくくなるのです。

しかし逆にバクテリアにとって悪い環境ができあがってしまっている水槽にバクテリアを投入するとバクテリアの死滅につながり、その死骸がさらに水槽内に蓄積し、油膜や水質悪化の原因になってしまいます。

この状態を体験した方にとってみれば市販のバクテリアの投入によって水槽が崩壊したと言うのもわかる気がします。

バクテリアも生き物ですので水道水のカルキやpHショック、急激な温度変化などでダメージを受けることがありますし、酸素を利用して分解をおこなうものにとっては酸素の欠乏もダメージとなってしまいます。

しっかりとバクテリアを育てることが水質管理へと繋がるのです。

水槽の水換え・掃除カテゴリの最新記事