水草を元気に育てる為に知っておきたい水草育成の基礎

水草を元気に育てる為に知っておきたい水草育成の基礎

水草を元気に育てる為に知っておきたい水草育成の基礎

水草育成をはじめる
水草育成をはじめる

水槽内で水草を元気に育てるための基礎知識を初心者の方にもわかりやすくご紹介しています。

水草育成は決して難しいものではありませんが、全く勉強もせずに熱帯魚飼育やメダカ飼育の延長のような考え方で始めてしまうと失敗してしまうこともあります。

まずは水草育成の知識をつけて水草が育ちやすい環境を整えてあげましょう。

はじめての水草水槽

水草水槽をはじめるには熱帯魚飼育やメダカ飼育の方法とは別に水草の生長を助けるための環境を整えてあげる必要があります。

アクアリウム初心者の方がやってしまいがちなミスが、アクアリウムショップに熱帯魚やメダカを探しに行った際に綺麗な水草を見つけてそのまま購入し、水槽に入れてしまうことです。

購入当初は魚だけでは若干殺風景だった水槽が水草の投入により華やかになりますので嬉しいものです。

しかし、水草の育つ環境を考えずに投入した水草はさほど長持ちはせずに徐々に元気が無くなっていってしまうものです。

自然の中の水草
自然の中の水草

自然界において水草と熱帯魚などは共存しているのですからまったく生息環境が違うとはいいませんが、水槽内では熱帯魚飼育環境=水草が元気に育つ環境ではないのです。

このことをまったく考えずに水草育成をはじめてしまうと大抵は水草が溶け出したり、黄色くなって枯れてしまうなどの障害がおきてしまいます。

このようなことを体験してしまうと水草育成って難しいという偏見を持たれてしまうかもしれません。

熱帯魚飼育もそうですが、水草育成は多少の知識と経験があれば決して難しいものではありません。

水草が育つ環境作り

それでは水草を元気に育てるのに必要な知識とはどのような知識なのでしょうか?水草の育つ環境と熱帯魚の育つ環境との違いとはなんなのでしょうか?そんな疑問を一つ一つ紐解いていきましょう。

水草育成に必要な要素をしっかり理解することで誰でも水槽内に広がる緑鮮やかな水草水槽を作り上げることは可能なのです。

水草とは水中で育つことが出来る草(水上に顔を出すこともありますが)ですので植物です。

「当たり前だろ!そんな事誰だって知ってるよ!」と言われてしまいそうですが、その植物が育つ為に必要な要素をしっかり考えて水槽管理をしていく事が大切なのです。

水草は植物ですので光合成を行い生長します。

植物が光合成を行う為には光と二酸化炭素、そして栄養が必要となり、さらには光合成を活発に行わせる為には水温管理や水質管理も重要な管理項目となってくるのです。

水温管理や水質管理については後々触れていく事としてまずは光合成に必要とされる光と二酸化炭素、そして栄養について考えていきましょう。

植物の光合成
植物の光合成

庭先に咲いている草花であれば太陽によって光は供給され、二酸化炭素も特に意識をしなくても足りているはずです。

よって育成者が意識するべき事は枯れないような適度な水やりと肥料の添加などでしょう。

しかし室内の水槽では庭先などでは意識をしなくても十分に足りていた光や二酸化炭素でさえ不足気味になってしまうことがあるのです。

室内の水槽と言う隔離された環境で植物を育成するためには光、二酸化炭素、栄養等光合成に必要とされる要素全てを意識し環境を整えてあげなければならないのです。

そんな水草育成に必要とされる要素を各項目ごとに詳しくご紹介いたします。

鮮やかな水草水槽を眺めていると日ごろのストレスも吹き飛んでしまうものです。水草が元気に育つ環境をしっかり理解し、あなただけの素晴らしい水草水槽を作り上げてください。

水草育成に必要とされる知識関連ページ

水草を上手に育てるコツカテゴリの最新記事