水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

エアレーション
エアレーション

水槽や金魚鉢などで金魚やメダカ、熱帯魚などを飼育する際に酸素・エアレーション(エアーレーション)が大切な事は多くの人が知っていることです。

しかし、何故か水草水槽や水草育成になると二酸化炭素の必要性に目がいきがちになり、酸素の必要性・エアレーションの効果と重要性を忘れてしまうアクアリストも多いようです。

水草水槽でエアレーションは必要ないのか

水草水槽においてエアレーションを行うと二酸化炭素が逃げ出しやすくなるのでエアレーションはしないほうがいい。

このように言われることが多く、この考え方は確かに間違いでは無いのですが、半分正解で半分不正解とも言えるのです。

水槽内の二酸化炭素量だけを考えると確かにエアレーションはしない方が効率は良いのですが、「水草水槽に酸素は必要無い!」では無いのです。むしろ酸素は二酸化炭素同様に無くてはならないものなのです。

その理由として水槽内にいる熱帯魚やエビはもちろん酸素を必要としますし、水草も酸素を必要とします。

??水草は二酸化炭素を利用して酸素を作るのでは?酸素を必要とする?このような疑問を持たれる方もいると思いますので簡単に水草の生長の仕組みをご説明いたします。

水草も酸素の消費者

水草は光と二酸化炭素を利用して光合成を行い、酸素を排出しますので二酸化炭素が必要な事は間違いありません。

しかし暗くなると光合成は停止し、逆に酸素を利用して生長するのです。よって照明消灯時は水草においても二酸化炭素より酸素を必要とすることになります。

※光合成を行っている日中でも活動のために微量の酸素は消費していますが、ここでは酸素消費量の多い夜間の酸素消費について話を進めていきます。

水槽内で酸素を必要とするものは熱帯魚やエビ、水草以外にもまだあり、生物ろ過の主役とも言えるろ過バクテリアも多くの酸素を必要とします。

水草がある程度入っていてしっかりと光合成を行えている水槽であれば、照明点灯時は水草が生成する酸素によってこれら生態への酸素供給は賄われます。

しかし照明消灯時はどうでしょう。酸素の供給者である水草も酸素を消費しますし、熱帯魚やエビ、ろ過バクテリアも酸素を消費します。

暗くなり酸素の供給者がいなくなった水槽内では酸素の消費だけが進んでしまいますので水草の量や生態の量によっては酸欠状態になってしまうこともあるのです。

このような事態を避ける為にも水草水槽においては消灯時のエアレーションが必要となってきます。

水草の生長とエアレーションの関係

元気よく生長する水草
元気よく生長する水草

立ち上げ当初の水槽では水草もさほど生長していませんし、濾過バクテリアもまだまだ足りていない状態ですので酸素の消費量は少ないはずです。

しかし上手く水槽が立ち上がり水草が生長しだすとおのずと水草の量は増えますのでその分、夜間の酸素消費量も増えてきます。

また水槽が上手く立ち上がるほど濾過バクテリアも順調に増えてきますので、その点においても酸素の消費者は増えることになります。

もしかしたらコケ取り用に入れておいたミナミヌマエビが繁殖をするかもしれません。

なんとなく自分で投入した熱帯魚の数や大きさに意識がいきがちになりますが、水槽内ではアクアリスト自ら投入した生態以外にも酸素を消費する生態の数は自然と増えていくものなのです。

よって水槽が順調に回っているときほどエアレーションの重要性に目を向けなければならないのです。

水槽を立ち上げてから数ヶ月の間は順調に水草も育っていたのに、いつの日か水草の生長も鈍り出し、水面に油膜のようなものが浮き出したりしたら水槽内の酸素不足かもしれません。

濾過バクテリアは分解活動において多くの酸素を消費しますが、そのバクテリアの数が増えたことにより酸素が不足し、一部のバクテリアが死滅した可能性も考えられます。

そのような時は照明消灯時にしっかりとエアレーションを行うことで改善されることもあります。

夏場の高水温にも注意

夏場の高水温
夏場の高水温

水槽内の環境というものはアクアリストが常に同じような管理を行い、極力変化のない環境に保とうとしても日々変化していくものなのです。先にも述べました水槽内の生態数の変化もそうですが、季節による水温の変化などもその要因の一つに挙げられます。

気温の低い冬場はヒーターにより一定の温度に保つことができますが、気温の上がる夏場になるとその管理は難しくなってきます。

水槽用クーラーを設置して水温の管理をしている水槽であれば問題ないのですが、外気の影響を受ける環境下にある水槽ではヒーターを止めても水温の上昇が懸念材料となってしまいます。

水温の上昇はその水槽内の溶存酸素量を低下させますので、冬場と夏場では水槽内の酸素量に違いが出てしまいます。

また溶存酸素量とは相反して水温の上昇により生態の活動は活発になるため酸素消費量は増えてしまうのです。

そのような事からアクアリウムは夏場のほうが管理が難しく酸欠により熱帯魚やエビ、そして目には見えにくいバクテリアなどが死んでしまいやすくなるのです。

このようなことを避ける為にもしっかりとしたエアレーションを行うことが重要となるのです。

自身の管理する水槽では照明点灯時から消灯まで、そして消灯後から次の日の照明点灯までの間、二酸化炭素量がどのように変化しているかを把握しておくことは大切なことです。

その確認方法の一つがco2ドロップチェッカーやインジケーターです。

co2ドロップチェッカーとは水中に溶け込んでいる二酸化炭素の量により水質(pHが変化する)特性を利用しているもので、水槽内に設置しておくことにより視覚的にいつでも二酸化炭素濃度を確認することができます。

中に入れた試薬の色が青くなるとco2が不足気味で弱アルカリ性に傾いている、緑だと中性付近、黄色だとco2濃度が高めでpH値が下がり過ぎているといった具合に確認することができます。

このようなアイテムを利用して、まずは水槽内の状態を把握しておきましょう。

エアレーションのタイミングとタイマー

水草水槽において酸素が重要である事はご理解頂けたと思いますが、それではどのようなタイミングでエアレーションを行い、どの位の時間エアレーションを行えばいいのでしょうか。

その答えは照明消灯時間です。よって照明が消え、二酸化炭素の添加が停止したと同時にエアレーションを始めるようにしましょう。

そして照明が点灯し、二酸化炭素の添加が始まると同時にエアレーションが止まるようにするのが理想です。

この管理を毎日朝晩、人の手で行うことも可能ですが、どうしても人の手ですと時間のバラツキや消し忘れなどが起こりやすくなりますのでタイマーによる自動制御をお勧めします。

タイマーによる自動制御などと言うとカッコよく聞こえますが、タイマーにより電源の入り切りを管理する方法です。

タイマーによる管理をしていれば毎日時間を気にするようなストレスもなくなりますし、消し忘れやつけ忘れにより生態の生活リズムを崩すような心配もなくなります。

アクアリウム用タイマー紹介

一般的にタイマーと言えば時間をセットして時間になると「ピッピッピッピッ」と鳴るキッチンタイマーや時間の計測に使うタイマーなどが知られていますが、アクアリウムで使用するタイマーは時間になると通電を行うような仕組みとなっています。

時間になったらお知らせしてくれたり、照明点灯時間を計測してくれたりするタイマーではちょっと扱いづらいですし・・・(笑

各メーカーからもアクアリウム用のタイマーが市販されていますが私のお勧めはニッソーのプログラムタイマーです。

ニッソー プログラムタイマーNT-301

プログラムタイマー
プログラムタイマー

特長
正確に毎日24時間繰り返し自動入・切。最小1分単位で設定可能な高精度タイプです。タイマー設定後すぐに現在時刻での設定動作を開始するクイックイン機能。翌日までの作動待ちがありません。

同時に4つの器具に出力。2チャンネルのタイマー(T1・T2)とAC100V出力コンセント(24時間通電)2個口付き。

マニュアル操作によるON/OFFが可能。タイマー設定がOFFのときでも、手動でON/OFFできます。(タイマー設定がON動作のときはマニュアル操作はできません。)

停電時などにも再セットの手間がいらないメモリーバックアップ機能付き。手元操作でタイマー設定ができて便利です。

おっと!忘れるところでした。エアレーションの重要性の話をして、規則正しい時間の管理についてプログラムタイマーの設置をお勧めまでしたのに。

肝心のエアーポンプの準備をしていなかったですね。ここでエアーポンプ選びのコツもご紹介しておきます。

夜間のエアレーションを行うということは、できるだけ静かな動作音のものを選ぶようにすることが大切です。

夜は多くの人が寝静まる時間帯のはずです。そんなときに「ブォーンブォーン」なんて動作音が部屋の中に響いていたら耳障りになりかねません。

よって動作音の静かなエアーポンプは必須アイテムなのです。動作音が静かで信頼と実績のあるエアーポンプと言えば水作の水心シリーズです。

水草を上手に育てるコツカテゴリの最新記事