リシアの育て方 ~水草水槽.com

水草 リシアの育て方

水草水槽.com

リシアの育て方

水草水槽.com>>種類別水草の育て方>>リシアの育て方

リシア
  • 学名:Riccia fluitans
  • 適応水質:弱酸性~弱アルカリ性 軟水~弱硬水
  • 適応温度:17℃~29℃
  • 育成難易度:普通
  • 二酸化炭素添加:必要


    リシアは水槽に緑の絨毯を敷き詰めたようなレイアウトを作り上げることができます。その水草絨毯にまばゆいばかりの気泡を抱いた姿に目を奪われない人はいないでしょう。

    気泡をつけたリシア

    リシアは分類学上ウキゴケ科に属しており、地中に根を張ることはなく自然界では水面に浮遊して生息しています。自然界では水面に浮いているため水中よりも多くの光を受けることができ、必要な二酸化炭素も空気中から取り入れられたのですがアクアリウムにおいては水中に沈めて使用するという無理を押し付けている面があります。そのような環境から水中でうまく育てるには水上と同じように高光量の確保と豊富な二酸化炭素の添加が効果的となります。

    リシアは一度水質に慣れてしまえば生長が早いのでその分多くの栄養を要求してきますがリシアは根を張らないため肥料分は液肥での投入が効果的で、肥料不足を起こすと葉が色あせた感じになり、光量不足では鮮やかさを失います。

    リシアを沈める

    リシアを綺麗に育てるコツは購入後すぐに沈めてしまうのではなく、水面に浮ばせておくことで元気を取り戻しながら水槽の水質に慣れさせ、ある程度生長が見られてから水中に沈めるといいでしょう。沈める方法はリシアネットにいれかぶせるように沈めるかもしくは小石などに縛り付ける方法などがあります。

    リシアネット

    リシアネットはショップなどで購入できますので購入後、写真のように少量のリシアを入れ、かぶせるように底砂に置いておくことで少しずつリシアが生長しネットの隙間から上に向かって伸びてきます。うまく育てるコツはネット内にたくさんのリシアを入れないことで、初めからたくさんのリシアを詰めてしまうと通水性が悪くなったり、リシア全体に光が届かなくて枯れてしまうリシアが出てきてしまいますので少量のリシアでのびのびと生長させるようにします。

    はじめのうちはリシアネットが見えていて見た目はあまりよくありませんが二酸化炭素の添加と高光量の確保で数週間すれば緑の絨毯ができあがります。しかし鮮やかな緑の絨毯を長期的に維持するには定期的なメンテナンスを欠かすことができません。リシアはウキゴケ科に属するように浮力をもっていますので生長して量が増してくるとその浮力もかなりのものになってきます。そしてそのまま放置をしておくといつかはネットごと浮き上がってしまい、気がつくと水面を漂っていたなんてこともあります。

    リシアネットをamazonで購入
    リシアネットを楽天で購入

    リシアのトリミング

    そのようなことにならないようにするには定期的にトリミングをおこないボリュームを抑える必要があります。リシアのトリミングは特にどの部分をカットするといった決まり事はなく、レイアウトを崩さないように細目にカットしていくといいでしょう。トリミング時には細かなリシアの破片がでますのでその破片がフィルターに吸い込まれると目詰まりの原因になりますのでトリミング時は一時的にフィルターを止め、ネットですくったりホースで吸い出すようにしてリシアの破片が残らないようにしましょう。

    リシアの苔対策

    ビーシュリンプとリシア

    リシアには高光量と豊富な二酸化炭素そして液肥が効果的ですがそのような環境は苔の繁殖にも適した環境となるため一度苔が発生しだすとやっかなことになってしまいます。そのためには苔対策ようにメンテナンスフィッシュやエビ類などをタンクメイトとして入れておくといいでしょう。リシアと相性のいいエビはビーシュリンプやミナミヌマエビなどで特にレッドビーシュリンプの紅白とリシアの鮮やかな緑と気泡の組み合わせは素晴らしいものがあります。

    レッドビーシュリンプをamazonで購入
    レッドビーシュリンプを楽天で購入

    ミナミヌマエビはビーシュリンプよりも苔の掃除能力に優れる面やビーシュリンプよりも丈夫な面で重宝するエビと言えるでしょう。またサイアミーズフライングフォックスやオトシンクルスなども苔対策フィッシュとして入れておくといいかもしれません。

    サイアミーズフライングフォックスをamazonで購入
    サイアミーズフライングフォックスを楽天で購入

    このページのTOPへ

    PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

  • PR

    有茎水草

  • 金魚藻の上手な育て方
  • アマゾンチドメグサの育て方
  • ハイグロフィラポリスペルマの育て方
  • ハイグロフィラロザエネルヴィス育て方
  • ロタラ・インディカの育て方
  • パールグラスの育て方
  • ラージパールグラスの育て方
  • マヤカの育て方
  • グロッソスティグマの育て方
  • ウォーターバコパの育て方
  • ニードルリーフの育て方
  • グリーンロタラの育て方
  • ブリクサ ショートリーフの育て方
  • カボンバの育て方
  • アナカリスの育て方
  • ウォーターウィステリアの育て方
  • マツモの育て方
  • アンブリアの育て方
  • ルドウィジアオバリスの育て方
  • バコパモンニエリの育て方

    ロゼット型水草/地下茎水草

  • アマゾンソードの育て方
  • エキノドルステネルスの育て方
  • ミクロソリウムの育て方
  • ヘアーグラスの育て方
  • チェーンアマゾンの育て方
  • コブラグラスの育て方
  • アヌビアス・ナナの育て方
  • 着生水草

  • ウィローモスの育て方
  • 浮漂水草

  • ホテイアオイの育て方
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む