ガラス面に付着するコケ 水槽の状況によって変わる原因と対策

ガラス面に付着するコケ 水槽の状況によって変わる原因と対策

ガラス面に付着するコケ 水槽の状況によって変わる原因と対策

茶ゴケ
茶ゴケ

ガラス面に付着するコケには茶色くヌルヌルしたものや緑色のスポット状のもの、明るい緑色の糸状のものなどさまざまなコケがあります。なぜ多種多様なコケが現れるのでしょうか?それにはそのときの水槽の水質が大きく影響します。水槽の環境によって変わるそれらのコケについて考えていきましょう。

コケが生えてしまったことをマイナス要素と取らずにコケの発生によって水質を測るバロメーターと考えるとコケも意外と水質管理に役立っているのかもしれません。

茶色くヌルヌルするコケ

硝子面に付着するコケの中で一番最初にお目にかかると言っても過言ではないコケが茶色くヌルヌルした感じのコケで拭くとすぐに落ちるコケです。このコケはろ過バクテリアの繁殖と大きな関係があり、ろ過バクテリアが活発でない立上当初の水槽に現れます。

その証拠にバケツに水を張って放置しておくと数日後にはバケツの内側がヌルヌルしだし、数週間後には茶コケが発生します。よってこのコケが発生する水槽ではバクテリアの繁殖を活発にするような対策を行うことが最優先となります。

コケを無くすだけの目的ならオトシンクルスなどを入れることにより綺麗に舐め取ってくれますが、このコケがいつまでもなくならないような水質を続けるとやがて茶色くふわふわした感じのコケが増えだします。

茶色くふわふわした感じのコケが増えだすようだと水質は悪化に向かっているサインですので早急な対策が必要となります。これらのコケについてまとめると茶色くヌルヌルしたコケは水質安定の通過点ですがふわふわは要注意となります。

緑色の糸状コケ

次に見かけるコケが緑色の糸状のコケですが、このコケは栄養過多や光量過剰なときに現れることが多いようです。このコケが現れるようでしたらまず確認しなければいけないことが直射日光の差込です。

窓際などに置かれている水槽で時間の経過とともに直射日光が差し込むようでしたらカーテンなどで日光を遮るような対策が必要となります。

もう一つが照明の点灯時間です。水草育成における照明の点灯時間は8時間~12時間程度で毎日決まった時間に点灯させておく必要があります。

不規則な生活にあわせて毎日点灯時間がばらばらになってしまうような管理をしているとこのようなコケの発生原因となります。

また必要以上の肥料の投入も水草が吸収しきれず、あまった栄養がコケの生長を助長させこのコケが発生しやすくなります。もし肥料投入による疑いが強いときは肥料の投入回数や量を減らすことにより対策をおこなってください。

スポット状のコケ

最後に濃い緑色をしたスポット状のコケがガラス面につくこともありますが、これは水質が安定している水槽でも発生するコケですのでそんなに水質に対して心配することはありません。

見た目にあまりよくないので定期的にスポンジなどで掃除することをお勧めします。あまり長期間放置しておくと取り難くなるコケでもありますので注意してください。

水槽の藻・コケ対策カテゴリの最新記事