水草トリミングのコツとテクニックをマスターして綺麗な形のレイアウトを維持

水草トリミングのコツとテクニックをマスターして綺麗な形のレイアウトを維持

水草水槽.com

水草トリミングのコツとテクニック

水草水槽.com>>水草の植え方・レイアウト・トリミング>>水草トリミングのコツとテクニックをマスターして綺麗な形のレイアウトを維持


水草のトリミング水草のトリミングにはテクニックやコツがあります。

「水草が伸びてきたからとりあえずカットしておこう」ではなかなか理想の形の水草水槽レイアウトを作り上げることはできません。

水草トリミングのちょっとしたテクニックやコツを知っているだけでレイアウト作成に幅が出てくるのです。

そんな水草トリミングのテクニックやコツをご紹介いたします。

水草トリミングの基本的テクニック

水草のトリミング手法には基本的に3つの方法があります。

その3つの手法とはピンチカット(刈り込み)、差し戻し、複合カットと呼ばれるもので、それぞれの特徴を順にご説明いたします。

ピンチカット(刈り込み)
ピンチカットはレイアウトの完成度を高めるためやレイアウトを維持するために行うトリミング方法です。

ピンチカットのメリットとしてカットした水草から複数の脇芽がでるので密生したレイアウトを作りやすい、水草の植え込みの手間がないため簡単で手間がかからないなどが挙げられます。

デメリットとしてはトリミング直後は切断面が露出しやすいので見た目が悪くなる、長期的に繰り返すと水草が老化して弱体化するなどです。

そんなピンチカットのデメリットをカバーするトリミング手法が差し戻しです。

差し戻しはピンチカットに比べて手間がかかりますが、見栄えの良い部分を植えなおすので切断面が露出されずレイアウトを綺麗に保てるというメリットがあります。

差し戻しの作業はまず始めに伸びた水草を丁寧に根ごと引き抜きます。

抜いた水草の頭を揃えながら理想の長さにカットし、下の方の葉を取り除き、底床に植えこみやすいようにします。

その後、数本をまとめてもともと水草が植わっていた場所に植え直せば完成です。

ピンチカットと差し戻しの複合カット
後景の有茎系水草をピンチカットし、前景にカットした水草を指し戻すことによって水草のボリュームを一気に増やせる方法です。

前景に植えた水草で後景水草の切断面を隠すことができるのでトリミング直後でも見た目が気になりません。

ただ、ピンチカットの長さが短いとボリュームを増やすことは出来ますが、切断面を隠すことが出来ませんので注意が必要です。

これが有茎系水草の基本的なトリミングテクニックです。

さらにウィローモスなどのコケ植物やアマゾンソードなどのロゼット型水草にはそれぞれトリミングの方法があります。

簡単にまとめてしまうとウィローモスは厚みが出すぎる前に薄くするようにカットします。

カットする箇所はどこをカットしても問題ありません。

カットして余ったウィローモスをさらに流木などに巻きつけておくだけで増やすこともできます。

ロゼット型の水草は古くなった外側の葉の根元からカットするのが基本的なトリミングです。

一枚葉の途中からカットしてしまうと残された葉は生長が止まり、コケが付きやすくなってしまいます。

水草トリミングのコツは目的から考える

水草トリミングのコツはトリミングを行う目的をはっきりさせることで掴むことができます。

トリミングを行う目的にも色々あり、水草のボリュームをアップさせる、逆にボリュームを抑える、枯れ葉やコケのついた葉を取り除く、意図しない伸び方をした水草を整えるなどが挙げられます。

水草のボリュームをアップさせるトリミングとは先にご紹介しましたピンチカットや差し戻しになります。

逆にボリュームを抑えるトリミングとは伸びすぎて他の水草に影を作ってしまう葉や増えすぎて通水性が悪くなっている水草などを間引くことです。

有茎系水草では水面に到達してしまったものや密集し過ぎて育ちが悪い茎などをカットしていきます。

伸びた水草は水面に達すると水上に抜けて水上葉になるものや水面をなびくように覆うものがあります。

水面をなびくように覆われてしまうと他の水草に光が当たらなくなってしまいますのでトリミングが必要となります。

グロッソスティグマやヘアーグラスなどの前景水草では重なり合い、厚みが出てしまうと下の方の葉に光が当たらず枯れてしまったり、通水性が悪くコケが生えてしまったりします。

そのような状態になる前にトリミングにてボリュームを押さえておくと水草のトラブルが起きにくくなります。

ウィローモスなどでも同じように厚くなりすぎる前にトリミングにてボリュームを抑えるようにします。

枯れた葉やコケの付いた葉をこまめに取り除く作業もサボると水質の悪化やコケの蔓延に繋がってしまいますので定期的に行いたい作業です。

意図しない伸び方をした水草のカットについては説明するまでもないでしょう。

このようにトリミングの目的を明確にして作業を行うことがトリミングのコツを掴む方法なのです。



水草の植え方・レイアウト・トリミング関連記事

  • 鉛巻き水草の植え方 おもりとして使われている鉛はそのままでは害!?
  • 鉛まき水草 水草を購入すると鉛で巻いて沈みやすくしてあるものがあります。そのような水草はそのまま水槽内の底砂に植え込んでいいのでしょ>>続きを読む


  • 水草のトリミングハサミはダイソーなどの100均のハサミで代用可能?
  • 水草のトリミング 水草のトリミングで使用するハサミには水草トリミング専用のものがあります。しかし1500円~3000円位の価格帯であり購入に悩む人>>続きを読む


  • 水草カットの仕方・水草のトリミング方法とメンテナンス
  • 水草のトリミング 水草育成において伸びすぎた水草をカットし、水景を維持することをトリミングと呼びます。水草のトリミングにはさまざまな理由と>>続きを読む


  • 水草トリミングのタイミングと時期 水草水槽のレイアウト管理
  • グロッソスティグマの絨毯 水草の種類別にトリミングのタイミングと時期についてご紹介いたします。水草トリミングのタイミングと時期はトリミングを行う目>>続きを読む


  • 水草トリミング後の作業と水槽白濁の関係
  • トリミング後の白濁 水草のトリミング後にやっておきたい作業とトリミング後に起こる白濁の関係についてご紹介いたします。水草のトリミング作業は水>>続きを読む


  • 水草の再利用 トリミングなどで余った水草の活用法
  • トリミングで余ったラージパールグラス 成長の早い有茎系水草などを管理していると水草が元気に育てば育つほどトリミング作業に追われたり、逆に水草がうまく育たずにコ>>続きを読む


  • 水草が部分的に溶ける・腐る 水草のストレスとトリミング
  • 溶け始めたウォーターバコパ 水草を育てていると育成環境は問題が無さそうなのに、なぜだか水草が部分的に溶け出してしまうことがあります。『水草が溶ける』>>続きを読む


  • 自然な感じの水草水槽レイアウトを作る三大要素・初心者でもすぐできるレイアウトのコツ
  • 水草レイアウト 見様見真似で初めてみた水草水槽レイアウト。やってみると意外とこれが難しいもので、ネットやショップなどで見かけるような自然>>続きを読む


  • 初心者でも作りやすい有茎水草レイアウト 植え方とトリミングの方法
  • 水草レイアウト 多くの水草の中でも有茎水草は種類が多く、その色彩や形状が豊かなのでレイアウトに取り入れることで華やかな水景を簡単に作るこ>>続きを読む


  • 水草水槽レイアウトで流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編
  • 水草と流木 『流木の魅力』こんなことを語る人はアクアリウムをされている方でもそんなに多くはないでしょう。確かにアクアリウム水槽ではそ>>続きを読む


  • 60cm水槽で作る石組み水槽レイアウトの作り方とコツ
  • 石組みレイアウト 石組み水槽レイアウトでイメージするのが、大きな水槽に大きな石を数個配置し、雄大な光景を作り上げている水景でしょう。そんな>>続きを読む


    関連サイト
    熱帯魚飼育情報 熱帯魚水槽.com
    メダカ飼育情報 メダカの飼い方.com
    金魚飼育情報 金魚の飼い方.com
    カメ飼育情報 カメ飼育.com

    カテゴリー

    水草育成の基礎知識
    水槽立ち上げ準備
    種類別水草の育て方
    水槽の水換えと掃除
    水草レイアウト・トリミング
    水槽の藻・コケ対策
    ミナミヌマエビとヤマトヌマエビ
    水槽の貝スネール・タニシ

    よく読まれている記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件
  • コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用さ>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介
  • 水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどとい>>続きを読む