水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について アクアリウム情報サイト水草水槽.com

水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について

水草水槽.com

水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について

水槽内からアンモニアが検出されなくなると次に検出されるものが亜硝酸になります。亜硝酸はアンモニアほど毒性は高くないですがエビなどの水質に敏感な生態には致命傷になることもありますのでやはり気にしなくてはならない問題です。

順調に硝化バクテリアが働きだすと2週間程度で検出されなくなるものですので、もしいつまでも亜硝酸が検出されるようでしたらバクテリアの繁殖に障害があることを疑ってみたほうがいいかもしれません。


珪藻水槽内で亜硝酸が検出されはじめる頃から珪藻と呼ばれる茶色い苔が発生しだします。珪藻は亜硝酸態の窒素分を好んで増殖するため、いかにこの時期に窒素分を除去できるかが珪藻を減らせる、または水質を安定させる鍵となってきます。

対策としてはフィルターのろ材に吸着性の高い活性炭を入れたり、換水の頻度を高め水中の窒素分を速やかに排出することが効果的です。

ろ過が順調に機能しだすと亜硝酸は速やかに硝酸に変化し水草に吸収されていきますが生態の入れ過ぎやろ過能力不足による蓄積は藻類の発生を招き、水草や熱帯魚にとっても望ましくない環境になってしまいます。よって定期的に硝酸の値を測定することもお勧めいたします。

硝酸の値としては2mgNO3-/?以下であれば良好な状態と言えます。5~10mgNO3-/?以下ですと栄養過多の状態で慢性的にこの状態が続くようですと生態の入れすぎが考えられます。20~45mgNO3-/?ではかなりまずい状態で、ろ過フィルターの増設や生態の移動など早急に対策をすることをお勧めいたします。

このように水質測定では水槽内のいろいろな情報を知り得ることができるため情報収集や定期チェックとして活用することをお勧めいたします。アンモニア、亜硝酸、硝酸ともに測定結果が良好であれば時間の経過とともに水質は安定へと向かいます。

テトラ テスト 亜硝酸試薬NO2

Amazonで購入
楽天市場で購入



最後に文章の途中で触れました珪藻の問題についても説明させていただきます。水質測定を行い、アンモニア、亜硝酸、硝酸ともに問題ないのになんだか茶色い苔に悩まされる事がありますがそれは窒素分が過剰になってしまっているからです。その窒素分はソイルなどに含まれる腐植酸や熱帯魚の糞などの分解時、餌の食べ残しの分解時、水草の肥料などさまざまな場所で生成されていますが水槽立上げ時は水草に勢いがないため処理しきれなくなり珪藻が増えてしまうのです。

水草が元気になり勢いが増してくると窒素分は吸収されるため珪藻には回らずに珪藻は消えていくのですがこの時期に勘違いをして水草の元気がないからと言って液肥などをいれてしまうと逆効果になってしまいますので注意してください。あくまでも水槽立上げ時は富栄養化になっているとの認識をお忘れなきように。


お勧め記事


PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

PR

よく読まれている記事

  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件

    コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除

    スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温

    ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介

    水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法

    水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

    ウィローモス ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • オトシンクルス飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳

    オトシンクルス オトシンクルスの寿命は水槽飼育下で3年と言われています。その寿命を全う出来ずに短命で終わって>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    茶ゴケ アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

    エアレーション アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法

    二酸化炭素 ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス

    オトシンクルス どっちがお勧めシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第>>続きを読む


  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編

    流木レイアウト 『流木の魅力』こんなことを語る人はアクアリウムをされている方でもそんなに多くはないでしょう。>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由から点滴法まで

    ミナミヌマエビ 熱帯魚や金魚、メダカやエビ類など水棲生物を水槽に投入する際には、水合わせをすることが当たり前>>続きを読む


  • どっちがおすすめ⁈ミナミヌマエビの屋内飼育と屋外飼育

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビを飼育するのに屋内の水槽で飼育するのと屋外で飼育するのではどのように違うのか?>>続きを読む