カボンバの育て方と増やし方 ~水草水槽.com

カボンバの育て方と増やし方

水草水槽.com

カボンバの育て方

水草水槽.com>>種類別水草の育て方>>カボンバの育て方

金魚藻として知られるカボンバ

カボンバ

  • 学名:Cabomba caroliniana
  • 適応水質:酸性~弱酸性 軟水~中硬水
  • 適応温度:15℃~28℃
  • 育成難易度:やさしい
  • 二酸化炭素添加:あったほうがいい

    カボンバはカモンバとも呼ばれ日本では古来より金魚藻として金魚やメダカ水槽のアクセントとして用いられてきました。そのせいか金魚の餌や隠れ家程度として扱われ枯れたら新しいものを投入するようなスタイルで考えられる事が多く、カボンバは現在の水草水槽と言われる水槽ではあまりレイアウトに使用される事は少ないようです。 ただ今一度カボンバを見直してみると細く繊細な葉にライトグリーンの色合いが魅力的な水草である事に気づかされます。


    カボンバの育て方

    カボンバを育てるための適性水温は15℃〜28℃程度とされpHは5.5〜7くらいとされています。日本の水は幸い水草育成には適したpHを保っている地域が多いため気をつける点は水温と光量になります。

    熱帯魚水槽では必然的に水温の管理をヒーターなどで行いますが金魚水槽などでは水質を浄化する濾過フィルターや金魚に酸素を送る通称ブクブクと言われるエアレーション程度の設備が主流で水草が育つための環境には少し物足りない事が多いようです。

    カボンバなどの金魚藻と言われる水草は水中で生活をしていますが植物である以上光合成を行わなければ生長は出来ません。よってカボンバをそだてるためには光合成に必要な光と二酸化炭素、そして光合成を活発にするための水温と水質の管理、さらには水草の栄養となる肥料分が必要になってきます。

    まず光量では屋内の水槽で育成をするのであれば最低20W2本、出来れば4本程度の照明が必要になってきます。次に肥料分ですがカボンバは水草の中では肥料要求量の多い水草ではありませんので熱帯魚や金魚などが入っている水槽でバクテリアの働きがしっかりしていればあまり気にしなくても生長はしてくれますが元気良く色鮮やかに育てたいのであれば根元に底砂用の肥料を与えてあげるといいでしょう。

    水草用の照明をamazonで購入
    水草用の照明を楽天で購入

    水草の肥料をamazonで購入
    水草の肥料を楽天で購入

    カボンバの植え方

    カボンバ

    カボンバはショップなどで鉛巻きで売られている事が多いですが鉛巻きのまま水槽に投入するのはあまりお勧め出来ません。

    理由としまして鉛で巻かれた部分は巻き方によっては圧迫されている事があり茎の繊維が潰されているとそこから腐ってしまう事もありますので購入後は鉛を外し水で汚れや農薬を洗い流し、枯れた部分などがあったらカットしておきます。

    次に底砂に埋め込むために下葉をふた節分ほどカットして茎だけの状態にし底砂に埋め込みます。底砂も出来れば大磯砂よりはソイルなどの方が根付きもよく栄養分もあるためお勧めです。


    カボンバの増やし方

    カボンバは有茎系の水草のため茎の途中からカットして埋め直す事で増やす事も出来ますがあまりトリミングに強い水草ではないようですので水面まで元気に伸ばしてあげて脇芽を沢山出すようになったらその部分をカットして差し戻すようにするといいかもしれません。

    この時の注意点としては切れのいいハサミなどを使い水草の繊維を潰さないようにカットすることと最低でも10cm程度は残し、あまり短くカットしないことです。

    水草はトリミングを行うと一時的にダメージを受けて生長が止まってしまうものがありその際に体内に溜め込んだエネルギーを使用して生命を維持します。よってあまり短くカットしてしまうとエネルギーが足りずに根付く前に溶けたり枯れたりしてしまう事にもなり兼ねません。

    カボンバの種類

    イエローカボンバ一般的にカボンバと言う名前で売られているカボンバは一番育てやすい種類となりその他にもカボンバにはレッドカボンバやイエローカボンバなどがありますがこれらの方が育成は格段に難しくなります。

    育成は難しいですがイエローカボンバ、レッドカボンバともに状態良く育てると非常に綺麗な発色をしますので一度は育てていただきたい水草でもあります。

    まずは一番メジャーなカボンバを上手く育てられるようになったらこれらのカボンバに挑戦してみるのも面白いかもしれません。

    イエローカボンバをamazonで購入
    イエローカボンバを楽天で購入

    レッドカボンバをamazonで購入
    レッドカボンバを楽天で購入



    種類別水草の育て方

  • 金魚藻の種類と金魚藻の上手な育て方・増やし方
  • 金魚藻 金魚藻の種類と金魚藻の上手な育て方や増やし方を紹介しています。金魚藻とは水草育成がブームになる以前より金魚飼育に用いられて>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人なら必ずと言っていいほど一度は>>続きを読む


  • 金魚藻の代表種 マツモの育て方
  • マツモ マツモは環境適応能力の高さから世界中の河川や沼地に生息しており、水面下を靡くように茂っている姿を目にする事ができます。マツ>>続きを読む


  • アンブリアの育て方
  • アンブリア アンブリアは金魚藻の代表種として知られているカボンバに姿形が似ていますがカボンバよりも葉が細く繊細なイメージを持っている水>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用されている水草として知られている>>続きを読む


  • 浮き草 アマゾンフロッグビットとドワーフフロッグビットの育て方|室内・屋外
  • アマゾンフロッグビット 水槽やビオトープで初心者にも育てやすい浮き草として人気の高いアマゾンフロッグビットとドワーフフロッグビットの違いから育て方>>続きを読む


  • メダカ水槽におすすめ!浮草 サルビニアククラータの育て方 越冬と茶色くなる理由
  • サルビニアククラータ 巻き込むように立ち上がる独特な葉が特徴的な浮き草 サルビニアククラータ。メダカとの相性も抜群でおすすめの浮き草ですが、育て>>続きを読む

    よく読まれている記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件
  • コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用さ>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介
  • 水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどとい>>続きを読む