石巻貝は死んだらどうなる?石巻貝が動かない・寿命?

石巻貝は死んだらどうなる?石巻貝が動かない・寿命?

水草水槽.com

石巻貝は死んだらどうなる?石巻貝が動かない・寿命?

水草水槽.com>>水槽の貝スネール・タニシ>>石巻貝は死んだらどうなる?石巻貝が動かない・寿命?

石巻貝石巻貝が動かない。死んでいる?寿命?石巻貝は死んだらどうなるのだろう?

そんな石巻貝の状態や寿命についてご紹介いたします。


石巻貝の寿命

石巻貝の寿命は水槽飼育下では1年程度と言われています。

さらに購入時の石巻貝の大きさ(孵化してからの経過月日)によってはもっと短くなってしまうことさえあります。

石巻貝の寿命を初めて知る人にとってみれば1年は意外と短い期間かもしれません。

水槽飼育下では繁殖が難しいため増やして子孫繁栄させていくこともできません。

要するに考え方によっては石巻貝は短期間の使い捨てコケ取り生体と言われても仕方のない存在なのです。

石巻貝を購入する際には、短命な石巻貝とどのように付き合っていくかを考えて購入する必要があるでしょう。

石巻貝を水槽で飼育していると短期間で全滅してしまったり、まとまって数匹死んでしまうようなことがありますが、そのような時は寿命よりも飼育環境を疑うべきです。

寿命というものは個体差が必ずありますのでまとまって全滅などということはありえません。

他の石巻貝は元気に動いているのに1匹だけ死んでしまったなんていう時は寿命の可能性もあるでしょう。

石巻貝は死んだらどうなる

寿命であれ、飼育環境の問題であれ、石巻貝は死ぬとどうなるのでしょうか。

熱帯魚などと違い石巻貝は殻にこもってしまうこともありますし、一時的に動かなくなることもありますので死んでいるかどうか見極めるのも少々困難な時もあります。

いつまでも動かず怪しいと感じたら一度水槽から取り出してみましょう。

石巻貝を水槽から取り出して鼻を近づけてみると腐敗臭がしていたら死んでいます。健康な石巻貝は腐ったような臭いを放つことはありません。

死んでしまったことに気がつかず放置しておくと腐敗が進み、水質の悪化を招きますのですぐに水槽から取り出さなければなりません。

よって常日頃から石巻貝の様子をチェックしておくようにしましょう。

石巻貝が動かない原因

石巻貝は死んでしまったらもちろん動きませんが、「動かない=死んでいる」わけではありません。

石巻貝が全く動かない時には石巻貝が動かない理由が必ずありますのでその理由が石巻貝にとって良くないことでしたら対策をしてあげる必要があります。

石巻貝は水質が合わないと動きが鈍くなり、殻にこもってしまうことがありますので石巻貝が好む水質を把握し、維持してあげるようにしましょう。

石巻貝が好む水質とは硬度が高めな弱アルカリ性の水質になります。

水槽内が水質の悪化により酸性に傾きすぎると調子を崩したり、最悪の場合殻がもろくなってしまうこともあります。


また、水槽内に攻撃的な熱帯魚がいると警戒して殻にこもったままになってしまうこともあります。

そのような時には熱帯魚と石巻貝の隔離を検討する必要もあります。

低水温と高水温の影響

ヒーターを使用し、水温を一定に保っている水槽であれば問題ありませんが、ヒーター不使用の水槽ですと水温の問題も関係してきます。

冬場であれば10度以下、夏場であれば30℃をこえるような水温は石巻貝の適正水温から外れた水温となり、動きが鈍ることもあります。



水槽の貝スネール・タニシ 関連記事

  • タニシの繁殖 ピンク色や透明の卵はタニシではない!?それならメダカの卵?
  • タニシ ネットでタニシの卵を調べるとピンク色の卵や透明の卵の画像や写真を多く見かけますが、あれは正確にはタニシの卵ではありません。また>>続きを読む


  • 本当にタニシ!?タニシの種類と似た巻貝の違い
  • タニシ 水槽やビオトープに突如現れる巻貝。子供の頃に用水路などで見かけたタニシに似ているけれどタニシなのか?日本に棲息するタニシの種類>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどという事例があるようですが、タニシは本>>続きを読む


  • 水槽内の小さなナメクジ?プラナリア退治
  • プラナリア アクアリウムをしているとたまに見たことのない生物が水槽内を泳いだり、這い回ったりしているのを見かけることがあります。その種類も>>続きを読む


  • 水槽内に白い粒 石巻貝の卵対策 駆除・除去方法 卵を食べる生体は?
  • 石巻貝の卵 水槽の硝子やレイアウトの石などに気が付くと白い粒粒。水槽内に石巻貝をコケ取り用として入れているのでしたら、その正体は石巻貝の卵>>続きを読む


  • 石巻貝飼育で気になる餌不足・水合わせ・ひっくり返る
  • ひっくり返る石巻貝 石巻貝はコケを食べる生体だけど水槽内では餌不足にならないのか。熱帯魚やメダカなどと同じように水槽投入時には水合わせが必要なのか。>>続きを読む


    よく読まれている記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件
  • コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用さ>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介
  • 水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどとい>>続きを読む