どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス 混泳や大きさ・寿命

どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス 混泳や大きさ・寿命

水草水槽.com

どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス

水草水槽.com>>水槽の藻類・コケ対策>>どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス 混泳や大きさ・寿命

オトシンクルスどっちがおすすめシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第二弾はオトシンクルスとサイアミーズフライングフォックスについて書いていこうと思います。

コケ取り能力はもちろんのこと、混泳適正や大きさ・寿命なども比較してみましょう。

ちなみに前回のどっちがお勧め⁈ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較も時間がありましたら合わせてお読みください。


オトシンクルス、サイアミーズフライングフォックス、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ。これらの生体の名前を知っている方はアクアリウムにおいて一度はコケに悩まされた事のある方ではないでしょうか?

オトシンクルスやサイアミーズフライングフォックスを知ってから彼らの餌は実は水槽に生えてくるコケなんですと知るよりは水槽にコケが生えて来た。

どうにかしたいと調べているうちにコケ取り生体やコケ対策生体とも言われる彼らの存在を知ることが多いのではないでしょうか。

そうなるとコケ対策に効果があることは確かなようだが、どのような熱帯魚なのだろうか?混泳には向いているのか?どのくらい大きくなるのか?寿命は?など水槽に入れる前に知りたいことがどんどん増えてくるはずです。

そんなオトシンクルスとサイアミーズフライングフォックスについての疑問に対してなんとなく比較しながらご紹介いたします。

出だしから拍子抜けのような「なんとなく」といった表現で申し訳ありません。

タイトルからもどっちがお勧め⁈などと徹底比較のようなタイトルにしてしまいましたが、オトシンクルスとサイアミーズはどちらかを選んでと言うよりもお互いのメリットを活かしつつ、混泳させるのも一つの方法なのです。

そんなお互いのメリットと違いを含めてなんとなく比較しながら話を進めていきましょう。

オトシンクルス

オトシンクルスオトシンクルスはペルーやブラジルなど南米原産の小型ナマズの一種で、水槽内に蔓延るコケのクリーナーフィッシュとしてアクアリウムの世界でメジャーとなりました。

水槽のガラス面などに吸い付いてコケを食べたりもするので、コケを舐めとるように食べる口がモゾモゾと動く姿はなんとも可愛らしいものです。

サイアミーズフライングフォックス

オトシンクルス一方のサイアミーズフライングフォックスはタイやインドネシアなどの東南アジア原産のコイ科の仲間で、オトシンクルスのようにコケを舐めとるのではなく、細い口でついばむようにコケを食べます。

その為、サイアミーズが好むコケは糸状コケやハケ状コケなどのモフモフしたコケとなります。

このようにオトシンクルスとサイアミーズでは好むコケも違ってくるので餌を取り合う訳でもなく、小競り合いのような喧嘩をすることもありません。

水槽内ではお互いに担当がハッキリ分かれており、あたかも分業でコケ対策にあたってくれているかのようにさえ思えるくらいです。

その為、混泳には適しており双方を一緒に入れておいても全く問題はありません。


多種との混泳

オトシンクルスとサイアミーズの混泳は可能。それではネオンテトラなどのカラシンやメダカ類などの熱帯魚との混泳はどうなのでしょうか。

オトシンクルスもサイアミーズもコケを食べることに夢中で他の熱帯魚やエビなどには無関心とも言えるほど温和な性格なので、逆に多種を攻撃するような熱帯魚や水質が全く合わない熱帯魚でなければほぼ混泳は可能となります。

食欲と大きさ

オトシンクルスオトシンクルスもサイアミーズも常に餌を探しながら水槽内を右往左往しているイメージの強い熱帯魚ですので食欲は旺盛と言えるでしょう。

ただ、食べるコケの種類や品種の特徴からサイアミーズフライングフォックスの方が大きくなります。

どちらも水槽内にあるコケの量、餌の量に比例して成長していくスピードは変わりますが、餌が豊富にある条件下での話で考えてみましょう。

オトシンクルスはお腹をパンパンに膨らませて満腹感満載で泳いでいる姿をよく見かけます。

しかし、消化が遅いのか吸収が弱いのか定かではありませんが成長スピードはさほど早いとは言えません。

逆にサイアミーズフライングフォックスはモリモリ食べて見る見るうちに大きくなっていくのがわかります。

オトシンクルスは最大でも5cmくらいにしかならず、さらにスリムな体型は常に維持する熱帯魚ですのでどんな水槽でも大きくて違和感を感じることはないでしょう。

そのような面ではサイズ的な混泳適性も小型カラシンなどとも相性がいいと言えます。

水槽内を眺めているとガラス面や水草の影にこっそりいるような感じで存在感を前面に押し出してくるような感じではありません。

そのような可愛らしさの点ではサイアミーズは勝ち目はないかもしれません。食べれば食べるほど大きくなり、最大では10cmを軽く超えて来ます。

よって大きくなると存在感はあり過ぎるくらいで可愛らしい存在というよりは頼もしい存在となります。

ただ10cmを超えるほどの成長にはそれなりの餌の量と年月がかかりますので購入後、数ヶ月ですぐに大きくなり過ぎて困ってしまうようなことはありませんので通常の60cmの水草水槽でも十分に飼育は可能です。


コケの除去能力

オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックスでは食べるコケの種類が違うので一概に比較はできませんが、見た目的な面で言うとコケの除去能力ではサイアミーズフライングフォックスが特に優れています。

オトシンクルスも一生懸命ガラス面に発生したコケを舐めとってくれるのですが、大量に発生してしまった糸状コケがサイアミーズフライングフォックスのおかげでなくなったときの有り難みは桁違いです。ある意味感動さえ覚えたことさえあります。

水温と水質

最後に水温と水質に対する飼育難易度を考えてみましょう。まず水温に対しては原産地を思い浮かべてください。

オトシンクルスは南米アマゾン川周辺を原産地としている為、低温には弱い面があり、日本の気候ではやはりヒーターを設置していない水槽での飼育は困難となります。

サイアミーズフライングフォックスは東南アジア原産ですのでアマゾン川などの南米に比べれば日本の気候に近い環境で生息しています。

よって水草が育つ環境であれば多少の低温でも耐えることはできます。

水質に対してもコイ科という強みもあり、非常にタフでよっぽどのことがない限り水質の悪化や急変で死んでしまうような事は無いでしょう。

オトシンクルスは水質にはデリケートな面を持ち、水換えや購入時などの水質が大きく変わる時に病気になったり、ぽっくりといってしまうこともありますので水質管理には十分気を使ってあげましょう。

また過度な水温上昇による酸欠状態にも弱い面がありますので真夏の高水温にも注意しましょう。

水槽の設置してある環境にもよりますが水温対策に水槽用クーラーやファンなどをしっかり活用して水温維持に努めましょう。

少々デリケートだけれども愛嬌のあるオトシンクルスとタフでバリバリ働くサイアミーズフライングフォックス。どちらのコケ取り生体が好みでしょうか。


サイアミーズフライングフォックス

Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入




画像で判別 コケの種類

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • ウィローモスに付着する茶ゴケ ガラス面や外部フィルターのホースなどあらゆる場所に発生し薄茶色でさわるとぬるぬるした感じがするこの茶苔は水槽セット初期などに>>続きを読む


  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 藍藻 水槽の底砂やウィローモスなどに付着している緑色のべとべとした感じの苔は藍藻(らんそう)と言い、藍藻は正確には苔ではなく原核生>>続きを読む


  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • ハケ状のコケ 黒いハケ状の苔はアヌビアスやアマゾンソードなどの成長の遅い葉の淵や吸水口、排水パイプなどの水の流れがあるところに発生しやすい>>続きを読む


  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • スポット状のコケ 水質が安定してきた水槽などでもガラス面に気がつくとスポット状の苔が付着していることがあります。水槽の環境にもより1ヶ月くらい>>続きを読む


  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • 明るい糸状のコケ 明るい緑色の糸状のコケは意外と生長の早い水草の上部やガラス面に付着することが多いようです。この苔の特徴としては栄養分豊富で明>>続きを読む


  • ガラス面に付着するコケ 水槽の状況によって変わる原因と対策
  • 茶コケ ガラス面に付着する苔には茶色くヌルヌルしたものや緑色のスポット状のもの、明るい緑色の糸状のものなどさまざまな苔があります>>続きを読む


  • 茶ゴケ発生の原因メカニズムと除去・対策
  • ガラスに付着する茶苔 アクアリウムにおける茶ゴケの発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていないと答えます。私もこの>>続きを読む


  • 水槽の硝子や水草に付く茶色い苔の対策方法
  • 水槽につく茶ゴケ この茶色い苔は水槽立上時の生物ろ過が活発になっていないときに現れる苔です。水槽内のろ過は物理的なろ過と生物ろ過に大きくわ>>続きを読む


  • 苔ブーム到来!嫌われるコケと好かれる苔
  • 苔 「苔とは?」と尋ねられたらどのようなイメージを連想されるでしょうか?小さい・かわいい・癒されるなどの好印象でしょうか?そ>>続きを読む

    コケ対策関連記事

  • 効果と効率!水槽のコケ掃除・コケ取りにおすすめの方法・グッズ
  • コケ掃除 「水槽は必ず汚れるもの」、「コケは必ず生えるもの」ですので必然的に水槽の掃除・コケ取りは必ず行うべき作業であるものです。>>続きを読む


  • 黒髭コケを食べるサイアミーズフライングフォックスの習性と悩み・見分け方
  • サイアミーズフライングフォックス サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状コケや黒ひげコケ、緑色の糸状コケなど様々なコケをついばむように食べてくれるコ>>続きを読む


  • サイアミーズフライングフォックスの混泳 エビ・メダカ・金魚は大丈夫?
  • サイアミーズ サイアミーズフライングフォックスと言えば水槽のコケを掃除してくれるコケ取り生体。そのサイアミーズフライングフォックスは熱帯>>続きを読む


  • オトシンクルス飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳
  • オトシンクルス オトシンクルスの寿命は水槽飼育下で3年と言われています。その寿命を全う出来ずに短命で終わってしまう場合には、もしかしたら>>続きを読む


  • オトシンネグロ飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳
  • オトシンネグロ オトシンネグロ(別名オトシンネグロス)の寿命を左右するとも言われる水合わせや水温・餌付けや混泳など飼い方の注意点をご紹介致>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なヌマエビを徹底比較。特徴から寿命・繁殖・好む水温や死因などをご紹介>>続きを読む


    よく読まれている記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件
  • コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用さ>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介
  • 水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどとい>>続きを読む