水槽内のろ過バクテリア 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由とろ過の仕組み

水槽内のろ過バクテリア 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由とろ過の仕組み

水草水槽.com

市販のバクテリアは意味がないと言われる理由

水草水槽.com>>水槽の水換え・掃除頻度を減らす 水草水槽の水質維持>>水槽内のろ過バクテリア 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由とろ過の仕組み

バクテリアネット上などで市販のバクテリアは入れても意味がないという言葉を見かけることがあります。

また極端な場合、市販のバクテリアを水槽内に投入すると水槽崩壊へ繋がるとさえ言われてしまうこともあります。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?それにはバクテリアの働きの仕組みと有効な活用方法を理解する必要があります。

上記のような状態になってしまうには理由があり、その理由を理解しないで闇雲に投入した結果がこのような状態を招くことになるのです。


まずはバクテリアの仕組みと必要性を説明いたします。

自然界には分解者と呼ばれるバクテリアが数多く存在しバクテリアの力によって水槽内の浄化作用は成り立っており、この自然浄化作用を窒素循環といいます。

アクアリウムにおける窒素循環とはバクテリアや水草、コケにより窒素化合物が生成、分解されていくプロセスのことをいいます。

水槽内では糞や枯草、餌の食べ残しなどの有機物は脱窒菌や光合成細菌などのBOD酸化細菌によって分解されます。

脱窒素菌の場合、バクテリアは好気下(酸素がある状態)では酸素を使いながら、また、嫌気下では硝酸塩のなかの酸素を使いながら有機物を分解しアンモニア、二酸化炭素、窒素などに変えます。

次にアンモニアは硝化菌の中のニトロソモナスを代表とするアンモニア酸化細菌によって分解されて亜硝酸へと変わります。

そして、亜硝酸は硝化菌の中のニトロバクターを代表とする亜硝酸酸化細菌によって分解されて硝酸塩へと変わります。

また、このとき有機物を分解した際に出るCO2を使いながら分裂を行います。

アンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌をまとめて硝化菌と呼びます。

このようなバクテリアの働きにより水槽内では水が浄化されていきますが、この一連の流れを作り上げることを水槽を立ち上げると言います。

水槽内でこの働きを活発にし、バクテリアを増やすにはバクテリアの住みよい環境を作らなければなりません。

熱帯魚や水草が住みよい環境はバクテリアが作ってくれますが、バクテリアの住みよい環境を作るにはしっかりとした知識をもって水槽管理を行う必要があります。

バクテリアが住みよい環境ができていれば市販のバクテリアを投入することでバクテリアが繁殖する期間を短縮でき、水槽の立ち上がりがはやくなり、その結果水槽内では水が汚れにくくコケなども蔓延しにくくなるのです。

しかし逆にバクテリアにとって悪い環境ができあがってしまっている水槽にバクテリアを投入するとバクテリアの死滅につながり、その死骸がさらに水槽内に蓄積し、油膜や水質悪化の原因になってしまいます。

この状態を体験した方にとってみれば市販のバクテリアの投入によって水槽が崩壊したと言うのもわかる気がします。

バクテリアも生き物ですので水道水のカルキやpHショック、急激な温度変化などでダメージを受けることがありますし、酸素を利用して分解をおこなうものにとっては酸素の欠乏もダメージとなってしまいます。

しっかりとバクテリアを育てることが水質管理へと繋がるのです。



水槽の水換え・掃除 関連記事

  • 水槽の水質が悪化する原因と水質改善・安定の為のろ過フィルター
  • 水質が悪化した水槽 水草育成にかかわらず水槽で生き物を飼育するときは当たり前のようにフィルターを設置しています。誰でも知っていますがフィルタ>>続きを読む


  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 茶ゴケが付いた水草 よくある質問で水換えを頻繁におこなっているのですが茶苔がいっこうに無くなりませんという質問があります。これは茶苔の原因と>>続きを読む


  • 水槽水換えの最適な周期・頻度・量
  • 水槽の水換えの作業 よく見る質問で水換えの周期はどのくらいが理想ですか?という質問がありますがこの質問に対して的確な回答は無いとおもいます。>>続きを読む


  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • アクアリウムと水道水 アクアリウムにおける水換えは水槽内の水質を維持、良化するために必要不可欠な作業ですがただ水を抜いて足せばいいというもので>>続きを読む


  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • フィルター掃除 水槽内の水質を維持するために欠かせないものにろ過フィルターがあります。ろ過フィルターは物理的ろ過と生物的ろ過を持ち合わせ>>続きを読む


  • 水槽の白濁りが取れない 原因と対策・白濁り解消法
  • 白濁り 熱帯魚や金魚、メダカなどを飼育していると水槽の水が白く濁る「白濁り」が起こることがあります。一時的なもので濾過フィルター>>続きを読む


  • ろ過バクテリアは入れすぎ注意!水槽内のバクテリアの正しい増やし方と定着
  • バクテリア ろ過バクテリアは水槽の水質維持には欠かせない存在。しかし、ただ闇雲に投入すれば良いというものではありせん。入れすぎれば水>>続きを読む


  • 物理濾過と生物濾過とは?仕組みとおすすめフィルター・ろ材
  • 生物濾過と物理濾過 コケ対策や水質維持の話になると必ず出てくる言葉が、物理濾過と生物濾過です。「物理濾過をしっかりしよう」、「生物濾過を上手>>続きを読む


  • 水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について
  • 珪藻 水槽の立上げ時期はアンモニア、亜硝酸、硝酸の発生が気になる時期です。水槽内からアンモニアが検出されなくなると次に検出され>>続きを読む


  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(水換え編)
  • 水槽の掃除と水換え 水草水槽を管理していく上でいつも1ヶ月程度は綺麗な感じなんですが何ヶ月も経つと苔だらけや水草が枯れてしまったりして断念し>>続きを読む

    よく読まれている記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件
  • コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用さ>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介
  • 水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどとい>>続きを読む