ニューラージパールグラスを水上栽培で増やす屋外育成とミスト式

ニューラージパールグラスを水上栽培で増やす屋外育成とミスト式

ニューラージパールグラスを水上栽培で増やす屋外育成とミスト式

ニューラージパールグラスの水上葉

ニューラージパールグラスを屋外で増やす水上栽培方法や室内でのミスト式水槽などについてご紹介致します。

この方法はニューラージパールグラスに留まらず、コブラグラス、ヘアーグラス、グロッソスティグマ、キューバパールグラスなど多くの前景草やグリーンロタラ、ウォーターバコパ、ハイグロなど有茎草にも適応可能です。

屋外育成、ミスト式問わず水草の水上葉栽培は水質の影響を受けにくいことやコケのトラブルに見舞われにくいことなどがメリットとなっています。さらに水草の水上葉の美しさも感じられる魅力的な育成方法でもあるのです。

ニューラージパールグラスの水上栽培

ニューラージパールグラスに限らず水草の水上栽培のコツは水を切らさないこととしっかりお日様に当ててあげることです。

水草の水上栽培適正時期は気温が20℃を超える春から気温が下がりだす秋までです。こう考えると意外と長い間屋外で楽しめる育成方法とも言えます。また水草の種類によって様々な花を咲かせるのも水草の水上葉を育てる魅力の一つです。

水上栽培のメリットは屋外で育成するため電気代を必要としません。デメリットは季節の影響を受けるため冬場には水上栽培は行えないということです。

また、水上栽培は水中での育成と違い虫による被害をうけることもあります。蛾や蝶などの幼虫による食害や細かい羽虫の付着などが起こることもありますが、そのような時には一度水草を水中に沈めてしまうことにより虫の駆除を行うことができます。

それではニューラージパールグラスの水上栽培方法について幾つかのパターンをご紹介いたします。

小さなボトルや小瓶などで育てる場合にはソイルを入れたボトルにニューラージパールグラスを植え、朝日のあたる場所に置きます。植え方のコツは極力深く植えることです。浅すぎると根張りが遅くなることや乾燥によって萎れてしまうこともあります。ニューラージパールグラスの葉がソイルから見え隠れするくらいが理想です。

植栽したばかりの時にはあまり強い光を当ててしまうと萎れてしまいますので注意が必要です。春であれば長時間当てても大丈夫ですが、気温が高くなる夏には朝日だけを当てる方法や遮光ネットで強い光を抑えながら当てるなどの方法を取ると良いでしょう。

他にもプラケースなどで大量に育てる方法もあります。プラケースで育てる場合にはソイルを入れてソイルのツラより1センチほど高いところで水がきれるように側面にキリなどで穴を開けます。

そうすることにより雨などで水嵩が増えても水草が水に浸水してしまうことがなく一定の水量を保つことができます。

そこにニューラージパールグラスを植えていきます。イメージ的には小さな田んぼみたいなイメージですね。植えるのが面倒な人は投げ込んでおくだけでも天気の良い日が続けばいつの間にか水上葉を展開しているくらいです。

ソイルだけでも育成は可能ですが、水草の固形肥料をソイルに入れておくと水草の生長スピードの違いを感じられます。

プラケースの蓋についてはまだ気温が低めの日があるような時には蓋をしておいた方がプラケースの中の温度が保てるため生長が良くなります。

逆に夏場には蒸れの原因にもなりますので蓋はしない方が良いでしょう。ただ蒸れない程度に定期的に蓋を開けて換気できるのであればプラケース蓋は強い光を遮光してくれるので水草の水上葉の色合いを鮮やかに保つ効果もあります。

水草の屋外育成は上手く環境を整えられればどんな育成スタイルよりも水草の生長を感じられる育成方法です。日に日に伸びていく水上葉の生長ぶりに驚かされるくらいです。

また、太陽光の当たり具合、強さなどでも季節ごとに水草の質感や色合いに変化が現れますのでその違いを楽しむのも面白いものです。水草の量が増えてきたら色々な環境で水草を育ててみてその違いを実感してみてください。

ミスト式で増やす水上栽培

ニューラージパールグラスを室内で増やすのであればミスト式がおすすめです。

ミスト式水槽とは水槽に水を張らずにテラリウムのようなスタイルで水草を育成する方法です。アクリル板やガラス蓋などで密閉された水槽内は湿度を高く保てるため水草にとって好ましい環境となるのです。

また、ミスト式のメリットは水草の水上葉を育てるため水草がコケに見舞われにくいことや水の浮力の影響を受けないため細かい水草や浮力のある水草を簡単にレイアウト出来るという点にあります。

ニューラージパールグラスならまだ良い方ですが、キューバパールグラスやウォーターローンなどの水草は植栽しても浮いてきてしまうというような問題の多い水草ですのでミスト式には向いている水草と言えます。

ミスト式であれば育成当初からレイアウトが作成できるためニューラージパールグラスを育ててからレイアウトを作るという手間が省ける上に温湿度管理がしやすいので季節を問わず行うことができます。

冬場の温度維持や夏場の高温対策などは必要となってきますが、それでも屋外育成に比べれば管理がしやすい育成方法と言えるでしょう。