黒髭コケを食べるサイアミーズフライングフォックスの習性と悩み・見分け方

黒髭コケを食べるサイアミーズフライングフォックスの習性と悩み・見分け方

水草水槽.com

サイアミーズフライングフォックスの習性と悩み

水草水槽.com>>水槽の藻類・コケ対策 除去>>黒髭コケを食べるサイアミーズフライングフォックスの習性と悩み・見分け方

サイアミーズフライングフォックス

サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状コケや黒ひげコケ、緑色の糸状コケなど様々なコケをついばむように食べてくれるコケ対策生体としてアクアリウムにおいては欠かせない存在となりつつあります。

そんなサイアミーズフライングフォックスの個体差による性格や特徴、さらにはサイアミーズフライングフォックスの見分け方などもご紹介いたします。



非常に大食漢であり一日中水槽内を泳ぎまわり、コケを見つけては食べてくれますのでコケの繁殖力がすごくコケだらけになってしまった水槽への投入により数日でコケを全滅させてしまうこともあります。

ただ購入後のサイアミーズには個体差があり、私の経験では購入後1ヶ月以上経ってもほとんどコケに手を出さない固体もあります。

なぜこのような個体差がでてしまうのか実験をしてみたところサイアミーズフライングフォックスには非常に強い仲間意識があり、水槽内に数匹いれると必ず数匹で群れるように行動をしています。

この群れる動作の中にはサイアミーズ同士の学習能力を共有する意味合いがあることも解ってきました。

実験的にとあるショップで購入したサイアミーズを4匹水槽内にいれて様子を見ましたが、1ヶ月以上経過しても4匹とも底砂近辺のコケにしか手を出さず水槽内の糸状コケやハケ状コケはほどんど変化が見られませんでした。

そこに別の水槽から数年飼い込んだサイアミーズを投入してみました。

このサイアミーズは私の水槽内でも常にコケをついばみ、非常に食欲旺盛な元気な個体で投入したコケ水槽ではすぐにコケに向かっていきついばみはじめました。

すると予想どおり最初に入れたサイアミーズ4匹も先輩の後を追うかのように団体行動をはじめ、今まで見向きもしなかったコケを食べ始めたのです。

その後、その水槽は1ヶ月間変化の無かったのが嘘のように2、3日でコケは全滅してしまいました。

後から入れたサイアミーズがほとんど食べてしまったのではと言う疑問もでるでしょう。

確かに食べていますが他のサイアミーズの行動スタイルが明らかに変化した事は事実で、これがサイアミーズ同士における学習能力なのです。

熱帯魚に餌を与える際にも慣れてくると人が近づくだけで熱帯魚は水面に寄ってきます。

これも学習能力の一つといえるように生物は生きるために本能的に学習をしていくもので、今回のサイアミーズの場合、仲間が食べているものに即発された形となったものと推測できます。

このようなことからサイアミーズをコケ取り用のメンテナンスフィッシュとして販売しているショップではベアタンクなどで入荷したものをまとめておくのではなく、コケの生えた水槽で、ある程度習慣づけをしたサイアミーズを販売していただくことを希望いたします。

また購入される際にも水草水槽などで元気良くコケをついばんでいる個体を見つけて購入されるようにするといいと思われます。

サイアミーズフライングフォックスの見分け方

最後にサイアミーズフライングフォックスの見分け方についても簡単に触れておきましょう。

サイアミーズフライングフォックスとして販売されている個体の中には尾びれまでラインが入っていない種類のものもあるようです。

この種類はコケを食べる能力が低いとされていますので購入時には注意してください。

写真のように尾びれまでしっかり黒いラインが入っているものは大丈夫ですので購入時にチェックしてみてください。

2019.01.07追記 この記事記載(2008年頃)時はこのような事例もありましたが、近年のショップさんの管理により、このような個体はあまり紛れ込んでいないようです。

サイアミーズフライングフォックス

Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahooショッピングで購入




前の記事>>水槽内に小さな貝が発生(スネール)
次の記事>>種類別水草の育て方

関連記事

  • どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス
  • どっちがお勧めシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第二弾はオトシンクルスとサイアミーズ>>続きを読む


  • サイアミーズフライングフォックスの混泳 エビ・メダカ・金魚は大丈夫?
  • サイアミーズフライングフォックスと言えば水槽のコケを掃除してくれるコケ取り生体。そのサイアミーズフライングフォックスは熱帯>>続きを読む


    お勧め記事


    藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • ガラス面や外部フィルターのホースなどあらゆる場所に発生し薄茶色でさわるとぬるぬるした感じがするこの茶苔は水槽セット初期などに発生しやすくろ過バクテリアの>>続きを読む


  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 水槽の底砂やウィローモスなどに付着している緑色のべとべとした感じの苔は藍藻(らんそう)と言い、藍藻は正確には苔ではなく原核生物のシアノバクテリアと呼ばれる>>続きを読む


  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • 黒いハケ状の苔はアヌビアスやアマゾンソードなどの成長の遅い葉の淵や吸水口、排水パイプなどの水の流れがあるところに発生しやすい傾向があります。繁殖力はそんなに>>続きを読む


  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 水質が安定してきた水槽などでもガラス面に気がつくとスポット状の苔が付着していることがあります。水槽の環境にもより1ヶ月くらいしてもあまり付着しない水槽も>>続きを読む


  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケは意外と生長の早い水草の上部やガラス面に付着することが多いようです。この苔の特徴としては栄養分豊富で明るい水槽を好むので苔の中でも>>続きを読む


  • コケに対する生物兵器
  • 苔は水草水槽とは切っても切れない縁でありアクアリウムの永遠のテーマでもあります。アクアリウムでは苔は多少あっても気にしないのが理想であまり神経質になり掃除>>続きを読む


  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず表れる厄介者の巻貝の総称とされています。一般的にスネールと>>続きを読む


    PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    よく読まれている記事

  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件

    コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除

    スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温

    ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介

    水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法

    水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

    ウィローモス ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • オトシンクルス飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳

    オトシンクルス オトシンクルスの寿命は水槽飼育下で3年と言われています。その寿命を全う出来ずに短命で終わって>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    茶ゴケ アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

    エアレーション アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法

    二酸化炭素 ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス

    オトシンクルス どっちがお勧めシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第>>続きを読む


  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編

    流木レイアウト 『流木の魅力』こんなことを語る人はアクアリウムをされている方でもそんなに多くはないでしょう。>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由から点滴法まで

    ミナミヌマエビ 熱帯魚や金魚、メダカやエビ類など水棲生物を水槽に投入する際には、水合わせをすることが当たり前>>続きを読む


  • どっちがおすすめ⁈ミナミヌマエビの屋内飼育と屋外飼育

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビを飼育するのに屋内の水槽で飼育するのと屋外で飼育するのではどのように違うのか?>>続きを読む