アマゾンフロッグピッドとメダカ 酸素や農薬・水道水は大丈夫?

アマゾンフロッグピッドとメダカ 酸素や農薬・水道水は大丈夫?

アマゾンフロッグピッドとメダカ 酸素や農薬・水道水は大丈夫?

アマゾンフロッグピッド

アマゾンフロッグピッドとメダカの相性さらには金魚やヤマトヌマエビとの相性についてもご紹介いたします。またアマゾンフロッグピッドに関する酸素供給の仕組みや農薬の有無・水道水の利用などアマゾンフロッグピッドとメダカを育てる上で疑問に思えることも一緒にまとめましたのでお時間がありましたら合わせてお読みください。

アマゾンフロッグピットとメダカの相性

アマゾンフロッグピッドはメダカ飼育と非常に相性の良い水草です。その理由はいくつかありますが、メダカ飼育との相性の一つに生長の早さがあり、生長が早いため栄養吸収量が早いことが挙げられます。

アマゾンフロッグピットをメダカのビオトープに入れておくとメダカの糞などから生成される物質を吸収し水質浄化に貢献してくれますので水が汚れにくくなる。コケが生えにくくなるなどのメリットがあります。

アマゾンフロッグピッドからしても栄養を与えてくれるメダカはありがたいものですのでアマゾンフロッグピットとメダカには共存共栄の関係が成り立ちます。

さらにメダカの産卵床にもなる。水面をある程度覆ってくれるためメダカを外敵から守る役目も果たすなどメダカが安心できる隠れ家としての存在でもあるのです。

アマゾンフロッグピットが増え過ぎて水面を覆い尽くすと水中に光が届かなくという問題が起こることがありますが、その点だけ注意しながら管理していればメダカにとってはほぼメリットしかありません。

浮草と言われて思い浮かぶ種類にホテイアオイがあります。ホテイアオイはホテイアオイで綺麗な花を咲かせるという点では魅力的ですが、小さな容器でメダカを飼育していると大きすぎて扱いづらいという点もあります。

その点アマゾンフロッグピッドは小さいので小型水槽などでもレイアウトしやすいうえ、室内の水槽用照明でも育成可能です。

メダカ水槽にアマゾンフロッグピットを入れる際にメダカがアマゾンフロッグピットを食べてしまわないかと言った不安があるかもしれませんが、アマゾンフロッグピットがメダカの食害に遭うことはほとんどありません。

ただ、金魚やその他の生体になると話は変わってきます。

金魚やヤマトヌマエビはアマゾンフロッグピッドを食べる

金魚はメダカよりも雑食性が強く、食欲旺盛ですのでアマゾンフロッグピットの根をたべてしまいます。

もし金魚の入った容器にアマゾンフロッグピットを入れるのであれば金魚のおやつとして考えるのも一つの考え方です。全てのアマゾンフロッグピットを入れてしまわずに他の容器で育成用を育てておけば良いのです。

金魚ほど大食漢ではありませんが、ヤマトヌマエビやミナミヌマエビもアマゾンフロッグピッドの根を食べてしまいます。

アマゾンフロッグピットと酸素供給の関係

パールグラスやロタラなどのような沈水性の水草なら葉ごと水中に沈んでいるため活発に光合成をして気泡を付けていると水中に酸素供給をしてくれていることはイメージしやすいものです。

しかしアマゾンフロッグピッドなどの浮草は根しか水中に浸かっていないように見えるので水中に酸素を供給しているのか分かりにくいかもしれませんが、酸素は水面から水中に取り込まれるため水面で行われた光合成でもきちんと水中に酸素供給をしているものです。

よって水面にアマゾンフロッグピットを浮かべておくことで濾過バクテリアやメダカなどの生体にとって良い環境が作られているのです。

アマゾンフロッグピットの農薬が心配

海外のファームで育成された水草には農薬が使われており、生体に害を及ぼす可能性があることはよく知られている話です。そう考えるとアマゾンフロッグピットでさえも購入後すぐにメダカ水槽などに投入して大丈夫なのかという不安が残るものです。

アマゾンフロッグピッドはメダカなどのビオトープに使用されることを想定しているので農薬は使用していないと思われます。ただそれは憶測の域であり、全てのアマゾンフロッグピットの流通を把握している訳ではありません。

ネットショップではしっかり無農薬表記をしているお店も多いので心配な方はそのような表記がされているお店での購入をお勧めします。

さらに個人が育成したものがメルカリやヤフオクに多く出品されているのでそのようなものを購入すると間違いないでしょう。個人で農薬を使用して育てている人を探す方が難しいはずです。

アマゾンフロッグピットに水道水を使用してもいいのか

アマゾンフロッグピッドに対しては水道水を使用しても全く問題はありませんが、一緒に育てているメダカなどは水道水に含まれるカルキによるダメージを受けます。

よってビオトープの水換えなどは水道水を使うにしても1日汲み置きをしてカルキ抜きをするかカルキ中和剤などを使用してカルキを無効化した方が安全です。

アマゾンフロッグピットには問題がなくてもメダカや濾過バクテリアにはダメージがあることは理解しておきましょう。

頻繁に水換えをしているのになかなか水質が安定しなくコケが生えやすい時などは濾過バクテリアがダメージを受けて減少してしまっている可能性もあります。