赤系水草が赤くならない アクアリウム情報サイト水草水槽.com

赤系水草が赤くならない

水草水槽.com

赤系水草が赤くならない

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>赤系水草が赤くならない

赤系水草緑鮮やかな水草水槽において赤系水草はちょっとしたアクセントにもなり、また緑と赤のコントラストも素晴らしいものです。

しかし水草育成の質問においても赤系水草が赤くならない、色合いが悪いなどの質問をよく見かけます。よってこのページではそんな赤系水草の赤色を綺麗に出す方法をご紹介いたします。


赤系水草も最近では多くの種類が流通していますが初心者の方にも育てやすく流通量の多いものではロタラインディカやニードルリーフルドウィジア、ロタラマクランドラ、リスノシッポハイグロフィラロザエネルヴィス、アマニアグラキリスなどがありますがこの中でハイグロフィラロザエネルヴィスだけはちょっと赤くなる仕組みが違うため別物と考えてください。

赤系水草が赤くなる仕組み

赤系水草水草の育て方はだんだんと解ってきてうまく育つようになってきたけれどなぜか赤い水草が赤くならない。そんな壁にぶつかる方も多いようですがなぜ赤くならないのか?

ではなく赤くなる仕組みを理解しているでしょうか?ここが一番大切なところであり物事においてどんなことでもそうですが仕組みをしっかり理解することが問題解決の糸口となってきますのでまずは赤系水草が赤くなる仕組みについて考えてみましょう。

例を挙げてみますと照明の強い光を浴びてもまったく赤くなることのないグリーンロタラと赤くなるロタラインディカではなにが違うのでしょうか。

どちらの水草も同じように光合成は行われているのですが赤くなる水草とならない水草の大きな違いは水草体内に含まれるアントシアニンの含有量に左右されアントシアニンの含有量が多い赤系水草はアントシアニンにより葉緑体がカバーされる形となり緑色ではなく赤く見えています。

アントシアニンとは水草体内でフラボノイド化合物のアントシアニジンという物質が光合成によって生成された糖分と結合してできる物質で植物の色素形成の働きをしています。

アントシアニンは光合成に直接関与するものではありませんが光合成に使用される光を吸収するため葉緑体に必要以上の強い光が当たるのを防ぐ効果があります。

水草個々で必要とする光の量は違い必要以上の光が当たると余分な光は葉緑体内で活性酸素を生じるため活性酸素によって葉緑体の光合成機能が低下させられてしまうのを防ぐためにアントシアニンがガードをしていると思っていただければいいとおもいます。

赤系水草この緑色である葉緑体を赤色色素のアントシアニンがカバーすることで私たちの目には水草が赤く見えてきます。

またさらにその赤色を鮮やかにするためには光合成が活発に行われていなければなりませんので光合成が活性化するように必要な養分を不足させないことも重要となり光合成において活躍しているクロロフィルaと言う物質を形成する成分として鉄分が重要なカギを握っており(クロロフィルaを生成するまでには低分子から順次生成していく流れがありますが今回は割愛させていただきます。)鉄分の補給をしっかり行うことで結果的に赤系水草の赤色を鮮やかにすることに繋がります。


赤系水草を赤くするために必要な事

水草が赤くなる仕組みが分かったところで必要な事を整理してみましょう。まずは光合成が活発に行われるために光、二酸化炭素、栄養を十分与えることです。(鉄分も忘れずに)

水草の鉄分補給肥料をamazonで購入
水草の鉄分補給肥料を楽天で購入

次に活発になった光合成が必要以上の光から葉緑体を守ろうと思うほどの光量を保つこと。このことから照明に近い水面下の葉が一番赤くなりやすく、下に行くほど赤くなりにくい仕組みも理解していただけるとおもいます。

またアントシアニンは酸性で赤色、アルカリ性で青色に近い色合いになるため水質をしっかり管理することも重要になってきます。

ただアルカリ性にしたからといって赤系水草が青くなるわけではありませんが中性に近い水質ですと赤い発色が他の色素と中和され色合いが悪くなります。

ペーハー測定用品をamazonで購入
ペーハー測定用品を楽天で購入



水草育成の疑問・トラブル

  • 水草の絨毯を作るには
  • リシア 水草レイアウトにおいて前景の水草を低く保つことで水槽内に遠近感をもたせ水槽内を広く見せたり自然の光景を演出されるために用>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育てやすいと言われている水草なの>>続きを読む


  • 水草の水上葉とは?水上葉の種類・育て方・増やし方
  • ウォータバコパの水上葉 水草育成で言われる水上葉とはどのようなものなのか?水上葉と水中葉の違いや水上葉の種類、さらには上手な育て方や増やし方など>>続きを読む


  • 水上葉が枯れる⁉︎水上葉から水中葉への変化・水草の水中化
  • 水草水上葉 水草の中には環境の変化によって水上葉から水中葉へ変化するものと水中葉から水上葉に変化するものがあります。その変化は水上育>>続きを読む


  • 水草の屋外越冬 冬でも枯れない水草・寒さに強い水草の種類と冬越しの条件
  • 水草 ビオトープなどで育成している水草は冬になると枯れてしまうのか?屋外で育てている水草の水上葉などは越冬できるのか?など水草>>続きを読む

    よく読まれている記事

  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除
  • スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件
  • コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温
  • ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法
  • 水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ホテイアオイ(ホテイ草)の育て方|越冬・枯れる理由・株分けと増やし方
  • ホテイアオイ ホテイアオイと言えば水草水槽などがブームとなるかなり前から金魚やメダカの水槽や池などに使用さ>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介
  • 水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • アナカリスの育て方
  • アナカリス アナカリスと言えば名前を知らなくとも熱帯魚ショップやペットショップなどに足を運んだ事がある人>>続きを読む


  • メダカとタニシの混泳?タニシがメダカを食べる⁈メダカの卵・稚魚の守り方
  • タニシ 水槽のコケ取りのためやビオトープの同居人としてタニシを飼育していたら、メダカを食べたなどとい>>続きを読む