水槽の水質が悪化する原因と水質改善・安定の為のろ過フィルター

水槽の水質が悪化する原因と水質改善・安定の為のろ過フィルター

水槽の水質が悪化する原因と水質改善・安定の為のろ過フィルター

水質が悪化した水槽
水質が悪化した水槽

水草水槽に限らず、水槽で生き物を飼育するときには、ほとんどの人が当たり前のようにフィルターを設置しているはずです。

それは、ご存知の通りフィルターとは水槽内の水を綺麗にし水質を安定させるものだからです。

ではなぜ水槽内の水は汚れるのでしょうか?水が汚れる原因は熱帯魚の糞や枯れた水草、餌の食べ残しなどが原因です。これらの有機物が時間の経過とともにアンモニアに変化します。

アンモニアは非常に毒性が強く熱帯魚には大敵です。このアンモニアはニトロソモナスというろ過バクテリアによって亜硝酸に変化します。

亜硝酸はアンモニアに比べれば弱いですが、それでも毒性はあり水草には好ましくありません。亜硝酸は次なるろ過バクテリアのニトロバクターによって硝酸に変化します。

このように水槽内の有機物はバクテリアによって無害な物質に変化していくのです。これが水草育成でよく言われる水草育成は水作りやバクテリア飼育などと言われる理由です。

フィルターを設置する理由ですが、先にも述べたような理由で水槽内の水質は変化していきます。このサイクルを正常に機能させる為にろ過装置を設置するのです。ろ過の仕組みには大きく分けて3つがあります。

まずは物理的ろ過で物理的ろ過とはウールマットなどを使用し目に見える大きなゴミを取り除くことです。物理的ろ過の効果が大きいと食べかすや枯れた水草などがアンモニアに変化する前に取り除くことができ、アンモニアの量を減らすことができます。

次は生物ろ過ですが、これは先に述べたバクテリアの働きを活発にさせるものでフィルター内にバクテリアが住みやすいろ材を入れておくことでバクテリアがたくさん繁殖でき、その結果ろ過能力が高まるという仕組みです。

最後は科学的ろ過で主に活性炭やゼオライトなどを使用し水中の不純物を吸着させることで行うろ過です。これは生物ろ過と併用したり水槽セット時のバクテリアの数が少ないときなどに効果を発揮します。

水槽内の水質の変化のメカニズムを理解した上でろ過効力を高めるためにフィルターを設置することが水質の安定と綺麗な水槽を維持するコツです。

水槽の水換え・掃除カテゴリの最新記事