メダカと水草の相性 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

メダカと水草の相性

水草水槽.com

メダカと水草の相性

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>メダカと水草の相性

メダカ水草水槽と言うと赤と青のコントラストが美しいネオンテトラや模様が綺麗なグッピーなどの混泳がイメージされがちですが水草水槽は日本古来より飼育されているメダカとも相性がいいのです。

ただ近年の水草水槽に用いられる水草は一年中暖かい環境の南米や東南アジアなどが原産ですので庭先や屋上など屋外で飼育しているメダカの鉢や水槽に水草を投入してもなかなか上手く育ってはくれません。


水草の中には日本の冬を乗り越えられる水草も沢山ありますができればメダカが育つ環境に水草を入れるのでは無く、水草が育ちやすい環境にメダカを入れてあげると水草も一年中元気でいられるためお勧め致します。

逆にあまり水草の種類にはこだわりがなく、やはり屋外でのメダカ飼育がメインで水草はメダカの隠れ家や産卵床として考えられているのでしたら秋口から冬場にかけての枯れ込みは当然と考えて日本原産の水草などを選ぶといいかもしれません。

河川や水田などで採取してくる方法もありますが都心部の方などではご近所で水草を採取できるような場所もないかもしれませんね。そのような時はネット通販などで日本原産の水草を探してみてください。クロモやカボンバなどがメダカ水槽には人気のようで他にもビオトープなどではホテイアオイやフロッグビットなどの浮草も人気があるようです。

ちょっと変わった水草を選びたいのであれば南米原産の水草などでも越冬が可能なものがありますので挑戦してみてください。自分なりにですが水草の育つ環境はこのサイトで十分ご説明出来ていると思っていますのでメダカが元気に育つ環境を確認して見ましょう。

メダカの住む小川

とその前にちょっと余談ですが、かつてメダカは日本各地の小川や用水路で見られたもので田んぼ脇の膝ほどの深さも無いような流れの緩やかな小川に群れを成して泳ぐメダカの姿に心ときめかせ覗き込んだものです。

しかし1980年代あたりから徐々に数が減少し始め今ではほとんど見られなくなってしまいました。メダカが減少した理由は多々あるようですが急速な開発により、まずメダカが居そうな場所すら見かけなくなってしまった事に幼少の頃に見た景色を思い浮かべながら淋しく思うこともあります。


私たちはそんな開発により失われた景色や光景に思いを馳せてメダカを飼育したり水草水槽を作成して癒しを求めているのかもしれませんね。

話が随分逸れてしまいましたので本題に戻りますがメダカが育つ環境はほぼ水草が育つ環境と同じで水温は15℃から23℃と水草水槽でも少々低めの設定が適温とされているようです。あくまでも育成適温の話であり徐々に水温が変化していけばもっと温度領域は広がっていきます。

水流に関して言えばメダカは強い水流を嫌いますので濾過フィルターの水流に注意が必要です。水流を弱めにすると水草密生水槽では水流が行き届かず苔が生えやすくなりますので水草の量を少々少なめにするなどして対応してください。

アフリカンランプアイ

日本で一般的にメダカと言うと黒メダカ、ヒメダカ、シロメダカ、アオメダカ、アルビノなどですが熱帯魚の中にもメダカは沢山おり、グッピーやアフリカンランプアイ、モーリー、プラティなどが挙げられます。国内のメダカでシンプルにまとめた水草水槽も魅力ですし、熱帯性のメダカで華やかに彩られた水草水槽もまた違った魅力があるものです。どちらのメダカ水草水槽に挑戦いたしますか?

メダカ水草水槽で気をつける事はメダカの方が水草の育成環境よりも環境適応力が広いため水草が上手く育つ環境を整えてあげるようにすることです。


お勧め記事


PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

PR

よく読まれている記事

  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件

    コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除

    スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温

    ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介

    水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法

    水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

    ウィローモス ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • オトシンクルス飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳

    オトシンクルス オトシンクルスの寿命は水槽飼育下で3年と言われています。その寿命を全う出来ずに短命で終わって>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    茶ゴケ アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

    エアレーション アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法

    二酸化炭素 ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス

    オトシンクルス どっちがお勧めシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第>>続きを読む


  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編

    流木レイアウト 『流木の魅力』こんなことを語る人はアクアリウムをされている方でもそんなに多くはないでしょう。>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由から点滴法まで

    ミナミヌマエビ 熱帯魚や金魚、メダカやエビ類など水棲生物を水槽に投入する際には、水合わせをすることが当たり前>>続きを読む


  • どっちがおすすめ⁈ミナミヌマエビの屋内飼育と屋外飼育

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビを飼育するのに屋内の水槽で飼育するのと屋外で飼育するのではどのように違うのか?>>続きを読む