ブラックウォーターと水の黄ばみの関係 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

ブラックウォーターと水の黄ばみの関係

水草水槽.com

ブラックウォーターと水の黄ばみの関係

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>ブラックウォーターと水の黄ばみの関係

アクアリウムで言うブラックウォーターとはアマゾン川支流のネグロ川に代表されるような黒褐色で酸性に傾いた水質を指します。黒褐色になる理由として周辺の土壌より流れ出す腐植酸の影響が強く腐植酸に含まれるフミン質は黒褐色のゲル状沈殿物なためこの成分が水に溶け出すことにより水が黒褐色に染まります。


腐植酸は動植物に由来する天然成分であり動植物の遺体が土壌微生物によって分解、変成、合成を経て生成されるもので腐植酸を多く含む土壌は黒褐色でふわふわとして植物の育成には非常に都合のいい土壌と言えます。

腐植酸には植物にとって重要な窒素、リン、カリウムの三要素が含まれており土壌に固定化されたリン酸を水に溶けやすくする効果もありこれにより窒素、リン肥料に対して肥効増進剤として作用し、発芽の促進、根の伸長、枝葉の生長、太い茎などに効果が得られます。

この効果を利用したものが水草育成などで非常に知名度の高いソイルです。ADAの主力製品とも言えるアマゾニアなどは腐植酸を豊富に含んだ土壌を特殊な製法で製品化したもので以前までの大磯砂などに比べ水草の育成には非常に効果のある底砂と言えます。

ただこの腐植酸はアルカリ性の水質で溶け出してしまう性質があるため新規立上水槽などではセット後に水が黄ばむなどの問題も発生しました。これはセット時の水道の水質が中性もしくは弱アルカリ性に傾いていることにより起こる問題です。

黄ばみの問題を嫌うアクアリストのために改良品としてアマゾニアⅡも発売されていますがこの製品はアマゾニアに比べて腐植酸の成分を抑えたものとなっています。

確かに水が黄ばむことは鑑賞を目的とするアクアリウムにおいては不向きかもしれませんが腐植酸には新陳代謝を促進する効果もあり食欲増進やホルモンバランスを整えるなどの効果もあることから熱帯魚などの産卵時にも利用されることが多いのです。熱帯魚の色合いが悪かったり食欲が落ちているときなどは試してみるのもいいでしょう。

ただ水槽内が富栄養化になってしまうことも事実で栄養を吸収する水草などが少ない水槽では苔の発生原因になってしまいます。そのようなときは水換えの頻度を高め余分な栄養分を排出する作業をおこなうといいでしょう。

このほかにも水の黄ばみと言う話で流木をいれたら水が黄ばんだ経験をされた方も多いとおもいますがこれは流木に含まれるタンニンという成分によるもので腐植酸とは若干違う話になってしまいます。タンニンは植物に含まれる苦味成分で除去するには活性炭の使用などが効果的です。


お勧め記事


PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

PR

よく読まれている記事

  • 画像で判別!水槽や池のコケ対策 | コケ(藻)の種類と発生する原因・生える条件

    コケ対策 水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • タニシ?水槽に小さな貝(スネール)が大量発生 増える理由とスネール駆除

    スネール対策 メダカや金魚、熱帯魚など様々な水槽内に自然と現れる小さな貝(snail)。スネールやスネイルなどと>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして>>続きを読む


  • ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較・寿命・繁殖・死因・水温

    ヤマトヌマエビ ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ。コケ取り生体として有名なこのヌマエビを徹底比較。特徴から寿>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめること>>続きを読む


  • 初心者にも育てやすいオススメ水草の育て方を種類別にご紹介

    水草種類 水草の育て方がわからない,どんな水草が初心者には向いているのか、どの種類の水草が育てやすいの>>続きを読む


  • 水草が枯れる・溶ける・茶色くなる原因と対策・復活方法

    水草が枯れる 金魚水槽やメダカ水槽・熱帯魚水槽などに入れる水草。カボンバやアナカリスなどは比較的丈夫で育て>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方・増やし方と活着のコツ

    ウィローモス ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • オトシンクルス飼育で寿命を左右する水合わせ・餌・水温・混泳

    オトシンクルス オトシンクルスの寿命は水槽飼育下で3年と言われています。その寿命を全う出来ずに短命で終わって>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    茶ゴケ アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーション(ブクブク)の効果と重要性

    エアレーション アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法

    二酸化炭素 ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • どっちがお勧め⁈オトシンクルスとサイアミーズフライングフォックス

    オトシンクルス どっちがお勧めシリーズ前回はヤマトヌマエビとミナミヌマエビについてご紹介しましたが、今回の第>>続きを読む


  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編

    流木レイアウト 『流木の魅力』こんなことを語る人はアクアリウムをされている方でもそんなに多くはないでしょう。>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由から点滴法まで

    ミナミヌマエビ 熱帯魚や金魚、メダカやエビ類など水棲生物を水槽に投入する際には、水合わせをすることが当たり前>>続きを読む


  • どっちがおすすめ⁈ミナミヌマエビの屋内飼育と屋外飼育

    ミナミヌマエビ ミナミヌマエビを飼育するのに屋内の水槽で飼育するのと屋外で飼育するのではどのように違うのか?>>続きを読む