水道水のカルキ抜き・除去

水道水のカルキ抜き・除去

水道水のカルキ抜き・除去

水のカルキ抜き
水のカルキ抜き

熱帯魚や金魚、メダカなど様々な魚達を水槽で飼育する際に水道水をそのまま水槽にいれるのは良くないとよく聞きますがその理由は水道水には塩素が含まれているからです。

他にもpH調整や重金属の除去、季節毎の温度調整などもありますがここでは塩素(カルキ)について話を絞って進めさせて頂きます。塩素とは水道水の中に含まれる細菌を消毒するために1リットル中に最低0.1gの濃度で含まれていなければいけないという法律に基づき浄水場で投入されています。

この塩素は人間にとっては非常に微量なため、まったく問題はありませんが熱帯魚、金魚、メダカなどの魚達は直接エラから体内に塩素を取り入れてしまうのと人間よりも塩素に対する抵抗力が低いことが体調を崩す原因に繋がってしまいますので除去してあげなければなりません。

また先にも述べたように塩素は殺菌効果があるためそのまま水槽に水道水を注入すると水槽内で繁殖した有益なろ過バクテリアにもダメージを与えてしまい、その結果ろ過能力が低下してすぐに水質が悪化してしまうことにもなります。

頻繁に水換えを行っているのになんだかすぐに水槽内に苔が蔓延したり水が茶色く濁って匂うなどというときはこのような問題が起こっていることが多いようです。

カルキ抜きの方法

カルキ抜きの方法
カルキ抜きの方法

そこで水道水を水槽に入れる際にはカルキ抜きをおこないます。ここではカルキ=塩素と思ってもらってもいいでしょう。

塩素は水よりも蒸発の早い元素なので口の広いバケツなどにいれて陽当たりの良い場所に置いておけば半日程度で蒸発してしまいます。

この方法を汲み置きによるカルキ抜きと言いますが注意点として初夏から秋前までの気温が高めで天気の良い日である事が条件です。気温が低い季節や日陰ではさらに時間がかかるのでどのくらい置いたらカルキが抜けきるのかの管理が難しくなります。

汲み置きによるカルキ抜きが面倒な人には塩素中和剤が販売されていますので利用されるといいでしょう。最近の中和剤は液体タイプが多く使いやすくなっています。

中和剤は塩素と反応しない限り有効ですので水換えの時などは先に水換え分だけの水を減らしておきそこに中和剤をいれ、後から温度を調整した水をいれる方法もあります。

このような方法をとる時は自分の水槽にどのくらいの量の水がはいっているのか?水換えは水量の何分の1くらい減らしたのかなどを計算して中和剤をいれる必要があります。安易にドバドバと沢山入れればいいというものではないので注意してください。

塩素とビタミンCの関係

カルキ=塩素と考えてくださいとお話しを進めてきましたが塩素であれば酸性の物質で中和すれば良いと言った考え方から最近(私の中では^_^)ではビタミンシャワーなどの商品もあります。

この商品は肌荒れやアトピーなど肌の弱い方への対応として刺激のある塩素をビタミンで中和して使用する目的の物ですが・・・肌の弱い方→敏感な方→熱帯魚や金魚、メダカですね。これは使えます。シャワーにセットしておけば普段は家族に優しいお湯が出て、水換えの時には水槽の水温に設定して出すだけでカルキ抜きと温度調整が一石二鳥です。

温度調整までは出来ないですがビタミンCを利用したカルキ抜き方法は他にもあり普段口にする食材などにもご存知の通りビタミンCを含むものは沢山あります。レモンやみかんなどの柑橘類やお茶などが有名ですがお茶の出がらしなどにもビタミンCは含まれておりこれらを利用して塩素を中和する事もできます。

勿論、これら食材を利用する方法は熱帯魚や金魚、メダカ、バクテリアなどには無害です。ただ塩素中和剤でしたら水換え量に対して適量が記されていますがこの方法ですと適量がわからないため残留塩素チェッカーなどを利用してしっかり測定を行い、自分の水換え量に対する適量を把握する必要があります。因みに水道水の塩素濃度は季節により変化するものですので残留塩素濃度測定は定期的に行うようにしましょう。

その他にもエアレーションによる曝気方法などもあると聞くことがありますが私の経験ではあまり効果が見られない方法でしたのでオススメでは無いかもしれません。

アクアリウム用浄水器

多少お金はかかりますがアクアリウム用の浄水器を使用するのがやはり最高の水質管理になるでしょう。

カルキ抜き剤やその他の方法は季節や温度、濃度により塩素中和に多少のばらつきができてしまいます。そのため、極端に塩素を嫌うエビ類などには多少リスクのあるカルキ抜き方法ともいえます。

その点、浄水器を使用した塩素中和は重金属の除去なども一緒に行えるうえに水質が安定しやすいのでやはり一番信頼できるカルキ抜き方法と言えるでしょう。

水槽の立上げ準備カテゴリの最新記事