水槽内での底砂の役割と選び方

水槽内での底砂の役割と選び方

水槽内での底砂の役割と選び方

水草水槽
水草水槽

今や水草水槽などでは水槽の底にソイルや大磯砂などの底床を敷くことが一般的となっています。

底床を敷くことにより水槽内のレイアウトに自然感を出しやすい上に水草を固定しやすいといったメリットがありますが、底床はその他にも水槽内で大きな役割を担っているのです。

底床の役割 ろ過バクテリア

底床が担っている役割の一つ目がバクテリアの住処の提供です。

自然の川や湖などでは汚れた水は水槽のようなろ過装置がなくとも時間の経過とともに自然に浄化されていきますが、そこにはろ過バクテリアの働きが関係しています。

水槽内は自然の環境とはかけ離れており、小さなスペースの中で水が汚れるスピードは自然の川や湖に比べるとその比ではありません。

それでもろ過バクテリアの働きを活発にすることである程度は水質を維持管理することができるのです。

そのために水槽内でろ過バクテリアを増やし、活発に活動させるために底床は大きな役割を担っているのです。

底砂の表面に住みついたろ過バクテリアは徐々に数を増やし、有機物の分解活動をはじめますが、底砂などの定着物がない水槽内ではどうしてもろ過バクテリアの数がなかなか増えにくいのです。その結果、生物ろ過の仕組みを作り上げ難くなってしまいます。

底床の役割 水草への栄養供給

底砂のもう一つの役割が水草への栄養供給です。

ひと昔前までの大磯砂を底床としていた水槽などでは底床そのものに肥料成分は含まれていませんでしたが、水草育成が盛んになった頃から市販されているソイルなどでは水草が必要とする腐植酸を含んでおり、ソイルを敷くことにより水草が元気に育ちやすい環境を作ることができます。

底床の役割 水槽内の水質維持

まだまだ底砂には色々な役割があり、水槽内のpH維持にも関係しています。

pHとは水が酸性に傾いているか、アルカリ性に傾いているかを示す指標ですが、このpHは水草を育成するためには非常に大切な管理項目となってきます。

日本の水道水はほぼ中性付近の数値を示しているため水草を育てやすい水質とされていますが、水槽内に底床を入れることにより底床本来の成分により水質を弱酸性に傾けたり弱アルカリ性に傾けたりすることができるのです。

このように底床は水草育成にとって大きな影響力をもっていますが、使い方や維持、管理を間違えると悪影響を及ぼすこともありますのでその点について各底床ごとにご紹介いたします。

大磯砂

大磯砂
大磯砂

大磯砂は水槽飼育において最もポピュラーな天然砂で熱帯魚や水草、金魚、メダカ飼育など一般に広く使われている底床素材です。

もともとは大磯海岸で採取されていたためにこのような名前がついていますが、現在は採取禁止のため、東南アジアから輸入されているものが多いようです。

他の底砂に比べるとろ過バクテリアの住みつきが弱いですが、砂が汚れなどで目詰まりをしても洗うことによりソイルとは異なり半永久的に使用できますので初心者には一番扱いやすい底床とも言えます。

大磯砂は水質を弱アルカリ性に傾けやすく、総硬度を上昇させやすい性質がありますので酸性で軟水を好む一部の生体や水草には適しません。

ソイル系水草用砂

ソイル
ソイル

水草育成のために開発された底床のため水草の根つきも良く砂に比べて軽いのも特徴です。

水草に必要な栄養分を含んだ土を焼き固めたもので水槽のなかで崩れにくいように開発されたものです。

ただ、他の底床のように手荒く洗うと崩れだしてしまうので頻繁な掃除はしないようにしましょう。

セット初期にはpHや硬度が高く、また水草による栄養吸収が少ない水槽では稀に水に黄ばみのようなものが見られることがありますので、この場合、必要に応じて水替えや活性炭による吸着を行なってください。

うまく立ち上がると水草の成長は他の底床とは比にならない位の能力を発揮します。

唯一の欠点としてはソイルには寿命があり使い込むことにより粒が崩れ目詰まりを起こすことがあります。

そうなると底床内の通水性が悪くなり根の成長障害を招くこともありますので、そのような場合にはソイルの交換が必要となってきます。

焼成砂

天然の石を高温殺菌することで有害な微生物などを排除したもので素材によっていろいろな色が選べるのが特徴です。

しかし石を砕いて作られる為、底砂をあさるようなコリドラスなどには不向きです。

珊瑚砂

珊瑚砂は珊瑚を砕いて使用するものなので水質をアルカリ性に変える働きがあります。

よって珊瑚砂は淡水魚には不向きで海水魚飼育などによく用いられるもので水草育成にははっきり言って不向きです。

このような種類の底床がありますが水草水槽を維持していく上では断然、ソイルの使用をお勧めします。

ソイルと一言で言っても現在では各メーカーが色々と特徴のあるソイルを販売していますのでメジャーのものを幾つかご紹介いたします。

プラチナソイル

プラチナソイル
プラチナソイル

プラチナソイルは、国産天然黒土を100%使用した天然素材で透き通った輝く水をつくります。水草や魚にやさしい自然の水質調整機能をもち、透明度の高い水を長期間維持するうえに水の立ち上がりを早め、ろ過バクテリアを繁殖させます。

水草育成やビーシュリンプなどにも最適なソイルで軟水環境を維持し、流木の色素やコケの原因となるリン酸などを天然ソイルの力で吸着します。

プラチナソイルの特徴

pH・kHを引き下げ弱酸性の軟水環境を維持。
流木などから出るタンニンなどの色素を強力吸収。
透明度の高い水を長期間維持。
水の立ち上がりを早め、ろ過バクテリアを増殖する。

プラチナソイルの使用方法

ソイルを洗わずに水槽の中にそのまま敷いてソイルを掘り起こさないようにゆっくりと水を静かに注ぎます。

セット時は多少水が濁りますがろ過装置を作動させることにより、約1~2時間ほどで濁りは無くなってきます。

稀に水面に膜のようなものが張ることがありますが水質に問題はありません。ネットですくい取ったり、エアレーションをすることにより簡単に消すことができます。

また水槽のガラス面に茶色の膜のようなものがつくことがありますが、手でこする程度で簡単に落ち水質にも影響はありません。

プロジェクトソイル

プロジェクトソイル
プロジェクトソイル

生き物(魚・水草・えび)にやさしく、成長・繁殖に力を発揮します。

設定基準値付近pH6.7±0.2で安定し、弱酸性の軟水を長期間維持します。

底面フィルターと併用することにより、強大なろ過力が発揮されます。

海洋深層水に含まれる各種の希少ミネラルが配合されているのでろ過バクテリアの活性が長期にわたって維持されます。

流木のアクや不純物を吸着し、透明度の高い水をつくります。

水道水の場合、pHの急激な低下が生じないため、頻繁な大量換水の必要がありません。

厳選された天然土壌を主原料に、軟焼結製法により製造されております。

プロジェクトソイルの使用方法

プロジェクトソイルは優れたろ過力と水質安定維持機能を兼ね備え、バクテリアの繁殖と水草の発根に適した柔らかい多孔質の粒状に加工されています。

最大の効果を発揮させるため、丁寧にお取り扱い下さい。

本製品を水洗いしないで、そのまま水槽に粒子をくずさないように敷き詰めて下さい。

注水はお皿、板などをソイルに置き、その上から静かに水を入れソイルが水流で舞い上がらないよう注意して下さい。

注水時にソイルが舞い上がり水が濁る場合がありますが、底面フィルターと併用すると約3~5時間で濁りが落ち着きます。

熱帯魚などはソイルをセットし、水を循環させた翌日以降に水温・水質を合わせてから静かに水槽へ放してください。

新しくセットした場合、ろ過バクテリアが十分に繁殖するまでに2~3週間かかりますので、魚数・給餌量ともに控え目にしてください。

水草一番サンド

水草一番サンド
水草一番サンド

水草一番サンドは、原料の火山灰土・黒ぼく土を無菌の状態で加熱処理し、さらに扱いやすく改良した自然造粒です。

透水性、通気性、保水性をかねそなえ水草の育成が簡単にできます。

水草育成に必要なヨウリン酸、硫酸カリなどが含まれています。

水槽の立上げ準備カテゴリの最新記事