水槽の立上げ 初心者は60cm水槽を用意

水槽の立上げ 初心者は60cm水槽を用意

水槽の立上げ 初心者は60cm水槽を用意

水草水槽
水草水槽

水草を育てるにあたって用意するものと言われればほとんどの方はまず水草を入れるための容器を想像すると思います。

屋外でビオトープをするような時は別として室内で水草育成を楽しむのであればまずは水槽を用意しなければなりません。

水草を育てるための水槽選び

水槽と一言でいっても目的によって多種多様なものがありインテリア性を追求したおしゃれな小型水槽から大型魚飼育を目的とした1mを超えるものまであり材質にしてもガラス製のものやアクリル製のものなどがあります。

まずは水草育成の予算や水槽の設置場所、または作り上げたい水草レイアウトのイメージなどを想像してみて目的にあった水槽を選ぶことをお勧めします。ただそんなにこだわりはないけれどまずは水草を育ててみたいという方は万能水槽と言われる60cm水槽を選ぶことをお勧めいたします。

60cm水槽
60cm水槽

60cm水槽とは幅60cm、奥行き30cm、高さ36cmの60cm水槽(旧称二尺水槽)でおそらく誰もが一番目にしている水槽と言っても過言ではないでしょう。

60cm水槽はサイズ的にも日本の住宅事情に一番マッチしたサイズで流通量も多く量産性により価格も安値になっています。また流通量が多いのでそのサイズに合わせた周辺器具などの種類も豊富な為選択の幅が広がります。

水草育成において水槽の大きさは大きければ大きいほど水質が安定しやすく管理が容易になってきますので60cm水槽をお勧めしていますが、スペースの問題などから小型水槽を選ばれる場合にはろ過能力を高めにしたり水槽内に入れる熱帯魚の数を制限したりすることにより水質の悪化を遅らせる対策をとることが必要です。

なぜ60cm水槽がおすすめなのか

水槽は大きければ大きいだけ水質は安定しやすいのなら90cm水槽や120cm水槽から始めるほうがいいのかと言うとまた違った問題が出てきますのでやはり初心者の方には60cm水槽がお勧めとなるのです。

水槽の立ち上げ方や水質管理がある程度できるようになると90cm水槽などでもレイアウトの幅が広がり面白いのですが水槽の立ち上げや水質管理について経験が浅いと水質が悪化していった時の作業なども水量が多い分大変になってしまうのです。

水量が多い=水質が安定しやすいですが、安定=いい方向とは限らず悪い方向に進んでいくこともあるのです。知識と経験をある程度積めば水質維持は楽になりますが水質が変化しにくい分悪化していくとリセットも大変となるわけなのです。

よってまずは60cm水槽で水草育成の基礎をしっかりと身につけて自信がついてから水槽サイズをステップアップさせていくほうがいいでしょう。

水槽の立上げ準備カテゴリの最新記事