栄養不足?水草に必要な栄養素と栄養吸収の仕組み

栄養不足?水草に必要な栄養素と栄養吸収の仕組み

栄養不足?水草に必要な栄養素と栄養吸収の仕組み

気泡を付ける水草

水草を元気に育てるには栄養が不可欠です。必要な栄養素が不足すれば水草は綺麗な姿を見せてくれません。そんな水草に必要な栄養素と栄養吸収の仕組みについてご紹介致します。水草に必要な栄養素と栄養吸収の仕組みをしっかり理解し正しい肥料添加をマスターしましょう。

水草に必要な栄養素

水草に必要な栄養素は植物に必要な三大栄養素であるチッ素、リン酸、カリウムに加えて微量元素や鉄などです。植物が生長するためにはマグネシウム、カルシウム、硫黄など様々な栄養素が不可欠ですが、水草育成においては特に取り挙げられることは少なく、チッ素、リン酸、カリウム、鉄についての知識をしっかりつけておけば綺麗な水草を育てることはできます。

よってここでは水草に必要な栄養素の細部にまで話を広げずにチッ素、リン酸、カリウム、鉄についてのみご説明致します。

水草の栄養不足による症状

チッ素は葉や茎を形成する主要栄養素ですので不足すると下葉が黄色くなったり、全体的な生長不良を起こすようになります。

リン酸は地上では開花や結実に影響する栄養素と言われており、リン酸不足では新しい葉が小さくなったり、茎も細くなります。

カリウムは主に根の生長に影響を与える栄養素であり、不足すると根の生長が悪くなり、根腐れも起こしやすくなります。

鉄は赤系水草をより赤くする働きがありますので不足すると赤系水草が鮮やかな色合いになりにくくなります。もちろん緑色の水草をより鮮やかにする働きもあり、不足すると新しい葉に黄化や白化がみられます。また根が黄変しやすくもなります。

このように栄養不足は目に見えて水草の状態に現れてきます。自然界と違い水槽という閉鎖された空間で水草を育てるのですから定期的に肥料を添加してあげなければ水草は栄養不足に陥ってしまいます。

水草の栄養吸収の仕組み

水草に必要な栄養素がわかったところで次はそれら栄養素を水草がどのように吸収するのか水草の栄養吸収の仕組みについてご紹介いたします。

水草は光合成を活発に行う事によって栄養素を必要とするのでまずは光合成が活発に行える環境をしっかり整えることが必須です。

照明による光の供給、二酸化炭素の添加、ヒーターによる水温管理、pH管理などの水質管理など水草が好む環境を維持することで水草の光合成は活発になります。

水草の種類にもよりますが、水草が活発に光合成を行うようになると気泡を沢山上げるようになります。水草が気泡をつける姿に魅了されて水草育成を始める人も少なくないほど美しいものです。

水草が光合成をしっかりできる状態になって始めて栄養素を必要とします。逆に言えば光合成ができない環境ではいくら肥料を与えても水草は栄養を吸収できないので生長することもできません。

水草にとっては二酸化炭素を主食として光合成を行い、肥料は副食みたいな考え方をしていただければわかりやすいかと思います。

水草の中でも種類により光合成量に違いがあります。リシアやパールグラスなどのように活発に光合成を行う水草もあれば、アヌビアスなどのようにあまり活発には光合成を行わない種類の水草もあります。

光合成を活発に行うということは二酸化炭素の必要量が増え、同時に栄養の吸収量も増加します。よって「気泡を沢山あげる」=「光合成が盛ん」=「栄養が沢山必要」ということになるのです。

生長が早い水草は栄養吸収量が多いので水槽内の水質浄化能力も高くなります。生長が早い有茎水草を水槽立ち上げ時に沢山植えると水槽の立ち上がりが早くなり、コケが出にくい水槽になるのはこのような仕組みからなのです。

液体肥料と固形肥料の栄養吸収の違い

水草の肥料には固形肥料と液体肥料がありますが、それら肥料をうまく使いこなすには水草の栄養吸収の仕組みを理解しておく必要があります。

水草は水上葉の状態では葉や茎からの栄養吸収はできないと言われています。水中葉が展開する事により水中からの栄養も効率よく吸収できるようになるのです。

水槽立ち上げ時の水草植栽直後は葉や茎からの栄養吸収ができないので液体肥料を添加し過ぎると水槽内が栄養過多になりやすくなってしまいます。

水槽立ち上げ時は固形肥料やソイルに含まれる肥料のみで管理を行い、水中葉が新芽を出してから液体肥料を与えるようにすると良いでしょう。

まとめ

水草に必要な栄養素を理解し、どのような状態のときにどのような栄養素が不足しているのかを見極める力が必要。

ただ、闇雲に肥料を添加することはコケの大量発生を招くため避けなければならない。

水草が光合成を活発に行える環境を整え、必要とする栄養素を必要とするタイミングで適正に与えることで水草本来の素晴らしい姿を見ることができる。