ネイチャーアクアリウム展の会場をのぞいてみよう アクアリウム情報サイト水草水槽.com

ネイチャーアクアリウム展の会場をのぞいてみよう

水草水槽.com

ネイチャーアクアリウム展の会場をのぞいてみよう

水草水槽.com>>ネイチャーアクアリウム展の会場をのぞいてみよう

ネイチャーアクアリウム展

水草好きのアクアリストであれば、あのADAこと株式会社アクアデザインアマノが制作協力しているネイチャーアクアリウム展と聞いただけで会場がどんな風になっているのか凄く気になるところですね。

新潟の本社ギャラリーまでは遠くて見に行けないような首都圏近郊にお住まいの方でも東京ドームシティでしたら・・・そんな会場の雰囲気を一部ご紹介いたします。


会場に入るとまずは水景クリエイター世界のアマノでありながら、著名な写真家としても知られていた天野氏が生前残した大判写真作品の数々が展示されています。

ネイチャーアクアリウム展

私は写真については全くの素人で詳しいことはわかりませんが、写真から伝わってくる雄大さや構図の素晴らしさは肌で感じ取ることができます。

ネイチャーアクアリウム展

そして2008年7月開催のG8北海道洞爺湖サミットの会場に飾られた佐渡原始杉の超特大写真パネルが正面に現れます。

素晴らしい風景写真や水景写真を堪能しながら先に進むとその先に展示水槽が現れます。

ネイチャーアクアリウム展

水槽展示ゾーンには10基の水槽が並び、最後には巨大ネイチャー水草ウォールがダイナミックに展開されています。

一つ一つの水槽をじっくりと眺めながら、その水槽ごとのコンセプトを感じ取り、生態や水草の躍動感に触れていると時が経つのを忘れてしまいます。

平日の日中でもかなりの来場者がいますので天野氏の残した功績の凄さを感じさせられます。

それでは設置水槽を見ていきましょう。

ネイチャーアクアリウム展

1基目の水槽は石組みレイアウトとグロッソスティグマの組み合わせ水槽で、水槽に広い遊泳スペースを設けることによって広大な草原をイメージさせられます。

天野氏の最も得意とするレイアウト手法の一つですね。

その他にもいくつかの水槽の写真を載せておきます。

ネイチャーアクアリウム展

ネイチャーアクアリウム展

ネイチャーアクアリウム展

全ての水槽をお見せしてしまうと来場時の楽しみが減ってしまいますので、この辺でやめておきましょう。

ネイチャーアクアリウム展が閉幕したら、個々の水槽をじっくりとご紹介していこうとおもいます。各水槽の特徴やそこに使われている水草の数々、そして管理面などについて。


そしてこれが水槽ゾーン後半に鎮座する巨大ネイチャー水草ウォールですが、全容は来場にてご覧ください。

ネイチャーアクアリウム展

なんてそこまで意地悪はしません。写真ではそのスケールが伝わりにくいですが高さ3メートルまで水草の壁がそそり立っています。

ネイチャーアクアリウム展

ネイチャーアクアリウム展

今回のネイチャーアクアリウム展は水族館とは違い、展示スペースを借りての期間限定展示ですので、どうしてもすみだ水族館みたいな大型水槽はありませんが、逆に個人でも作成可能なサイズの水槽展示が多かった為、ご自身のレイアウト作成のヒントにもなるかもしれません。

流石に最後の巨大ネイチャー水草ウォールは無理ですが、、、(笑)

また、ADAのスタッフさんが常に数名いらっしゃいますので水草の育て方やレイアウトの作り方、水槽の管理方法なども細かく教えてもらえます。

水草水槽のプロに直接アドバイスをもらえる機会なんてそう多いものではありませんので、どんどん質問されてみてはいかかでしょうか。

ネイチャーアクアリウム展

水草水槽の展示ゾーンを抜けると世界一の人気を誇るリスボン海洋水族館に作成された全長40mの巨大ネイチャーアクアリウム「水中の森」が映像で再現されており、そのそばではその水槽の作成当時の映像が流されています。

こんな感じで簡単に展示会の一部をご紹介いたしましたが、写真や言葉ではどうしても伝えきれないものがあるものです。

是非ご自身の目でご覧ください。


お勧め記事


このページのTOPへ

PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

PR

水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む