物理濾過と生物濾過とは?仕組みとおすすめフィルター・ろ材

物理濾過と生物濾過とは?仕組みとおすすめフィルター・ろ材

水草水槽.com

物理濾過と生物濾過とは?仕組みとおすすめフィルター・ろ材

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>物理濾過と生物濾過とは?仕組みとおすすめフィルター・ろ材

生物濾過と物理濾過コケ対策や水質維持の話になると必ず出てくる言葉が、物理濾過と生物濾過です。

「物理濾過をしっかりしよう」、「生物濾過を上手く機能させよう」などと言われますが、そもそも物理濾過とは?生物濾過とは?


それらアクアリウムに於いて大切と言われている濾過をしっかり理解し、取り入れることはアクアリウムを成功させる鍵でもあります。

まずは物理濾過と生物濾過について再確認してみましょう。

物理濾過とは

物理濾過とは読んで字の如く物理的に濾過を行う濾過方式です。

ウールマットやスポンジなどを利用してエサの食べ残しや生体の糞、死骸など目に見えるレベルの大きなゴミを取り除く働きをします。

ネットを使い、人の手で枯れた水草や生体の死骸を掬い出す作業も考え方は物理濾過と同じことです。

物理濾過の仕組みとメリット・デメリット

物理濾過はフィルター内にウールマットやスポンジをセットしておき、ポンプの力で水流を起こし、水を通すことによって大きなゴミを取り除きます。

物理濾過のメリットは水槽内で腐敗する前の大きなゴミを取り除くため、水が汚れにくくなります。

生物濾過と違い微生物の力を利用しないので微生物の住処を確保する必要もありません。

物理濾過は生物濾過では追いつかないような大食漢な大型魚や肉食魚の飼育には最適です。

物理濾過のデメリットは目に見えないレベルの小さなゴミは取り除けない為、水換えをサボると水質が悪化しやすくなります。

金魚飼育や大型魚飼育では物理濾過をメインとした飼育方法が一般的です。

生物濾過とは

生物濾過とは生物(微生物)の力を借りて水を綺麗にする濾過方式です。

物理濾過では取り除けないような微細なゴミを微生物の力で分解して、生体に悪影響を与えにくい物質に変えていく、もしくは水草の栄養となる物質に変えていくものです。

イメージとしては森や林で落ち葉が微生物の力で分解され、木々の栄養となっていくサイクルを水槽内に再現したようなものです。

生物濾過の仕組みとメリット・デメリット

生物濾過は濾過フィルター内に微生物が住みつくようにろ材をセットしたり、底床を多めに敷くことにより、濾過バクテリアを繁殖させます。

繁殖した濾過バクテリアの働きにより水を綺麗にする仕組みですので、濾過バクテリアが健全に活動できる環境を整えてあげなければなりません。

生物濾過のメリットは、一度生物濾過の仕組みが水槽内に出来上がってしまえば、微生物の力により水の透明度が物理濾過のみの水槽とは比べものにならないほどあがります。

生物濾過の安定した水槽はコケの発生も抑えることができるので、茶ゴケなどに悩まされることはほとんどありません。

逆に生物濾過が確立できなければ、常に茶ゴケに悩まされる水槽となってしまうのも事実です。

生物濾過のデメリットは許容量があることです。

限られた水槽内では、微生物の働きにも限界があるため、濾過バクテリアの働き以上の餌の食べ残しや生体の糞などが溜まると濾過が間に合わずに水質が悪化してしまいます。

よって生物濾過では生物濾過に対するしっかりとした知識と適切な管理、最適な飼育数の維持などが求められます。

水草水槽や屋外のビオトープではこの生物濾過をしっかり確立させることが成功の秘訣です。

それぞれの濾過の仕組みを理解したところで各種濾過に最適なフィルターをご紹介致します。


物理濾過におすすめのフィルター・ろ材

物理濾過におすすめのフィルターは上部フィルターか外部フィルターです。

上部フィルターはお手頃な価格のうえにメンテナンスが容易な為、アクアリウムを始めようとしている方にはおすすめのフィルターです。

外部フィルターはその機能性から他のフィルターに比べて高値ですが、しっかり使いこなせば物理濾過と生物濾過の両立が可能な優れもののフィルターです。

生物濾過におすすめのフィルター・ろ材

生物濾過におすすめのフィルターと言えば、やはり外部フィルターです。

外部フィルターは各種フィルターの中でも生物濾過に重点をおき開発されたフィルターですので生物濾過に特化していることは間違いありません。

外部フィルターと水草の組み合わせで互いのメリットを上手に活かせれば自然界と同じような仕組みを水槽内に作り上げることも可能です。

生物濾過がしっかり機能している水槽は水が輝き、コケも少なく、水草や魚達が生き生きとしているものです。

高機能リングろ材 ライフ

生物濾過と物理濾過ろ過を考えるうえでフィルター選びと同じくらい大切なことがそこに使用されるろ材選びです。そんなろ材の中でおすすめのろ材がライフです。

ライフはミネラル成分豊富な天然由来の海洋性粘土と水銀やカドミウムなどの有害物質を完全に除去した安全性の高いホタテパウダーが入った高機能性ろ材です。

カルシウムなどのミネラルを溶出するので、エビなどの甲殻類にも絶大な効果を発揮します。

焼成時にクルミの殻を最適な割合で混ぜ込むことで表面を非常に多孔質に仕上げており、バクテリアにとって最適な環境が再現されています。

ろ材選びに迷った時には、まず検討してみたいろ材の一つです。

- 高機能リングろ材ライフ -
amazonで購入
楽天で購入
Yahooショッピングで購入

パワーハウス ソフト

生物濾過と物理濾過パワーハウスと言えば、ろ材の王道と言われるほど多くのアクアリストに認められているろ材です。

パワーハウスは水槽の水を一定のpHに保ってくれる高性能ろ材で、その中でもソフトタイプは水質を弱酸性に保つため、淡水の熱帯魚、金魚、水草など幅広く使用することができます。

- パワーハウス ソフト -
amazonで購入
楽天で購入
Yahooショッピングで購入


水草は元気に成長しているけれど、もう少し色鮮やかにしたい。トリミングや植え替え後に成長が鈍ってしまった。そんな時は水槽にHB-101を数滴。
hb101
PR プロも太鼓判の植物活力液
>>話題の園芸用肥料 HB-101で水草の活力アップと水質浄化


お勧め記事



PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

PR

よく読まれている記事

  • 画像で判別!水草水槽のコケ対策 コケの種類と原因・対策

    水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べ>>続きを読む


  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図>>続きを読む


  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてし>>続きを読む


  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方と活着のコツ
  • ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウト>>続きを読む


  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景>>続きを読む


  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむ>>続きを読む


  • リシアの育て方
  • リシアは水槽に緑の絨毯を敷き詰めたようなレイアウトを作り上げることができます。その水草絨毯に>>続きを読む


    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている