餌の量と頻度で悩むミナミヌマエビのエサやり

餌の量と頻度で悩むミナミヌマエビのエサやり

水草水槽.com

餌の量と頻度で悩むミナミヌマエビのエサやり

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>餌の量と頻度で悩むミナミヌマエビのエサやり

ミナミヌマエビ ミナミヌマエビは雑食性で水槽内のコケなどを食べてくれるコケ取り生体として有名ですが、実際に飼育してみると水槽内のコケだけで本当にエサは足りているのか?他にどんなものを食べるのか?エサを与えるとしたらどのくらいの量をどのくらいの頻度で与えればいいのか?などいろいろな疑問が出てくるものです。

そんなミナミヌマエビのエサやりに対する疑問に対して考えていきましょう。


ミナミヌマエビの餌不足は起こるのか

雑食性で生物の死骸や微生物の死骸、藻類などなんでも食べることで知られているミナミヌマエビですが、飼育水槽内で餌不足になることはあるのでしょうか?

この疑問にはイエスでもあり、ノーでもあると言えます。その理由を順に考えていきましょう。

まず、プラケースなどで水草やソイルなども入れずに、ミナミヌマエビだけを単独飼育した場合には餌不足が起こる場合もあります。それは容器の中で繁殖するコケや微生物の量が少なく、それを捕食するミナミヌマエビの数が多ければエサは徐々になくなっていくからです。

逆に水草水槽や屋外のビオトープなどでミナミヌマエビを飼育していればエサは自然と繁殖するコケや微生物で補えてしまうのです。

そのような理由から「ミナミヌマエビを水草水槽に入れていますが、何年もエサを与えていません。」なんて話はよく聞く話です。

確かにエサが無ければミナミヌマエビであっても生きてはいけませんが、雑食性であるがゆえに水槽内に自然と繁殖してくるもので大抵エサは補えてしまうのです。

ただ、その関係には水槽内にいるミナミヌマエビの数 < 水草の量、コケの量、微生物の量、生物の死骸といった公式が成り立っていることが前提となります。

公式というと少々堅苦しく感じますが、イメージとしてビオトープであっても水草水槽であってもその空間に自然のサイクルが出来上がっていれば、ミナミヌマエビもその食物連鎖の一員として生活ができるということです。

野生のミナミヌマエビにエサを与えることはほとんどないはずです。しかし野生のミナミヌマエビはコケや水草、微生物や生体の死骸など様々なものを食べて力強く生きています。

水槽内にその一部を切り取ったような環境ができあがっていれば、あえてエサを与えなくてもミナミヌマエビは生きていけるのです。

ただ、水槽の環境に対して極端にミナミヌマエビの数が多いときはエサを与えたほうがいいでしょう。その数のあまり、コケを食べ尽くせばウィローモスなどの苔類や柔らかい水草に手を出すこともあり得ます。

ミナミヌマエビ 餌の量と頻度

エサを与えることは、成長促進や繁殖にも効果がありますが、過剰なエサやりは食べ残しや排泄物の増加による水質悪化を招きやすくなりますので注意が必要です。

鯉や金魚など大型の魚であれば量や一日の回数に気を付けながらエサを与えていきますが、ミナミヌマエビの場合は的確に量や頻度を決めることはできませんし、決める必要もありません。

というのもその水槽にいるミナミヌマエビの数が違えば与える量も違いますし、屋外の場合やヒーターを使用していない水槽であれば水温の変化によってもミナミヌマエビの食欲は変わってきます。

よってこのくらいの量をこのくらいの頻度で与えてくださいというような話はできないのです。

ただ、そうなるとどうしていいのか???

そこで大切な事は与え過ぎないことです。気持ち足りないくらいで問題ありません。

その量は水槽ごとに違いますので時間をかけて感覚を養っていってください。

エサの食べ残しが起こり、水質の悪化を早めている状況になったら間違いなくエサの与え過ぎです。

逆にエサを与えても、エサを与えていない時期と同じような水質を保て、水質の悪化が起きなければエサの量は適正と言えるでしょう。


水を汚さないミナミヌマエビの餌やり

ミナミヌマエビは本当になんでも食べてくれる雑食性で食欲旺盛なエビです。よって餌選びに悩むようなことはほとんどないと思いますが、エサの種類によって水を汚しやすいエサもありますのでその点にも気を使うようにしましょう。

基本的に動物性のエサは水質を汚しやすい傾向にあり、フリーズドライの赤虫などは良く食べるのですが、あまりお勧めできません。

容器などに入れ、食べ残しは翌日取り出せるようにしておくなどの工夫をしながら、たまに与える分には良いかもしれませんが主食とするのはやはり控えたいものです。

ミナミヌマエビ専用のフードというものは販売されていませんが、ヌマエビ用のエサやエビ用のエサなどは販売されていますので上手く活用してみるのもいいでしょう。

また、テトラミンやキョーリン プレコ、キョーリン コリドラス、ザリガニのエサなどでも良く食べます。

エビのエサをamazonで購入
エビのエサを楽天で購入

ミナミヌマエビが餌を食べない

ミナミヌマエビは雑食性で常に何かしらのエサをつまむように食べているイメージの強い生き物ですので、全くエサを食べないというのは何かしら異常があるシグナルかもしれません。

考えられる要因には怯え、低体温、水質が挙げられます。

まず一つ目の怯えですが、これは同じ水槽内にミナミヌマエビを捕食するような大型の魚がいるときなど、流木や水草の陰に隠れてエサを食べることをしません。

自分が食べられるかどうかというときに呑気に食事をしている生物はいないはずです。

ミナミヌマエビを別の水槽に移すなどして安全を確保してあげ、静かに見守ってあげれば徐々にエサを食べるようになります。

二つ目の低体温ですが、ミナミヌマエビは周りの温度に影響を受ける変温動物です。

よって水温が低下し、活発に活動できる水温以下になると消化機能も低下するのでエサを食べなくなります。越冬などを控えている時期であればエサを食べないことはさほど問題視することではありませんのでそっとしておいてあげましょう。

最後が水質の影響です。これが一番問題視しなければいけない状況で、水質の急変や水質の悪化はミナミヌマエビの体調不良を招き、エサも食べられない状態となるのです。

そのようなときは最悪の場合そのまま★になってしまうこともあります。

原因を探し、対策を施さなければなりません。

水質の悪化の場合には水替えを行い、水槽内の水質を正常な状態に戻してあげます。

水槽投入直後などではペーハーショックを起こしている可能性もあります。その場合にはあまりいじくりまわさずにそっと状態が良くなるのを待つしかありません。

唯一、ペーハーショックを起こさないようなしっかりとした事前の水合わせを行うことが予防策となります。

>>ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由


前の記事>>ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由
次の記事>>ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼

水草は元気に成長しているけれど、もう少し色鮮やかにしたい。トリミングや植え替え後に成長が鈍ってしまった。そんな時は水槽にHB-101を数滴。
hb101
PR プロも太鼓判の植物活力液
>>話題の園芸用肥料 HB-101で水草の活力アップと水質浄化


関連記事

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてくれるコケ取り生体として有名ですが、>>続きを読む


  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • ミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめることでしょう。アクアリストにとって飼育し>>続きを読む


  • どっちがおすすめ⁈ミナミヌマエビの屋内飼育と屋外飼育
  • ミナミヌマエビを飼育するのに屋内の水槽で飼育するのと屋外で飼育するのではどのように違うのか?飼育方法や水温管理などの観点から>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの水合わせ 成功と失敗の理由から点滴法まで
  • 熱帯魚や金魚、メダカやエビ類など水棲生物を水槽に投入する際には、水合わせをすることが当たり前のように言われていますが、何故水合>>続きを読む


  • ミナミヌマエビの繁殖 産卵から抱卵・稚エビの成長までの疑問を解決‼
  • ミナミヌマエビは初心者でも繁殖が容易で、親エビが卵を抱えた姿や稚エビの姿を楽しめるエビとして非常に人気があります。そんなミナミ>>続きを読む



    お勧め記事



    PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    よく読まれている記事

  • 画像で判別!水草水槽のコケ対策 コケの種類と原因・対策

    水草水槽でアクアリストが必ずと言ってよいほど悩まされる問題、それがコケの発生による原因探しと>>続きを読む


  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べ>>続きを読む


  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図>>続きを読む


  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてし>>続きを読む


  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応>>続きを読む


  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができて>>続きを読む


  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制>>続きを読む


  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽>>続きを読む


  • ウィローモスと南米ウィローモスの育て方と活着のコツ
  • ウィローモスと南米ウィローモスを流木に活着させて綺麗な流木レイアウトを作る為のウィローモスの>>続きを読む


  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウト>>続きを読む


  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景>>続きを読む


  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむ>>続きを読む


  • リシアの育て方
  • リシアは水槽に緑の絨毯を敷き詰めたようなレイアウトを作り上げることができます。その水草絨毯に>>続きを読む


    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている