水草水槽をはじめるのに最適な季節 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

水草水槽をはじめるのに最適な季節

水草水槽.com

水草水槽をはじめるのに最適な季節

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>水草水槽をはじめるのに最適な季節

水草と季節10月ともなれば夏の暑さも忘れてモミジの紅葉などをイメージする季節のはずですが2016年、今年の10月は異常気象でしょうか。

台風18号の北上や北日本を通過した低気圧の影響で東日本上空1,500m付近には夏に匹敵するような暖かな空気が流れ込んでいると言われています。そこに日差しが戻ってきたことで関東を中心としたエリアでは10月とは思えない暑さになりました。

10月初頭、東京都心では昼過ぎに32.0℃まで気温が上昇。10月に32℃まで気温が上がるのは1979年以来37年ぶりとのことです。そんなちょっとおかしい気温の近年ですがそれでも秋は着実にやってきているようです。

水草と季節当サイトへのアクセス数などを見ていて毎年感じるのですが水草水槽に興味を持ち、当サイトへ訪問してくださるアクアリストの方は5月頃から数が増え、9月をピークに徐々に減少していく傾向があります。

このアクセス数の減少=水草水槽に関わる方の減少なのでしょうか。もしかしたら春先や夏にアクアリウムを始めようとする方が多いのかもしれません。

ただ水草水槽には始めやすい季節があるということをご存知でしょうか?意外かもしれませんが実は水草水槽をはじめるのでしたら夏場より断然、今くらいの季節の方がトラブルが少なくて済むのです。

夏の暑さも落ち着き始め水温の上昇によるトラブルにも見舞われずにすみますし、水換えに使用する水道の水も熱帯魚や水草が好む水温に近いこともあって扱いやすい。

水槽のセットや掃除をするにも暑すぎず、寒すぎず。

まさしく食欲の秋、読書の秋、水草の秋ではないでしょうか。

春夏秋冬、一年の中で水草水槽を始めてはいけない季節というものはありませんが初心者の方には始めにくい季節があるのも事実です。

春からはじめる水草水槽

水草と季節4月から6月くらいまでの春は多くの人が新しい生活を始める季節でもあります。進学や就職に伴う引っ越しなどもあるかもしれません。そんな新しい部屋に熱帯魚や水草などの癒しを求めてアクアリウムをはじめるのもいいでしょう。

この季節は水を扱うにも冷たくない季節であり、水槽を立ち上げるにはいい季節でしょう。ただ一つ気をつけなければいけない点がこれから夏を迎えるということです。

4月や5月に猛暑日などをイメージするのは少々難しいですが水草水槽にとって一番厄介な季節でもある夏に備えて準備を始めなければなりません。

その準備というのがまずは夏の日差しに備えた水槽の設置場所の確認です。夏になったら室温が異常に高くなるような部屋では無いか、夏の直射日光は水槽に差し込まないかなどを確認しておきましょう。

水温の上昇は水槽内の溶存酸素量を低下させるうえに水槽内で生活する全ての生態の活性を高めるために必要酸素量は上昇するといった矛盾が生まれます。

水槽内の生態とは熱帯魚やエビだけではなく、水草や濾過バクテリアなども含まれます。濾過バクテリアは水槽が立ち上がるとともに徐々に増えていきますのでその事も頭に入れておき、水温が上昇しても十分な酸素量が確保できるようにしておきましょう。

一番簡単な方法は生態の数を抑える事です。水槽が立ち上がり落ち着いてくると徐々に熱帯魚などを増やしたくなるのがアクアリストの心情ですが一夏越えるまではぐっと我慢をしてまずは水槽の環境を整えることに専念しましょう。

それが長く水槽を維持するコツでもあります。

夏からはじめる水草水槽

水草と季節7月から9月くらいまでの夏は水を扱うには一番気持ちのいい季節であることは間違いありません。夏の暑さを吹き飛ばすが如く、涼を求めてアクアリウムをはじめるのもいいでしょう。

しかしこの季節が水草水槽にとっては一番難しい季節でもあるのです。その理由は何と言っても水温の上昇です。多くの水草が好む26℃前後の水温に保つことが水草水槽には求められる管理ですが、日本の夏はゆうにその気温を越してきます。

さらには水草の光合成の為に設置する照明などの周辺設備が水温の上昇に拍車をかけるので気が抜けません。

水温を一定に保つための水槽用クーラーなども市販されていますが水草水槽をはじめたばかりの初心者にはなかなか手が出しにくい高価なものである事も間違いありません。

秋からはじめる水草水槽

10月から11月くらいまでの季節は水温の上昇の心配からも解放される季節であり、一番水槽を立ち上げやすい季節なのです。

水槽の立ち上げ時期は水質が不安定になりやすく管理の難しい時です。そのような時期に水温が一定に保てることは非常にありがたい事で逆に水質が不安定な上に水温も不安定では立ち上がるものも立ち上がらなくなってしまいます。

水温を一定に保つことがどれだけ水質を安定させることに大切なことか改めて思い知らされる季節でもあるでしょう。

冬からはじめる水草水槽

12月から3月くらいまでの冬場は夏場に比べれば非常に水槽を管理しやすい季節と言えます。その理由の一つがヒーターさえ設置しておけば水温で悩まされる事はまずないからです。

冬場の管理で気をつけなければいけない点は水換え時の水温と水質です。冬の低水温は水槽内の水温との温度差が大きくなる為にそのまま水槽に投入することはあまりお勧めできません。

よって予備の水槽とヒーターなどを用意して汲み置きをし、水温を理想の水温に保ってから水換えに使用するようにしましょう。

また冬場の水道水はカルキの濃度が一年のうちで一番高くなる季節でもありますのでしっかりとカルキ抜きを行い水槽内にカルキを持ち込まないようにしましょう。

このように季節によって水槽を立ち上げやすい季節、管理しやすい季節があるのですが管理するアクアリストにとって気持ちのいい季節や管理しやすい季節を優先するのではなく水槽内で起きている水質の変化に対して一番安定しやすい季節にはじめることが水草水槽を上手く管理するコツの一つかもしれません。

さて、秋の夜長に水草水槽を眺めながら過ごす生活は如何でしょうか。

水槽セットをamazonで購入
水槽セットを楽天で購入


このページのTOPへ

アクアリウム全般の疑問・トラブル

  • レイアウトの前景に使える水草を教えてください
  • ADA製品の肥料成分について教えてください
  • 水槽の硝子や水草に付く茶色い苔の対策方法
  • ミナミヌマエビの数が減っているのですが
  • 水草を食べる熱帯魚はいますか?
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(水換え編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(トリミング編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(光量維持編)
  • 水草購入で無農薬と農薬使用どちらがいいの
  • 自然水景を切り抜いたような水槽とは
  • ブラックウォーターと水の黄ばみの関係
  • 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由
  • 夏場の水温対策
  • 水質測定の重要性と知識 アンモニアについて
  • 水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について
  • 流木の使い方と水草の相性
  • 水槽の立ち上げと水草の植栽時期
  • メダカと水草の相性
  • 金魚と水草を一緒に育てるための考え方と知識
  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較
  • 水槽内の小さなナメクジ?プラナリア退治
  • ビオトープにおすすめなメダカと水草
  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • 節電効果も見込める夏場の高水温対策
  • 規則正しい生活リズムはアクアリウムでも大切!
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!選び方とレイアウト編

  • PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

    PR

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む