稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

水草水槽.com

稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件

ミナミヌマエビミナミヌマエビの魅力と言えば水槽内のコケを食べてくれることと水槽内で容易に繁殖を楽しめることでしょう。アクアリストにとって飼育している生態の繁殖は一大イベントと言っても過言ではありません。

たくさんの卵を抱えて泳ぎ回るメスのミナミヌマエビの姿や水草の陰から顔を出す小さな稚エビの姿を見つけた時の感動は大きなものです。

そんなミナミヌマエビの繁殖に挑戦してみましょう。


ミナミヌマエビの繁殖に挑戦と言っても実はそんなに難しいものではありません。ごく普通に親エビが元気に育つ環境を維持していればいつの間にか産卵をして稚エビを見られるようになります。

産卵の条件を強いて挙げるとすればベアリングの可能性を高める為に最低数の親エビは確保したいものです。

その最低数というのも必ずこの数必要というのもないので私の経験からお話をすれば60cm水槽で水草をそこそこ入れてある水槽なら10匹から20匹程度を入れておけば間違いないでしょう。

というのもミナミヌマエビはショップなどで購入する際にオスメスを分けて販売していませんのでまとめ買いをしてその中にオスとメスが混ざっている感じになります。

よって10匹から20匹程度を購入しておけばその中に双方が含まれている可能性は高くなります。また水草水槽のコケ取り役としてもその位の数なら過剰になることもありません。


ミナミヌマエビの繁殖と水温

ミナミヌマエビもう一つミナミヌマエビの繁殖に大切なことは水温です。ヒーターを使用した水草水槽や熱帯魚水槽なら気にする必要はありませんが屋外飼育などの場合には水温が20℃を超えるような時期でないと繁殖はなかなかしてくれないでしょう。

親エビの適正数と水温がクリア出来たらあとはミナミヌマエビが元気に育つ環境を維持してあげればいつの間にか産卵をしてくれます。

その為にはミナミヌマエビが元気に育つ環境についても触れておきましょう。

ミナミヌマエビが元気に育つ環境を大きくまとめると

  • ①水質が安定している
  • ②餌が豊富にある
  • ③外敵などミナミヌマエビを襲う生態がいない
  • この3つについて一つずつ解説していきましょう。

    水質が安定している

    水質が安定しているとは二つの意味があり急激な変化が無いことと悪化していないことです。水質の急激な変化とは水換えなどによりpHが大きく変化したり、水温が大きく変化することを指します。

    ミナミヌマエビなどのエビ類は熱帯魚以上にこの水質の急変に弱い面がありますので水換えは少ない量をこまめに行うなどして急激な水質の変化が起きないようにしましょう。

    この時、カルキ抜きも忘れずに!

    もう一つの水質の急変が水槽投入時です。ミナミヌマエビを購入してから自分の水槽に入れる時はショップで飼育されていた環境から自分の水槽の環境へと変わるわけですからミナミヌマエビにとっては大きな環境の変化なのです。

    いくら自分の水槽の水質が安定していようがミナミヌマエビ自体が全く違った環境に引っ越してくるようなものなのですからこの時の水合わせはしっかり行ってあげましょう。

    まずは袋ごと水槽に浮かべて水温合わせを行い、その後水槽の水を少しずつ袋に入れて慣らしていきます。この作業を数回繰り返してミナミヌマエビが水質に慣れたら水槽内にそっと離してあげましょう。

    水合わせが上手くいったらまずは一安心です。

    また立ち上げたばかりの水槽は濾過バクテリアの繁殖がまだまだ未熟なためアンモニアや亜硝酸といった物質が検出されやすいものです。

    ミナミヌマエビはこれらの物質にも過剰に反応しますので出来れば立ち上げたばかりの水槽には投入せずに水草やパイロットフィッシュなどを入れてある程度、水が出来上がってからミナミヌマエビを入れるようにしましょう。

    水槽の立ち上げの話は他のページで詳しくご紹介していますので知っておきたい方は『水槽立ち上げ時のトラブル対策』や『水質を考える』のカテゴリを確認してみてください。


    水質の悪化とは

    水質の悪化とは読んで字のごとく水槽内の水質が悪くなっていくことを指します。水質が悪化する理由には餌の与えすぎ、生態の入れすぎ、濾過能力不足が挙げられます。

    初心者に多いのが早く大きくなってほしい、元気に育ってほしい、餌を食べる姿が見たい。

    そんな理由からついつい餌を与えすぎてしまうことが多いようですがそれらは全て水質を悪化させる要因であることも忘れないでください。

    食べ残しがあれば水槽内で腐敗が進みアンモニアや亜硝酸が生成されていきます。それらの物質は先にも述べたようにミナミヌマエビにとっては害になる物質なのです。

    また水槽内ではミナミヌマエビ達がいる底の方ほど水質の悪化が進みやすくなりますのでさらに良いことでは無いのです。

    よって沈殿物を溜めないように餌やりは控えめにしましょう。水槽内に流木や水草を入れてあればそこに生えたコケや水草の新芽などをついばんでいますので滅多なことで餓死するようなことはありません。

    もし餌の食べ残しや生態の排泄物などで底床が汚れているようなら底床クリーナーなどを利用してこまめに掃除をしてあげましょう。またろ過フィルターにも気を配り水槽内全体の水が循環している状態を保てるようにしましょう。

    水作 プロホース エクストラをamazonで購入
    水作 プロホース エクストラを楽天で購入

    ろ過フィルターの能力不足や流木、密集した水草などで水槽内に淀みができていたりすると水質の悪化を早める要因となってしまいますので気をつけましょう。

    餌が豊富にあるか

    水槽内に何も入れずにミナミヌマエビだけを飼育しているような環境では餌不足に陥ることもありますが水草や流木を入れておけばミナミヌマエビの餌は確保できていると思っても大丈夫です。

    さらに定期的に植物食性のプレコやオトシンクルス用の餌などを与えるのも良いかもしれません。それもまた足りないかなくらいに控えめに与えるのがコツです。

    先にも述べましたが『餌が豊富にある』と『餌が過剰にある』は違いますので水質を悪化させにくい適正量を掴めるようにしましょう。

    外敵などミナミヌマエビを襲う生態がいない

    ミナミヌマエビを飼育している水槽であれば混泳にも注意を払っているでしょうから大型魚や金魚やシクリッドなどは入れていないでしょうが稚エビにとってはさらに気をつけなければいけないことがあります。

    それは親エビにはまったく無関心な小型の熱帯魚などでも稚エビとなると話が変わってきてしまうからです。

    熱帯魚は基本的に口に入る大きさのものを餌として認識する習性がありますので親エビが問題無くとも稚エビが襲われてしまうこともあります。

    よってミナミヌマエビの繁殖を目指すならおとなしい小型のカラシンなどを少なめにいれるくらいにしておきましょう。

    また稚エビが隠れられるようにウィローモスやマツモなどの細かい葉の水草をたくさん入れておくことも稚エビの生存率を高める良い方法です。

    ウィローモスをamazonで購入
    ウィローモスを楽天で購入

    夏場の高水温にも注意

    外気が30℃を超えるような夏日には水槽の水温も高めになってしまいます。水温の上昇は水中の溶存酸素濃度を著しく低下させるためエビ類にとっては致命傷となることもあるのです。

    特に体の小さい稚エビにとって水温の上昇は死活問題となってしまいますので暑くなる前から水温対策もしておきましょう。

    水槽用クーラーを使用出来れば理想なのですがそこまで準備出来ないような場合は小型のファンを設置したり、蛍光灯のリフトアップをするなどの方法もあります。

    水槽用クーラーと冷却ファンをamazonで購入

    ミナミヌマエビが元気に育つ環境をまとめると濾過バクテリアがしっかり繁殖しており、濾過能力に優れていること。隠れ家や餌として水草や流木など自然を多く取り入れていること。そして水質が安定していること。

    この環境こそまさしくネイチャーアクアリウムなのです。ミナミヌマエビを元気に育て繁殖を成功させる為に大切なことは自然に近い環境を作り上げそっと見守ってあげることなのです。

    通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 正しい水はアクアリウムの原点です
  • ワンランク上のろ過に挑戦!極上のろ過は外部式でキマリ
  • 夏の水槽トラブル傾向と対策特集
  • 安心の機能性で確実な水温管理を実現!クーラー&冷却ファン特集

    前の記事>>ビオトープにおすすめなメダカと水草
    次の記事>>節電効果も見込める夏場の高水温対策


    お勧め記事


    このページのTOPへ

    アクアリウム全般の疑問・トラブル

  • レイアウトの前景に使える水草を教えてください
  • ADA製品の肥料成分について教えてください
  • 水槽の硝子や水草に付く茶色い苔の対策方法
  • ミナミヌマエビの数が減っているのですが
  • 水草を食べる熱帯魚はいますか?
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(水換え編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(トリミング編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(光量維持編)
  • 水草購入で無農薬と農薬使用どちらがいいの
  • 自然水景を切り抜いたような水槽とは
  • ブラックウォーターと水の黄ばみの関係
  • 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由
  • 夏場の水温対策
  • 水質測定の重要性と知識 アンモニアについて
  • 水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について
  • 流木の使い方と水草の相性
  • 水槽の立ち上げと水草の植栽時期
  • メダカと水草の相性
  • 金魚と水草を一緒に育てるための考え方と知識
  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較
  • 水槽内の小さなナメクジ?プラナリア退治
  • ビオトープにおすすめなメダカと水草
  • 節電効果も見込める夏場の高水温対策
  • 規則正しい生活リズムはアクアリウムでも大切!
  • 水草水槽をはじめるのに最適な季節
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!選び方とレイアウト編
  • 苔ブーム到来!嫌われるコケと好かれる苔

  • PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む