アクアリウムにおける夏場の高水温対策 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

アクアリウムにおける夏場の高水温対策

水草水槽.com

アクアリウムにおける夏場の高水温対策

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>アクアリウムにおける夏場の高水温対策

夏の高水温対策熱帯魚飼育や水草育成と言ったアクアリウムにおいて一番管理が難しくやっかいな季節が気温の上がる夏場なのです。冬場の温度低下に対しては室内に水槽を設置していれば氷点下になることはほとんどなくヒーターを設置しておくことにより適切な水温に保つ事は容易です。しかしその反面夏場の水温上昇に対しては頭を悩ませるアクアリストの方も多いようです。

本格的に熱帯魚飼育や水草育成を行われている方であればアクアリウム水槽専用の部屋を用意するなどして温度管理は行えますが大半のアクアリストの方は普段の生活スペースの一角に水槽を設置しているものです。

また多くの方が水温が一番上がりやすい昼間の時間帯に仕事などで外出していることが多く1日中クーラーを入れておくことも電気代がかさんでしまいますので頭の痛いところでしょう。

結局は自然の力に成すすべもなく帰ってきてから水温計を眺め驚かさせることとなります。ただ夕方や夜などに帰宅し確認すると日中よりも多少なりとも涼しくなっていますのでできれば日中の一番熱い時間帯の水温も把握できるといいでしょう。

最高水温と最低水温の記録ができるデジタル水温計などを利用していると一日の最高水温が記録されますので日中の最高水温なども確認することができます。

温暖化と猛暑日によりさらに過酷に

夏の高水温対策私が子供の頃は30℃にもなると非常に暑い日だと感じたものですがここ数年、年を追うごとに温暖化の影響で夏日から猛暑日になる日数も増え35℃、36℃などになる日や地域も増えたように感じます。

アクアリウムを趣味とする私たちにとっては温暖化や猛暑日と聞くとまた水槽管理が難しい季節がやってきたなあとすぐにそのような事が頭の中に過ってしまうものです。

熱帯魚や水草などもさすがに36℃にもなると生命の危機に直面してしまいますので私たちアクアリストとして非力ながらもできる対策をここでは紹介いたします。

高水温がもたらす問題

水温を下げる対策の前になぜ高水温がアクアリウムの障害となるのかをご説明いたします。日中の気温が上昇する真夏でも自然界では多くの水生生物が元気に生活しています。

また熱帯魚などはその名の通り赤道に近い暑い地域が生息地となっていますので暑さには強いのではと思われる方もいるのではないでしょうか。

確かに熱帯魚は暑さには強いのですがそこにはアクアリウムと言った小さな水槽内だからこそ起きる問題があるのです。

水槽サイズにより水温の変化は多少抑えることができますがそれでも大自然の壮大さに比べたら私たちの管理する水槽は非常に小さな小さな隔離された空間にすぎません。

その水槽の中の水温よりも周りの気温が高くなった時や直射日光をまともに受けるような部屋に管理されている水槽などでは外気の影響を受けやすくなってしまいます。

時間の経過とともに水温が上昇すると水槽の中では生物の新陳代謝があがり活動が活発になってきます。このことは冬場の寒い時期と春先から夏にかけての温かい時期とで生物の活動の違いをみていると解りやすいのではないでしょうか

新陳代謝の高まった熱帯魚や水草、さらにはバクテリアなどの微生物などは活動を支えるために多くの酸素を要求します。

そのため水槽内では生態数は変わっていなくとも水が汚れやすくなったり酸素不足の症状が起こることもあるのです。

さらに水温の上昇は生態の有無にかかわらず溶存酸素量も下げてしまいますので生態は酸素を多く求めるのに対して溶存酸素は少なくなってしまうといった問題が起こるのです。

この状態を放置しておけば水温の上昇とともに生態は弱り、水槽の環境は深刻なものになることは容易に想像いただけるとおもいます。そのために問題が大きくなる前に高水温対策をしなければならないのです。

それでは対策の本題に入っていきましょう。まず資金的に余裕があるのであればアクアリウム水槽用のクーラーや冷却ファンをお勧めします。アクアリウム水槽用のクーラーは費用的に高めですがそれなりの費用対効果は望めます。

テトラ クールタワー CR-3NEWをamazonで購入
テトラ クールタワー CR-3NEWを楽天で購入

冷却ファン冷却ファンは水槽の気化熱を利用して水温を下げるもので環境によって左右されるところがありますが2℃~4℃程度の温度低下が見込めます。冷却ファンを使用する際は気化熱の影響で水の蒸発が多くなりますので水位には注意してください。

また冷却ファンを使用するときは専用の逆サーモを使用することで設定温度より水温が上昇するとスイッチがはいり、水温が低下するとスイッチが切れるよう管理する必要があります。市販のものでセットになっているものがありますのでそのようなものを購入するといいでしょう。

ニッソー ぴたっとファン サーモプラスをamazonで購入
ニッソー ぴたっとファン サーモプラスを楽天で購入

他にもちょっとした方法で水温上昇を抑えることができます。よくあるのが水温が上がってしまうので水槽に氷を浮かべる方法ですがこれは絶対にやってはいけません。

氷を入れることで一時的に水温を下げることはできますが急激な温度変化が起こり熱帯魚や水草には非常に過酷な状況を作り上げてしまいます。水温が徐々に変化していくことには対応できますが急激な変化には対応できないものなのです。

適切な方法としてはまず水温上昇の要因である蛍光灯の熱を抑えることです。蛍光灯をリフトアップすることで水面からの距離が取れリフトアップした隙間から放熱できるため非常に効果があります。また蛍光灯の点灯時間を一番暑い時間帯からずらすことにより水温上昇を抑える方法もあります。

ライトラック蛍光灯のリフトアップにはニッソーなどからライトラックなども販売されていますので検討されてみてはいかがでしょうか。

市販のライトラックは45~90cm水槽用で蛍光灯の放射熱の影響や熱のこもりを少なくし、水温の上昇を和らげてくれます。また照明の取り付け高さは約5~15cmまで5段階の調節ができますので水槽のメンテナンスなどでも使い勝手をよくすることもできます。

ニッソー ライトラックをamazonで購入
ニッソー ライトラックを楽天で購入

他にも小まめな水換えや水量を増やすことによる温度上昇抑制などもあります。小型水槽ほど温度上昇は早いため一ランク大きめの水槽にすることで水量を増やし温度上昇を緩やかにする方法もあります。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 安心の機能性で確実な水温管理を実現!クーラー&冷却ファン特集
  • 水槽 夏の暑さ対策特集


    このページのTOPへ

    アクアリウム全般の疑問・トラブル

  • レイアウトの前景に使える水草を教えてください
  • ADA製品の肥料成分について教えてください
  • 水槽の硝子や水草に付く茶色い苔の対策方法
  • ミナミヌマエビの数が減っているのですが
  • 水草を食べる熱帯魚はいますか?
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(水換え編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(トリミング編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(光量維持編)
  • 水草購入で無農薬と農薬使用どちらがいいの
  • 自然水景を切り抜いたような水槽とは
  • ブラックウォーターと水の黄ばみの関係
  • 市販のバクテリアは意味がないと言われる理由
  • 水質測定の重要性と知識 アンモニアについて
  • 水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について
  • 流木の使い方と水草の相性
  • 水槽の立ち上げと水草の植栽時期
  • メダカと水草の相性
  • 金魚と水草を一緒に育てるための考え方と知識
  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較
  • 水槽内の小さなナメクジ?プラナリア退治
  • ビオトープにおすすめなメダカと水草
  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • 節電効果も見込める夏場の高水温対策
  • 規則正しい生活リズムはアクアリウムでも大切!
  • 水草水槽をはじめるのに最適な季節
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!選び方とレイアウト編
  • 苔ブーム到来!嫌われるコケと好かれる苔

  • PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

    PR

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む