市販のバクテリアは意味がないと言われる理由 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

市販のバクテリアは意味がないと言われる理由

水草水槽.com

市販のバクテリアは意味がないと言われる理由

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>市販のバクテリアは意味がないと言われる理由

ネット上などで市販のバクテリアは入れても意味がないという言葉を見かけることがあります。また極端な場合、市販のバクテリアを水槽内に投入すると水槽崩壊へ繋がるとさえ言われてしまうこともあります。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?それにはバクテリアの働きの仕組みと有効な活用方法を理解する必要があります。上記のような状態になってしまうには理由があり、その理由を理解しないで闇雲に投入した結果がこのような状態を招くことになります。


まずはバクテリアの仕組みと必要性を説明いたします。自然界には分解者と呼ばれるバクテリアが数多く存在しバクテリアの力によって水槽内の浄化作用は成り立っておりこの自然浄化作用を窒素循環といいます。

アクアリウムにおける窒素循環とはバクテリアや水草、苔により窒素化合物が生成、分解されていくプロセスのことをいい水槽内では糞や枯草、餌の食べ残しなどの有機物は脱窒菌や光合成細菌などのBOD酸化細菌によって分解されます。

脱窒素菌の場合、バクテリアは好気下(酸素がある状態)では酸素を使いながら、また、嫌気下では硝酸塩のなかの酸素を使いながら有機物を分解しアンモニア、二酸化炭素、窒素などに変えます。

次にアンモニアは硝化菌の中のニトロソモナスを代表とするアンモニア酸化細菌によって分解されて亜硝酸へと変わります。 そして、亜硝酸は硝化菌の中のニトロバクターを代表とする亜硝酸酸化細菌によって分解されて硝酸塩へと変わります。また、このとき有機物を分解した際に出るCO2を使いながら分裂を行います。

アンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌をまとめて硝化菌といいます。このようなバクテリアの働きにより水槽内では水が浄化されていきます。この一連の流れを作り上げることを水槽を立ち上げると言います。

水槽内でこの働きを活発にしバクテリアを増やすにはバクテリアの住みよい環境を作らなければなりません。熱帯魚や水草が住みよい環境はバクテリアが作ってくれますがバクテリアの住みよい環境を作るにはしっかりとした知識をもって水槽管理を行う必要があります。


バクテリアが住みよい環境ができていれば市販のバクテリアを投入することでバクテリアが繁殖する期間を短縮でき水槽の立ち上がりがはやくなり、その結果水槽内では水が汚れにくく苔なども蔓延しにくくなるのです。

しかし逆にバクテリアにとって悪い環境ができあがってしまっている水槽にバクテリアを投入するとバクテリアの死滅につながりその死骸がさらに水槽内に蓄積し、油膜や水質悪化の原因になってしまいます。この状態を体験した方にとってみれば市販のバクテリアの投入によって水槽が崩壊したと言うのもわかる気がします。

バクテリアも生き物ですので水道水のカルキやpHショック、急激な温度変化などでダメージを受けることがありますし、酸素を利用して分解をおこなうものにとっては酸素の欠乏もダメージとなってしまいます。しっかりとバクテリアを育てることが水質管理へと繋がるのです。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • バクテリアに優しい新世代カルキ抜き特集
  • 飼育水の臭い、汚れを吸着!活性炭・吸着ろ材特集
  • 意外と知られていない定期的な交換が必要な消耗品特集!

    前の記事>>ブラックウォーターと水の黄ばみの関係
    次の記事>>夏場の水温対策


    お勧め記事


    このページのTOPへ

    アクアリウム全般の疑問・トラブル

  • レイアウトの前景に使える水草を教えてください
  • ADA製品の肥料成分について教えてください
  • 水槽の硝子や水草に付く茶色い苔の対策方法
  • ミナミヌマエビの数が減っているのですが
  • 水草を食べる熱帯魚はいますか?
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(水換え編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(トリミング編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(光量維持編)
  • 水草購入で無農薬と農薬使用どちらがいいの
  • 自然水景を切り抜いたような水槽とは
  • ブラックウォーターと水の黄ばみの関係
  • 夏場の水温対策
  • 水質測定の重要性と知識 アンモニアについて
  • 水質測定の重要性と知識 亜硝酸と硝酸塩について
  • 流木の使い方と水草の相性
  • 水槽の立ち上げと水草の植栽時期
  • メダカと水草の相性
  • 金魚と水草を一緒に育てるための考え方と知識
  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較
  • 水槽内の小さなナメクジ?プラナリア退治
  • ビオトープにおすすめなメダカと水草
  • 稚エビを増やす!ミナミヌマエビの飼育と繁殖 理想の条件
  • 節電効果も見込める夏場の高水温対策
  • 規則正しい生活リズムはアクアリウムでも大切!
  • 水草水槽をはじめるのに最適な季節
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!導入初期トラブル対策編
  • 水草水槽で流木を使いこなせ!選び方とレイアウト編
  • 苔ブーム到来!嫌われるコケと好かれる苔

  • PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む