小さなグロッソスティグマ!エラチネハイドロパイパーに挑戦してみませんか アクアリウム情報サイト水草水槽.com

小さなグロッソスティグマ!エラチネハイドロパイパーに挑戦

水草水槽.com

小さなグロッソスティグマ!エラチネハイドロパイパーに挑戦

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>小さなグロッソスティグマ!エラチネハイドロパイパーに挑戦

ミニグロッソに挑戦

ミニグロッソ

グロッソスティグマと言えば今やネイチャーアクアリウムの前景水草として非常に有名な水草ですがそのグロッソスティグマをさらに小さくしたような水草があるのはご存知でしょうか。

通称ミニグロッソと言われいるエラチネハイドロパイパーで私の記憶の中ではこの水草は2013年頃に市場に出回った水草でその当時は非常に高価なうえに育成が難しい水草として話題となっていました。

グロッソスティグマと同じ感覚で水槽に植え込むとあっという間に溶けてしまった。枯れてしまったなどと言った話をよく耳にしました。

販売当時のメーカーの育成条件を見てみると適正水温 16°C〜26°C、pH 6.4〜7、KH 4〜8、GH 8〜12、二酸化炭素 abbondante= 有り余るほど豊富に。となっています。エラチネハイドロパイパーの生息域を確認してもヨーロッパや北米さらにはロシアなどとなっていますのでやはり硬水を好み、高温を嫌う水草のようです。

そんな環境で育成された水草を日本の環境、さらには南米水草主体の育成環境に投入しても確かに上手く育てることは難しいかもしれません。硬度を上げる為に石組み水槽などに取り入れる方法もありましたがやはり上手くいかないと言った話をよく耳にしました。

このような事から環境の変化に弱い水草であることが推測できると思われます。しかし市場に出回り始めてから2年も経つとある程度日本のショップによる育成も確立してきたようでエラチネハイドロパイパーも日本の環境に適応してきたようです。

昨今のcharmさんの育成条件などを確認してもpH 5〜7、GH 0〜6、KH 0〜6、水温20°C〜28°Cとなっていますので随分と育成条件は良くなってきたのではないでしょうか。

以前のヨーロッパから空輸されてきた水草に比べれば環境の変化は少なくて済みますので環境の急変による溶けや枯れの心配は少なくなっていると思われます。よって以前は激難とまで言われたエラチネハイドロパイパーに挑戦されてみてはいかがでしょうか。

エラチネハイドロパイパーに似た水草

エラチネハイドロパイパーは2013年頃にトロピカ社のものとアヌビアス社で同じ名前で販売されていましたが品種がちがうようでした。

エラチネハイドロパイパーに似た水草でミクランテムムモンテカルロがあり、トロピカ社は後日、エラチネハイドロパイパーとして販売していた水草をミクランテムムモンテカルロに商品名変更をした経緯があるとの事です。

どちらかと言えばミクランテムムモンテカルロの方が育成が容易ですが元気に生長するとグロッソスティグマと言うよりはキューバパールグラスのような見た目に近くなります。

見極め方法としてはエラチネハイドロパイパーはミニグロッソと言われるようにグロッソスティグマ特有の白っぽい茎と葉柄の長さが特徴で長めの葉柄から卵形の葉をつけますがミクランテムムモンテカルロは茎もパールグラスのように緑色になり、葉柄も短くなっています。

どちらの水草も葉が小さく可愛らしい水草ですので前景で綺麗に育てば魅力的な水草であることは間違いありませんのであまり品種を意識せずに育成してみるのもいいかもしれません。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 気泡がつきやすい水草特集
  • 水草の状態をよく育てるための必需品!CO2特集
  • お勧めの前景草特集



    このページのTOPへ

    水草育成の疑問・トラブル

  • アマゾンソードの葉が枯れてしまいます
  • グロッソスティグマを綺麗に前景に這わせる方法を教えてください
  • リシアから気泡をたくさん出す方法とは
  • トニナ育成のためにKHを下げる方法とは
  • グリーンロタラの調子が上がりません
  • 鉛巻き水草の植え方について
  • ロタラインディカの下部の葉が溶ける
  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術
  • 水草の絨毯を作るには
  • 水草トリミング方法とメンテナンス
  • 水草の健康管理
  • 環境と水草の形状
  • 茶苔発生のメカニズムと対策
  • 水草トリミングにおけるレイアウト管理
  • 水草は二酸化炭素をどのように取り込むか
  • トリミングなどで余った水草の活用法
  • 赤系水草が赤くならない
  • 水草が枯れる理由と対策
  • 水草が気泡を出す条件と光合成の関係
  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • 水草が上手く育たない時はまずここを見直そう!!水草の成長と光
  • 水槽の底に園芸用の赤玉土 その効果は!?
  • 水草が部分的に溶ける⁈腐る⁈水草のストレスとトリミング
  • どう違うの?水生植物と水草

  • PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

    PR

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む