水草が枯れる理由と対策 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

水草が枯れる理由と対策

水草水槽.com

水草が枯れる理由と対策

水草水槽.com>>水草のトラブルQ&A>>水草が枯れる理由と対策

庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい水不足、逆に腐るように枯れてしまった時などは日照不足や水の与えすぎなどによる根腐れなどが考えられますが水槽や金魚鉢と言った水中で育つ水草にとってそのような問題は考えにくいものです。

水草常に水中で生活しているのですから水不足はまずありえませんし、水の与えすぎによる根腐れも考えられません。水の与えすぎでは無く底砂内の酸欠による根腐れなどは起こす事はありますが。

そうなるとなぜ水草が溶けるようにダメになったり、黄色くなって枯れたりしてしまうのでしょうか。その理由には園芸植物とは違った生活環境で育つ水草であるが故の理由が存在するのです。

水草の育つ環境を考える

自然界に於いて水草は人の力を借りずとも生き生きとしていますがその理由は人が作り上げた環境に水草が合わせるのでは無く、環境に適応した水草がそこに繁殖しているからである事に間違いありません。逆に環境に適応出来なければそこに存在する事は出来ないはずです。

水草この事から考えると水草が枯れる=環境に適応出来ていないという事に繋がって来る事がわかると思います。品種によって差はありますが水槽と言う人が作り上げた環境に水草を入れる以上、水草が生き生きと成長できる環境を作り上げなければいけません。

それでは水草が生き生きと成長できる環境とはどのような環境なのでしょうか。

私も水草育成を始めた頃は水槽に水草を入れているのだから水草の調子が悪くなるのは水が古くなったからだと勝手に解釈し、水替えに明け暮れた日々もありました。しかし良く良く考えてみると水草=植物が成長する上で必要なものは新しい水だけではないのです。

植物である以上、光合成を行いますので水、光、栄養、水温など様々な要因のバランスが大切になってきます。そのバランスをしっかり見極める事が水草を枯れないように育てるコツなのです。それでは水草導入初期と長期育成に於ける水草にあった環境と問題点を考えてみましょう。

育成初期でダメになる理由と原因

水草が上手く育たないで悩んでいる方の大半はこの初期の時期が多いようです。投入当初、1、2週間は元気に育っているように見えるのですが徐々に元気が無くなってくる様な場合は環境が出来ていません。

水草が初めの頃は元気に見えるのは熱帯魚や金魚などに比べると影響を受けるスピードが遅い為、徐々に弱っていくからで熱帯魚や金魚は水質が合わなければすぐに弱ってしまう事が多いですが、水草は体内に溜め込んだエネルギーを少しずつ消費しエネルギーが尽きるとやがて枯れてしまいます。

そのエネルギーとは光合成によって蓄えられるもので環境が変わり、光合成が上手くできなくなると徐々に体内のエネルギーを消費する様になり、成長しようとする新芽に古い葉や茎からエネルギーが回され下葉などから色合いが悪くなってきてしまいます。

光合成が上手く出来ない理由として考えられるものが幾つかあり、まずは光の量です。屋外にある草木などは自然に太陽の光を浴びていますのであえて光を補う必要はありませんが屋内の水槽ではそうはいきません。また水中では光の透過率も格段に落ちる為やはり強めの光を照明などで補ってあげる必要があります。

水草と光については水草が上手く育たない時はまずここを見直そう!!水草の成長と光をご覧ください。

次に考えられる問題が水温の管理ですが日本には四季があり、季節ごとに気温も変化していきます。外気温の影響を受ける水槽などでは冬の時期には水温が下がり、夏季には水温が上昇します。

庭先の草木もそうですが気温が低い時期には活動を停止し気温が20℃から25℃程度になる春先にかけて多くの花々が活動を再開するように熱帯地方原産の水草も水温が低いと活動が鈍り、適温になると活発に光合成を行う様になりますのでヒーターなどを利用して水草が活発に活動できる水温を保つことも大切です。

光と水温がしっかり管理できたら水質も気にかけるようにすれば初心者向けの水草の大半は元気に成長するようになります。

水草の元気が無いと肥料不足を懸念して液肥や底砂肥料を施す方がいますが栄養は水草が光合成をしっかり行えるようになって初めて必要とするものですので投入当初などのまだ水草が調子を取り戻していない時期に足りない事は考えにくいものです。

ここまでは購入した水草が問題無い場合での話でしたが水草育成初期に水草が枯れてしまう理由の一つには購入した水草が元々、調子悪いなどという事もあります。茎が潰れて黒ずんでいたり、根が黒ずんでいたりした場合にはそのまま水槽に入れても回復はしないため前処理が必要になってきます。

茎が潰れていたり、黒ずんでいる場合にはその部分はカットし健康な部分だけにします。有茎系の水草であれば節目を3節ほど残してあればまたそこから根を出しますので問題ありません。

ただあまりにも短くなってしまうと成長するための力が弱くなってしまうので気をつけてください。

水草アマゾンソードなどのロゼット型水草で根が黒ずんでいる場合には黒ずんだ場所をカットして植え込むようにしてください。残された根からまた新しい根を出しますので問題ありません。

もし水草自体全体的にあまり調子が良く無いような時には水面に浮かべておき光が当たりやすいようにしておくと新芽を出しますのでその新芽が伸びた頃にカットして埋め込む方法もあります。他にも春先から初秋にかけてなら屋外で水上葉を展開させてからその水上葉を水槽に入れるような方法もあります。この方法は購入した水草にコケが付着しておりあまり水槽に投入したくない時などにも活用できる方法です。

長期育成で調子を崩す理由と原因

立ち上げ時は問題無く成長していた水草が数ヶ月してからだんだんと調子を崩すような時はまた違った理由が考えられます。長期育成で調子を崩す原因には肥料不足や水質悪化、底砂内の汚れによる酸欠などが考えられます。肥料不足の場合に現れる現象は新芽部の萎縮や白化、茎が細くなるなどがありこの様な症状が現れた時にはその水草にあった肥料を施してあげる事が必要になってきます。

また水草の種類によっては水換えによる水質の急変にて一時的に萎縮や成長が止まる事もありますのでそのような時には水換えの方法を見直してみましょう。

根元の方から腐り出しちぎれてしまったり色合いが悪くなってくる様な症状の場合には水質の悪化や底砂内の汚れが原因かもしれません。水質測定をしっかり行い数値が正常値に保たれるように管理していきましょう。また底砂の汚れに対しても定期的に掃除を行うなどして過剰な汚れがたまらないようにしましょう。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水草をきれいに育てるための必需品!CO2機器特集
  • 桁違いの明るさ!抜群の透明感!テクニカインバーターライト
  • 快適な水温管理の必需品信頼できるヒーター選び


    関連記事

  • 水草育成の水温管理
  • 水草に必要な光量
  • 水草の健康管理
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(水換え編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(トリミング編)
  • 水草水槽長期維持のコツを教えてください。(光量維持編)
  • このページのTOPへ

    水草育成の疑問・トラブル

  • アマゾンソードの葉が枯れてしまいます
  • グロッソスティグマを綺麗に前景に這わせる方法を教えてください
  • リシアから気泡をたくさん出す方法とは
  • トニナ育成のためにKHを下げる方法とは
  • グリーンロタラの調子が上がりません
  • 鉛巻き水草の植え方について
  • ロタラインディカの下部の葉が溶ける
  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術
  • 水草の絨毯を作るには
  • 水草トリミング方法とメンテナンス
  • 水草の健康管理
  • 環境と水草の形状
  • 茶苔発生のメカニズムと対策
  • 水草トリミングにおけるレイアウト管理
  • 水草は二酸化炭素をどのように取り込むか
  • トリミングなどで余った水草の活用法
  • 赤系水草が赤くならない
  • 水草が気泡を出す条件と光合成の関係
  • 小さなグロッソスティグマ!エラチネハイドロパイパーに挑戦
  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • 水草が上手く育たない時はまずここを見直そう!!水草の成長と光

  • PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

    PR

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 光合成を活発にする波長
  • 水草水槽に逆効果の光
  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草に必要な栄養
  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草の水上葉と水中葉
  • 水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水草・水質を考える

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む