水草の水上葉(気中葉)と水中葉の違いと育てやすさ アクアリウム情報サイト水草水槽.com

水草の水上葉(気中葉)と水中葉の違いと育てやすさ

水草水槽.com

水草の水上葉と水中葉

水草水槽.com>>水草育成の基本>>水草の水上葉と水中葉

ハイグロフィラポリスペルマの水上葉

自然界に自生する水草の多くは水深の浅い太陽光の届きやすい水辺に生息しています。このような場所は季節の移り変わりや天候の変化により水位の変動が激しいもので水草の多くはそのような環境の変化に順応できるように空気中で生活できる水上葉と水中で生活できる水中葉の二つの姿を使い分けることができます。

水中葉は明るい緑や赤といった鮮やかな色合いで柔らかい感じを受けるのに対し水上葉は一般的に濃い緑色の硬い葉になることが多いものです。


これは空気中での乾燥を防ぐ効果や有害な紫外線から身を守るために環境に適応した姿で空気中では赤色の波長が有効に利用できるため光合成色素として青緑色のクロロフィルが多く作られ濃い緑色になります。

逆に水中では赤い光は減衰しやすく青色の波長域をうまく利用した光合成がおこなわれた結果、水上では濃い緑色をしていた水草が水中では赤色や鮮やかなライトグリーンに変化したりするのです。

この様子が一番わかりやすい水草といえばニードルリーフなどでニードルリーフは水上では緑色の冴えない水草に見えますが水中では一変して名前のとおりニードルのような細い繊細な葉で鮮やかな赤色の独特な水草へと変化します。

ニードルリーフの水上葉をamazonで購入
ニードルリーフの水上葉を楽天で購入


また水中と水上では水草を取り囲む媒体の特性も大きく違い水中では水上ではありえない浮力や根以外からの栄養吸収なども盛んに行われるようになります。その結果水草はしっかりとした茎や葉をもつ必要がなくなり水上葉よりも茎は細くなり葉は薄く広い感じに変わっていきます。

これらの変化は水草の種類によってさまざまですが生長の速い有茎系水草に顕著に現れるものでもあります。特に水中での環境の変化による水草への影響は水上よりも強く水質が悪化すればすぐに水草は調子を崩しますし、環境によってさまざまな姿を見せてくれることもあります。

ウォーターバコパの花

左の写真はウォーターバコパの水上葉ですが写真のように水中ではあまり見られない水草の花なども水上葉で楽しむことによりお目にかかることもできます。トリミングなどであまってしまった水草を庭や小鉢に植えて楽しむのも水草育成の隠れた楽しみの一つでもあります。

ショップなどで販売されている水草の多くは育成の容易度や輸送の耐久性などを考慮して水上葉で管理されていることが多いものです。このような水草を購入し水槽に入れると水草は環境の変化により水中葉を展開しはじめます。

そのときに種類によっては水上葉が枯れこむことなどもありその事を知らない初心者の方などは育成がうまくいっていないのか?などと悩んでしまうこともあるようですが水草が環境によって姿を変えることを理解し変化なのか調子が悪いのかをしっかり見極めることが必要となってきます。


ヘアーグラスの花

左の写真は前景水草として人気の高いヘアーグラスの花です。ショップなどで販売されているヘアーグラスなどをたまに見かけるとこのような花がついたまま水中に沈められているものを見かけます。ヘアーグラスは水中育成をおこなうと苔の被害を受けやすいため水上葉での管理が多いようです。水上葉を見分ける参考にしてみてください。

水中葉の調子の見分け方として参考例を挙げてみますとまずは色合いの良さ、人間で言えば顔色です。もともとの葉が枯れたりぼろぼろになりだしても新芽がしっかりでており、その新芽の色合いがよければ大丈夫です。ほかにも茎の様子を見て葉が悪くとも茎がしっかりしていれば環境になじんだ頃に新芽の展開がはじまります。

ここで注意しておかなければいけないことが茎の溶けや腐りで、黒ずんだりして茎が柔らかくなってくるとダメになってしまうことが多々ありますのでそのようなときは悪いところを早めにカットしてしまい健康な部分だけを残し見守ることが大切です。悪い部分を放っておくと回復することは無く水草全体がダメになってしまいます。

ヘアーグラスの水上葉をamazonで購入
ヘアーグラスの水上葉を楽天で購入


水上葉と水中葉 どちらが育てやすい??

水草ファームやショップなどでは水草を水上葉で管理することが多いのですが実際にはどちらのほうが育成しやすいのでしょうか?

こればかりは対象となる水草の種類や水槽の環境、水上育成する環境などが絡んできますので何とも言えません。水草の種類によっては水上葉を展開しないものもありますのでそのような水草の場合には水中葉での育成しかありません。

水上育成が可能な水草であれば気温や湿度などが管理できれば水上葉のほうが育てやすいでしょう。冬場などでは論外ですが春先から初秋にかけての温かい季節であれば多くの水草は初心者でも水上育成が可能です。

もし購入した水草がなかなか水槽内で育たない、コケに見舞われてしまうなどのトラブルが続くようでしたら一度水上育成にて増やしてみるのも一つの選択しかもしれません。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水上葉特集!チャームの水上葉はここが違う!
  • 水草担当者が選んだ初心者にお勧めの水草セット
  • 水草をきれいに育てるための必需品!CO2機器特集

    前の記事>>水草に必要な肥料成分のバランス
    次の記事>>水草を育てる準備


    お勧め記事


    このページのTOPへ

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 水草の成長において不可欠なものの一つ目が光・照明です。植物の成長における仕組みとして光合成と言う言葉があります。光合成と>>続きを読む

  • 光合成を活発にする波長
  • 光合成を活発にさせる要因は光だけではないのですがここでは光の要因について説明させていただきます。その他の多くの要因が絡み>>続きを読む

  • 水草水槽に逆効果の光
  • 多くの苔類は人が明るいと感じる波長域を好みますので水槽内に当てる波長をしっかり管理することで水草をいきいきと育て苔を減らす>>続きを読む

  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草にとって光とともに必要不可欠なものが二酸化炭素です。水草は光合成によって二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。よって水槽>>続きを読む

  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草の成長に対して二酸化炭素が必要不可欠ということは結構知られていることですがではなぜ必要な二酸化炭素なのに多くの人が添加>>続きを読む

  • 水草に必要な栄養
  • 水草を美しく・元気に成長させるには栄養が不可欠です。陸上の植物同様に水草も成長するために窒素やリンを必要とします。これらの>>続きを読む

  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草を育成していく中で肥料が必要であることは先にも説明しましたが肥料の成分がどのようなもので各成分がどのような働きをしてい>>続きを読む

    PR 苔育成 | 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 | メダカ | ガーデニング |

    PR

    水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水草と水質の関係

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む