水草に必要な二酸化炭素 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

水草に必要な二酸化炭素

水草水槽.com

水草に必要な二酸化炭素

水草水槽.com>>水草育成の基本>>水草に必要な二酸化炭素

光合成水草にとって光とともに必要不可欠なものが二酸化炭素です。水草は水中で生活することが多いですがその点を除けば庭などで咲いている草木となにも変わりなく光合成によって二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。

ただ庭先の草木と違う点である水中で生活をするということが水草を育てるときに気をつけなければいけない点でもあるのです。庭先の草木でしたら光合成に必要な二酸化炭素は大気中に十分ありますのであえて与える必要はありません。

しかし水槽といった閉鎖された空間の中、かつ水中という条件になるとその中で育成されている水草の求める二酸化炭素量が必ずあると限らないのです。

光合成よって水槽内に二酸化炭素を添加してあげることで水草の光合成が正常に行われ結果水草が元気に成長します。二酸化炭素の添加をしなくても水槽内の微量の二酸化炭素で成長できる丈夫な水草もありますが二酸化炭素を添加することで鮮やかに育つ水草も多数あります。

二酸化炭素はエアレーションなどによりすぐに大気中に逃げてしまいますので水草水槽での二酸化炭素添加時にはエアレーションは避け、濾過も上部フィルターではなく、外部式フィルターが理想とされています。

二酸化炭素も光同様に多すぎると違った問題を生じます。水槽内の溶存炭素ガス量は5~15mg/リットルが理想で多すぎると有茎水草などは節が間延びをしてみっともない姿になってしまったりコケの大量発生の原因となります。

次に二酸化炭素の添加時間ですが水草が光合成を行うときのみにしてください。ようするに照明点灯時です。電磁弁などを利用し照明といっしょにタイマーで管理しておく事で自動添加システムにすることができます。

チャームオリジナルCO2フルセットをamazonで購入
CO2用電磁弁 高性能 小型をamazonで購入
ニッソー プログラムタイマー NT-301 NAT-117をamazonで購入

水草は昼間に光合成を行い二酸化炭素から酸素と栄養分を作り出します。そして夜になると作り出した栄養分と酸素を使い成長します。よって昼間は二酸化炭素を必要とし、夜は酸素を必要とするのです。

ただ照明点灯時に全く成長していないというわけではなくあくまでもその時間帯に対する水草の主となる活動について考えた時にこのような傾向が見られるのです。

ちなみに水草と二酸化炭素の話をしている際に二酸化炭素の添加といった言葉が出てきましたが熱帯魚や金魚などは今まで長年飼育してきた経験がある方でも水草育成の経験があまりない方には聞きなれない言葉かもしれませんので二酸化炭素の添加についても少々触れておきましょう。

二酸化炭素の添加とは

二酸化炭素の添加とは水草を水槽内で育成する際に必要とされる二酸化炭素の量を補うために用いられる方法の一つです。

ひと昔前は水草といえば水槽内のアクセントくらいに扱われていましたので大量投入されることも少なく、さらに綺麗に育てるといった意識もあまり高くなかったのですが水草育成がブームとなり多くの水草を水槽内に入れ、レイアウトを作成し、長期育成するためには二酸化炭素の添加が効果的となったのです。

二酸化炭素は水槽内の熱帯魚やエビなどが排出しますし、新しい水道水にも含まれています。よって微量な二酸化炭素であれば添加をしなくとも水槽内には補われていますが水草の光合成が活発になるとそれらの供給源からでは不足気味となってしまうのです。

水槽内の二酸化炭素が不足気味になると水草にどのような悪影響が起こるのかといえば、まずは成長が鈍りますので色合いが悪くなってきます。この症状は気泡を沢山出すような成長の早い水草ほど顕著にあらわれます。

次に成長の鈍った水草は多くの栄養分を必要としなくなりますので水槽内の水質浄化能力が低下し、水質の悪化及び、コケの大量発生にもつながりかねません。

コケの発生を抑制しつつ、鮮やかな水草を保つためには二酸化炭素の添加が効果的となるのです。

二酸化炭素の添加が水槽内にもたらす効果をご理解頂けたところで次に二酸化炭素の添加方法についても簡単にご紹介いたします。

二酸化炭素の添加方法には錠剤の投入や自作発酵式、市販機材を使用した二酸化炭素ボンベによる添加など様々ですが各方法には一長一短あります。

錠剤の投入などは初期投資が少なく始めやすいですが添加量が不安定になるため毎日決まった時間に決まった量の添加が難しくなります。またそのような面から水草に対して他の添加方法に比べると効果が出にくい面もあります。

自作発酵式は色々な方法がネットなどで紹介されていますが外気温に対する管理の難しさや匂いの問題、作成の手間などを考えると私的にはあまりお勧めできない方法でもあります。実際に私も試したことがありませんのであくまでも先入観が先行しているかもしれませんが・・・

最後に多少の初期投資はかかりますが一番安定しており一度覚えてしまえば管理面においても一番管理しやすい方法が市販の機材を使用した自動添加システムです。水草の長期育成を考えているのでしたらこの方法が一番おすすめの方法となります。

チャームオリジナルCO2フルセットをamazonで購入
CO2用電磁弁 高性能 小型をamazonで購入
ニッソー プログラムタイマー NT-301 NAT-117をamazonで購入

次のページでは水草と二酸化炭素のバランスについて考えていきましょう。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水草の状態をよく育てるための必需品!CO2特集
  • コケ取り生体特集
  • ビーシュリンプ特集


    このページのTOPへ

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 水草の成長において不可欠なものの一つ目が光・照明です。植物の成長における仕組みとして光合成と言う言葉があります。光合成と>>続きを読む

  • 光合成を活発にする波長
  • 光合成を活発にさせる要因は光だけではないのですがここでは光の要因について説明させていただきます。その他の多くの要因が絡み>>続きを読む

  • 水草水槽に逆効果の光
  • 多くの苔類は人が明るいと感じる波長域を好みますので水槽内に当てる波長をしっかり管理することで水草をいきいきと育て苔を減らす>>続きを読む

  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草の成長に対して二酸化炭素が必要不可欠ということは結構知られていることですがではなぜ必要な二酸化炭素なのに多くの人が添加>>続きを読む

  • 水草に必要な栄養
  • 水草を美しく・元気に成長させるには栄養が不可欠です。陸上の植物同様に水草も成長するために窒素やリンを必要とします。これらの>>続きを読む

  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草を育成していく中で肥料が必要であることは先にも説明しましたが肥料の成分がどのようなもので各成分がどのような働きをしてい>>続きを読む

  • 水草の水上葉と水中葉
  • 自然界に自生する水草の多くは水深の浅い太陽光の届きやすい水辺に生息しています。このような場所は季節の移り変わりや天候の変化>>続きを読む

    PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

    PR

    水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水草と水質の関係

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む