水草水槽に逆効果の光 アクアリウム情報サイト水草水槽.com

水草水槽に逆効果の光

水草水槽.com

水草水槽に逆効果の光

水草水槽.com>>水草育成の基本>>水草水槽に逆効果の光

太陽光はアクアリウムに不向き?!

光合成室内で観葉植物などを育成していると日差しの差し込む窓際などは非常に良い環境と言えますが水草水槽などではそのような場所はあまり向いていないのはご存知でしょうか?

確かに水草は植物ですので太陽の光は水草の成長にとって非常に大切なものです。しかしアクアリウムなどのように水槽で水草を育成している時には少々問題が発生してしまう要因にもなってしまうのです。

太陽光は光の強さゆえに水草の成長とともに多くの植物性プランクトンも活性化してしまい水槽内がグリーンウォーター状態になってしまったり、コケの発生を促進してしまうことにもなってしまうのです。

さらに季節により強さを変える太陽光は年間を通して考えると管理が難しく、夏場は光とともに多くの熱も照射されますので窓際などに置いた水槽はあっという間に高温になってしまいます。

冬は逆に日照不足や外気の影響で水温の低下がおき、必要以上にヒーターの稼働率を高める結果にもなってしまい電気代もかかってしまいますのでやはりそのような事は避けたいところです。

よって一年中安定しており、管理がしやすい照明を利用した管理が水草水槽ではおすすめなのです。

窓際でなくとも季節や時間帯の変化で水槽の設置場所によっては太陽光が水槽内に入り込みコケの蔓延る原因を作り出してしまうこともあります。水草を育てるには光は不可欠ですが太陽光は強すぎるかつ管理がしにくいので入り込まないようにしましょう。

長時間ダラダラと当てる光も逆効果

水草は明るい時に葉をいっぱいに広げ光をたくさん受けれるようにし、暗くなると葉を閉じ休息状態に入ります。これを就眠運動といいこの周期を一定に保つことで水草を健康に保つことができます。

いくら水草に対し理想の条件を与えてもこの周期がばらばらになってしまうような不規則な点灯時間などでは成長のリズムを崩してしまいますのでタイマーなどを利用し規則正しい点灯をおこなうことが重要になってきます。

さらに長時間弱い光を当て続けることもコケを発生させやすい要因となりますので水槽の照明は育成する水草の種類により適正な明るさを確保しつつ、タイマーなどを利用して規則正しい照射時間を心がけましょう。

ニッソー プログラムタイマーをamazonで購入
ニッソー プログラムタイマーを楽天で購入

また蛍光灯を消している時間に室内の照明や太陽光などの影響で水草が水槽の蛍光灯とは明らかに違った方向に頭を向けるときがありますがこの状態では就眠運動にはいっていない為、蛍光灯を消してあっても成長リズムは崩れてしまいます。このような状態が確認できるときは水槽の周りをシートなどで囲ってあげて明るい時と暗い時のメリハリをしっかりつけてあげることが大切です。

水草を育てる為に光は必要不可欠ですがその光の扱い方によっては水草の成長を阻害しコケが蔓延ってしまう要因も作ってしまうのです。

水草に対する光の重要性とその管理方法がわかったところで次のページからは光とともに重要とされる二酸化炭素について水草に必要な二酸化炭素で考えていきましょう。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 桁違いの明るさ!抜群の透明感!テクニカインバーターライト
  • アクアリウムにおいて注目を集めるLED照明特集
  • 各メーカー水槽用蛍光灯の照度比較!


    このページのTOPへ

    水草育成の基礎

  • 水草に必要な光量
  • 水草の成長において不可欠なものの一つ目が光・照明です。植物の成長における仕組みとして光合成と言う言葉があります。光合成と>>続きを読む

  • 光合成を活発にする波長
  • 光合成を活発にさせる要因は光だけではないのですがここでは光の要因について説明させていただきます。その他の多くの要因が絡み>>続きを読む

  • 水草に必要な二酸化炭素
  • 水草にとって光とともに必要不可欠なものが二酸化炭素です。水草は光合成によって二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。よって水槽>>続きを読む

  • 水草と二酸化炭素のバランス
  • 水草の成長に対して二酸化炭素が必要不可欠ということは結構知られていることですがではなぜ必要な二酸化炭素なのに多くの人が添加>>続きを読む

  • 水草に必要な栄養
  • 水草を美しく・元気に成長させるには栄養が不可欠です。陸上の植物同様に水草も成長するために窒素やリンを必要とします。これらの>>続きを読む

  • 水草に必要な肥料成分のバランス
  • 水草を育成していく中で肥料が必要であることは先にも説明しましたが肥料の成分がどのようなもので各成分がどのような働きをしてい>>続きを読む

  • 水草の水上葉と水中葉
  • 自然界に自生する水草の多くは水深の浅い太陽光の届きやすい水辺に生息しています。このような場所は季節の移り変わりや天候の変化>>続きを読む

    PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

    PR

    水草を育てる準備

  • 初心者は60cm水槽を用意
  • 水槽内での底砂の役割
  • 水草育成を成功させるろ過フィルター
  • 水草育成の水温管理
  • 水槽設置に最適な場所とは
  • 水道水のカルキ抜きとは
  • 水槽に入れる水草の選び方と植え方
  • 水槽立上げ初期のトラブル対策

  • 水換えとバクテリアのダメージ
  • 水換えの最適な周期と量とは
  • 水換え時の効果的な排水の仕方とは
  • アクアリウムに水道水は厳禁
  • 正しいフィルター掃除の仕方
  • 液肥と餌の量で水質は変わる
  • ガラス面に苔がついている
  • 藻類・苔対策

  • 茶色のノリ状のコケ対策 珪藻
  • べっとり緑色のコケ対策 藍藻
  • 黒い髭状・ハケ状のコケ対策
  • スポット状のガラスに付くコケ対策
  • 明るい緑色の糸状のコケ対策
  • コケに対する生物兵器
  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)
  • サイアミーズの習性と悩み
  • 水草と水質の関係

  • 水草・水質を考える
  • 水質管理のpH(ペーハー)とは
  • 水槽内の水質が悪化する理由
  • 水草に影響する硬度とは
  • 水草の調子とろ過バクテリアの関係
  • 水草の調子と掃除のタイミング
  • アクアソイル・アマゾニアの水質変化
  • アンモニアとアンモニウムイオン関係
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む