ウォーターバコパの育て方~水草水槽.com

水草 ウォーターバコパの育て方

水草水槽.com

ウォーターバコパの育て方

水草水槽.com>>種類別水草の育て方>>ウォーターバコパの育て方

多肉植物のような葉が魅力的な水草

ウォーターバコパ

  • 学名:Bacopa caroliniana(Walt) Robinson
  • 適応水質:酸性~弱アルカリ性 軟水~弱硬水
  • 適応温度:18℃~28℃
  • 育成難易度:やさしい
  • 二酸化炭素添加:あったほうがいい

    ウォーターバコパは茎が太く水槽内ではほぼ一直線に水面に向かい伸びていきます。葉も厚く丸みのある独特な雰囲気が他の水草と一味違い水槽内のアクセントとなります。

    高光量下で二酸化炭素添加時のウォーターバコパ

    育成は容易で二酸化炭素の添加が無くても育つとされていますが低光量、二酸化炭素添加無しではくすんだ感じで葉が小さくなるためあまり見栄えのいいものではありません。高光量の二酸化炭素添加で育てると葉は大きくなり非常に明るい緑色が柔らかい感じの形状にさらにソフトなイメージを与えてくれます。

    ウォーターバコパのレイアウトとトリミング

    ウォーターバコパは根からの栄養吸収が強くしっかりとした根を張るようになりますので一度植えたら植え替えをしなくてすむような場所を考えてレイアウトするようにしましょう。

    レイアウトのコツは前景に植えてしまうと背丈が高くなった際に水槽内に圧迫感を出してしまいますのでできるだけ中景もしくは後景に植えるようにすると水槽内に奥行きを作ることが出来水槽を広く見せることが出来ます。

    また茎がしっかりしているためトリミングの際は茎の断面が見えてしまうとあまりかっこいいものではありませんのでトリミングを行う高さより少し高めの水草を前景に植えるなどしてトリミングの際のカット面を隠すのもレイアウトのテクニックと言えるでしょう。

    トリミングには強く節の少し上からカットすると1週間ほどで節から新芽をだすようになります。

    ウォーターバコパの肥料に関しては液肥よりも根から吸収できる底砂肥料の方が有効的で底砂肥料が不足すると葉が薄くなり見た目が貧弱な感じになってしまいます。

    二酸化炭素の添加と強めの光を保っていれば一度根付くと生長は一気に加速するかのように速くなってきますがその時点でウォーターバコパの要求する肥料を与えていないと葉の色合いが薄くなり貧弱なものになってしまいますのでそのような傾向が見られたら追肥を行うようにしましょう。

    テトライニシャルスティックをamazonで購入
    テトライニシャルスティックを楽天で購入

    ウォーターバコパが溶ける

    ウォーターバコパは環境の変化にも比較的適応力があり丈夫な水草ですが稀に根元から溶けてしまうようなことがあります。その原因として考えられるのが購入時の輸送ダメージにより茎や葉に傷が付いた場合などが挙げられます。

    ショップなどで購入して水槽に植える際には茎が潰れていないか、傷がないか、溶けかかっていないかなどを確認してから植えこむようにしましょう。

    もしそのような症状が見られるときには少々もったいないですがそのままにしておくと症状が広がってしまいますのでその部分はカットして植えこむようにしましょう。

    水草全般に言えることですが傷んだ個所は回復はしませんのでカットしてしまい元気な部分だけを残ししっかり管理することで元気に生長させることができます。

    ウォーターバコパが根元から溶けてしまう要因としてもう一つ考えられるのが底砂内の汚れです。はじめのうちは元気に生長していたのにいつの日か根元から腐るように溶けだした時などは底砂の汚れを疑ってみてください。

    底砂が汚れており、根が元気に生長できない時には根が黒くなり根元から溶けだしてしまうことがありますので調子の悪い水草を見つけたら一度抜いてみて根の状態を確認してみるのも対策の一つです。

    もしそのような症状が見られた時は底砂のクリーニングを行うか底砂の入れ替えを行い、黒くなった根や溶けてきた茎を切除して差し戻しにて対応すると調子を取り戻すこともあります。

    ウォーターバコパの水上葉と越冬

    ウォーターバコパは水上での育成も容易で水中と水上で葉の形を変える水草が多い中、ほとんど見た目も変わらない水上葉をつけるのが特徴です。

    水上育成を成功させるコツはやはり気温を意識することで気温が低い時期は光合成が鈍りますのでウォーターバコパの好む20℃前後の気温になってからはじめるようにしましょう。

    屋外育成では冬場になると茶色く枯れこんでしまいますがそのような時はあまり弄繰り回さずにそのままにしておくことで枯れた葉や茎などが根を寒さから守ってくれるため春になって気温が上昇してくると根元から新しい芽を出すようになります。

    越冬のコツは水やりを控えできるだけ霜の降りない場所に移動するなど根腐れを防ぐ対策をしておくといいかもしれません。

    通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 水草をきれいに育てるための必需品!CO2機器特集
  • コケ対策の最強兵器 オトシン・エビ・貝を紹介!
  • お勧めの前景草特集


    このページのTOPへ

    PR 熱帯魚 | 海水魚 | 金魚 |

  • PR

    有茎水草

  • 金魚藻の上手な育て方
  • アマゾンチドメグサの育て方
  • ハイグロフィラポリスペルマの育て方
  • ハイグロフィラロザエネルヴィス育て方
  • ロタラ・インディカの育て方
  • パールグラスの育て方
  • ラージパールグラスの育て方
  • マヤカの育て方
  • グロッソスティグマの育て方
  • ニードルリーフの育て方
  • グリーンロタラの育て方
  • ブリクサ ショートリーフの育て方
  • カボンバの育て方
  • アナカリスの育て方
  • ウォーターウィステリアの育て方
  • マツモの育て方
  • アンブリアの育て方
  • ルドウィジアオバリスの育て方
  • バコパモンニエリの育て方

    ロゼット型水草/地下茎水草

  • アマゾンソードの育て方
  • エキノドルステネルスの育て方
  • ミクロソリウムの育て方
  • ヘアーグラスの育て方
  • チェーンアマゾンの育て方
  • コブラグラスの育て方
  • アヌビアス・ナナの育て方
  • 着生水草

  • ウィローモスの育て方
  • 浮漂水草

  • リシアの育て方
  • ホテイアオイの育て方
  • 水草・熱帯魚 通販ショップ

    charm 楽天市場
    ネオス楽天市場
    トロピランド
    アクアステージ

    よく読まれている記事

  • 水槽の藻類・コケ対策 除去

    アクアリウムをしていると必ず悩まされるのがコケの発生でコケが水槽内に蔓延するとせっかくの綺麗な>>続きを読む

  • どっちがお勧め?!ヤマトヌマエビとミナミヌマエビ徹底比較

    ヤマトヌマエビとミナミヌマエビと言えば既に多くの方々に知られているように水槽内のコケを食べてく>>続きを読む

  • 水槽内に小さな貝が発生(スネール)

    スネールとはカタツムリまたは巻貝を表す英単語snailの意味でアクアリウムにおいては水槽内に意図せず>>続きを読む

  • 水草が枯れる理由と対策

    庭に咲く草木であれば枯れた原因は以外とわかりやすいもので明らかに萎れていれば水やりを忘れてしまい>>続きを読む

  • ヘアーグラスの育て方

    ヘアーグラスは和名をマツバイといい、日本でも水田、水路、河川などに生育している水草で環境適応範囲>>続きを読む

  • 茶苔発生のメカニズムと対策

    アクアリウムにおける茶苔の発生原因と言うと多くの方が生物濾過が立ち上がっていない、水ができていな>>続きを読む

  • 二酸化炭素(CO2)添加なしで水草を育てる方法
  • ネイチャーアクアリウムがブームとなった現在では水草を育てる為に二酸化炭素(CO2)の強制添加は当たり前>>続きを読む

  • 水草水槽で忘れがちな酸素!エアレーションの重要性
  • アクアリウムには酸素・エアレーションが大切な事は多くの人に知られている事ですが何故か水草水槽・>>続きを読む

  • パールグラスの育て方

    パールグラスは明るいライトグリーンの色合いで小さな葉を密生させることから水草水槽のレイアウトに頻繁>>続きを読む

  • グロッソスティグマのトラブル対策と攻略術

    グロッソスティグマと言えば小型水槽の主役や前景水草の代表として非常に人気の高い水草で特に前景水草の>>続きを読む

  • サイアミーズの習性と悩み

    サイアミーズフライングフォックスと言えばハケ状苔や緑色の糸状苔などさまざまな苔をついばむように食べ>>続きを読む